ライフハック

埼玉県民の特徴は?県民がディスられる漫画「翔んで埼玉」とは?

こんにちは。岡本です。
私は、埼玉出身なんですが、みなさん、埼玉県についてご存知でしょうか?
ほんとは以外におもしろいことやっててイケてる街なんですけど、どうもアピール不足で、人気もいまいちな感じです。

いま暮らしている福岡は地方都市で一番勢いがある街です。

そんな福岡と比べながら、ふるさと埼玉の魅力を語っていきます!

「福岡はいいとこでしょう?」

福岡で出会う人によく言われる言葉だ。

ある福岡の書店の企画会議に出席したときにも、

「福岡はほんと食べ物がおいしいし、お店の人も気さくに声かけてくれて超やさしい!」

なんて意見を多く聞いた。

2ヶ月近く住んでみて、確かに福岡はいい土地だ。間違いない。

可愛い女の子は多いし、ごはんもおいしいし、おしゃれなカフェは多いし、それを提供する人たちもいい人ばかりで、なんとなく少し太った気がする。

福岡万歳!  福岡万歳!

そんな声を聞き続けて少し嫉妬というか、さびしい気持ちになっている自分に気づいた。
自分の故郷、埼玉をここまで胸を張って自慢する人たちってどれくらいいるんだろう?
そもそも、自分にとって埼玉とはどんな土地なのか。

日本にとって埼玉はどんな機能を果たしているのか。

埼玉から遠く離れたいま、改めて、埼玉のポテンシャルを考えてみようと思った。

1.世間の埼玉評

①「ダサイタマ」

「ダサい」と「埼玉県」を掛け合わせた造語である。
聞いたことがある人は多いと思います。この造語は1980年代、タレントのタモリ氏によって考案されたものです。

タモリさんが昔、ラジオ番組で笑いの対象として埼玉を揶揄したときに生まれた言葉らしいですが、埼玉って垢抜けないから、そう言われてもしょうがないよねっていう感じで僕はとらえていました。

でも、当時、埼玉県では問題を深刻に捉え、県庁内にイメージアップのための調査研究グループを設立したり、県議会の議題に取り上げられる事態に発展したりと大変な状態になったらしいです。

なんか思春期の中高生みたいな反応の埼玉県ですね。

「おー! 君、あのダ埼玉の?  埼玉出身なんだね!」

「そうですー! 街歩く人、みんなダサくって!」

という感じでうまく受け流すメンタルを埼玉県民が持てれば地味なイメージから脱却できるのではと思います。

②「翔んで埼玉」

いつの間にか世の中に出回っていて有名になったギャグ漫画。
著者は魔夜峰央(まやみねお)氏。舞台は埼玉県民が徹底的に迫害される都市、東京。そして主人公は、都内の名門校白鵬堂学院に転向してきたアメリカ帰りの美少年、麻実麗(あさみれい)。
容姿端麗、スポーツ万能の秀才である麗は学校でも一躍注目の存在になるのですが、実は本名を西園寺麗といい、埼玉県の所沢生まれで、アメリカに留学後、麻実家の養子になるという徹底的な出身地ロンダリングを経て入学したのでした。
僕は所沢に実家があるんですが、むしろ、ここまで埼玉をいじってくれると逆に嬉しいです。自虐ネタでアピールできるのではと思えてきます。

このマンガの埼玉県のディスりぶりはダサイタマどころではないんです。

「ああ、いやだ、埼玉なんて言っているだけで口が埼玉になるわ!」

口が埼玉県の芋っぽい形になるんでしょうか!?

すごいディスりです。

その他にも、
・埼玉特有の熱病、「サイタマラリア」
・東京のレストランで出される埼玉県民向けのメニュー、
「下水ライス」
・埼玉県民は三越に行くことは許されない。

・病に伏していても薬を与えられずに草を食べさせられる。

などなど、これでもかというくいらいに埼玉をディスってます。

全埼玉県民が泣いた!  というふれ込みはおそらく本当です。

2.埼玉県民とは

では、実際の埼玉県民とはどういう人たちなのでしょうか。

①基本的な性格

埼玉県の人々は温厚で、控えめで、目立たないように過ごす人が多いです。

悪くいえば「個性がない・特徴がない」とも言えます。

土地柄、厳しい気候でもないし、歴史ある大都市でもない。福岡のような町人総出のお祭りがあるわけでもない。
そんな、埼玉では、個性を強く出さない方が生活しやすかったのではと思います。

②出身地を微妙に盛ってしまう

埼玉県民は出身地を聞かれると、よく、
「東京の方」

と答えてしまうことが多々あります。

ちょっと見栄っ張りなのか、東京コンプレックスなのか微妙なところなのですが、東京でも埼玉でも位置的にあんまり変わらないんだからおれの出身地、東京でいいや、東京にしとこ!

 と思って言ってしまうんです。

自己紹介の時も
「東京!?すごい!」
「埼玉か〜。ふーん……」

のような周囲の反応の違いを無意識に意識してしまったりします。

③とりあえず池袋

埼玉県民が都心へのアクセスに使う鉄道路線は、主に東武東上線と西武池袋線の2つです。どちらの路線も池袋を終点にしており、自然と東京の池袋という街に埼玉県民が集まることになります。
そもそも、埼玉県は東西の横の移動ができる交通網が発達していないため、埼玉の友達同士で集まる場合、集合場所の第一候補は池袋になるのです。
「池袋で石を投げれば埼玉県民に当たる」

「池袋は埼玉の領地」

なんていう言葉があるとおり、埼玉県民と池袋の関係は深いものがあります。
個人的にも、お気に入りのレコードショップがあったり、電気屋があったりと子供の頃から通っている街です。ひょっとしたら地元、所沢よりも愛着があるかもしれません。

3.埼玉が抱える問題

①日中は東京都民

やはり、郷土愛が福岡と比べると低いと思います。その一つの理由として埼玉県に住む多くの人は日中、東京で働いたり、通学していたりするので、埼玉が「ふるさと」という考え方をしにくいのではと考えられます。
個人的にも、幼い頃から出かけていた池袋や、学生生活を過ごした水道橋、会社があった中野など、東京で過ごしている時間も埼玉で過ごした時間と同じくらいあって、東京には多くの人が集まり、刺激も多いことから埼玉県民としてのアイデンティティを持ちにくいのが郷土愛を持つ人が少ない原因なのではないかと思います。

②ソウルフード不足

埼玉県の名産はこれだ! これを食べろ!

と胸をはって宣言できるほどの県を代表する食べ物がありません。

草加せんべい、狭山茶、深谷ねぎなど特産の食べ物はおしなべて渋いイメージです。福岡であれば、豚骨ラーメン、明太子、モツ鍋など食卓の主役を担う感じの食べ物が多いのとは対照的です。
埼玉県民が郷土への愛着が薄いのはおそらく、ここが大きいのではないかと。
郷土を代表する食べ物が多くの人へ認知されているものであれば、初めて会う人とどこ出身? という流れになった時も、
「地元にはこういう食べ物ががあって、ほんと、おいしいんですよ〜!」
「ああ、あれ、おいしいよね〜!」

と話がスムーズに進みます。

地元の食べ物を他県の人がおいしいと言ってくれるのは本当に嬉しいことです。自然と郷土への愛着も増すのではないでしょうか。

③プレゼン下手

福岡県民は博多山笠など大きなお祭りを生きがいとしている人もいるくらいで、当然、祭りで目立つことも楽しんでいるらしく、控えめな埼玉県民としては驚くばかりです。目立つというのはうまく自分をプレゼンテーションできることでもあり、その気質が、福岡はいいとこでしょう?という言葉につながっていくのだと思います。

 

4.輝き始める埼玉

埼玉県民が今からお祭り好きになって、社交上手になるというのはなかなか難しいと思うのですが、昨今の都市間競争が激しくなる状況でいつまでも現在の状況に甘んじるのは元県民として歯がゆいです。
県庁所在地がある浦和や、商業地として栄える大宮など大きな街から行政、住民が一体となった大きなイベントを開催するなどして、埼玉県から日本、世界へ魅力的なコンテンツを発信していってほしいです。

そこで、埼玉の魅力的なコンテンツをご紹介します。

①長瀞町

観光名所として、川越は昨今、旅行者が増えているようですが、秩父地方の長瀞町も県民オススメの観光地です。春には2,500本もの桜が咲き誇り、夏には川下り、秋には真っ赤な紅葉など、四季折々の変化が楽しめます。

②COEDOビール
小江戸、川越とよばれる観光地で本格的なクラフトビール「COEDOビール」を醸造しています。名産の川越芋を使用している紅赤という品種もあり、海外からも評判が高いようです。

COEDOビールが埼玉名物として浸透していけば埼玉のイメージも少しづつ変わっていくのではと思います。

③アニメの聖地
  『クレヨンしんちゃん』  春日部市
  『あの花の名前を僕らはまだ知らない』  秩父市

  『となりのトトロ』 所沢市

実は、メジャーなアニメからマイナーなアニメまで、埼玉県が舞台になっているものは多いです。

特に、泣けるアニメとして人気を博した『あの花』の舞台になった秩父は実在のスポットがかなりアニメの中で使用され、アニメファンの聖地巡礼が起きるまで盛り上がりました。

このように埼玉がアニメの舞台になる理由として、都会と田舎のほどよいバランスがあるからだと思います。これは地域的に特徴がないことの裏返しでメリットになっています。

アニメは町おこしの起爆剤という考えが浸透していけば埼玉をより多くの人へアピール出来るのではないかと期待しています。アニメクリエーターの方々には積極的に埼玉を舞台にしてほしいです。

④ツールドフランスさいたまクリテリウム
フランスのイベントなのか、埼玉のイベントなのか分かりにくい名称ですね。

世界最高峰の自転車レースに「ツールドフランス」というレースが毎年、7月にフランスで行われています。

その、ツールドフランス本大会で優秀な成績を残したスーパースター達がさいたま市に集結し、さいたま新都心周辺の特設コースで熱戦を繰り広げるロードレース大会です。クリス・フルーム、新城幸也など、スーパースター達の非日常のスピード感を日本にいながら味わえます。

2014年から始まった大会で、過去2大会では大観衆が詰めかけています。僕はまだ見たことがないんですが、すごく観に行きたいです。サッカーに例えると、ワールドカップで活躍した選手がさいたま市に集結してオールスター戦をやるみたいな感じです。世界最高峰の自転車レースのブランドをさいたま市が獲得出来た国際的価値は、計り知れず、

「さいたま」

という都市名が世界中に発信されることになりました。今後も、観客は伸びていくものと思われます。

まとめ

なんとなく地味なイメージで、アピール下手。
そんな印象の埼玉でしたが、いつの間にかアニメの聖地になっていたり、世界最高峰のスポーツイベントを開催するなどして、今まで内包していた魅力的なコンテンツを発信し始めています。

2020年の東京にオリンピックは、埼玉も積極的に海外へアピールしていってほしいです。

東京や千葉など近隣の都県との差別化、住民の急速な高齢化、名産品の開発、東西の交通網の整備など課題は多いですが、だれもが認める魅力的な県になるべくがんばってほしいです。

僕は将来、埼玉県に移り住んだ人と会ってこう言いたいんです。
 「埼玉、いいところでしょう?」
《終わり》