競馬

天皇賞(秋)2018勝ち馬予想!勝つのはキタサンブラック?

こんにちは。岡本です。
今週は日曜日にG1レース、天皇賞(秋)が開催されます。

天皇賞(秋)は僕の好きなGIレースの1つです。それは、レースの距離に理由があります。

天皇賞(秋)は2000メートルで行われます。競馬の多くのレースが行われている1600メートルから2400メートルのちょうど中間に位置する距離です。

そのため、短距離から長距離の各カテゴリーのエース級が一同に介する、ある意味、オールスター戦、本当に一番強い馬が決まるレースでもあるからです。

過去の勝ち馬はマイル(1600メートル)のG1レースを勝ちまくったモーリス、ジャスタウェイやエイシンフラッシュ、ウオッカ、メイショウサムソンなど日本ダービー馬などバラエティに富んでいます。

さて、少し話が脱線してしまいましたが、みなさんは、買う馬の検討などすすんでいますか?

このレースの注目馬はなんといっても「キタサンブラック」ですね〜
キタサンブラックは既に勝利したG1が菊花賞、天皇賞(春)、ジャパンカップ、大阪杯、今年の天皇賞(春)と5レースあります。

ディープインパクト、ウオッカなど歴史的な名馬がG1を7勝していることを考えると今回の天皇賞(秋)と暮れの有馬記念は未勝利ですから、是が非でも勝ちたいところでしょう。

打倒キタサンブラック、距離適性抜群のリアルスティール

キタサンの他には重賞未勝利ながら今年の安田記念を僅差の4着の「グレーターロンドン」、前哨戦の毎日王冠では負けてしまいましたが、オークスを制覇した「ソウルスターリング」の2頭はまだまだ成長途上でもありますから、あっと驚く一発があってもおかしくありません。

今年になってから古馬戦線で頭角を表した「シャケトラ」、逆に今年に入ってから今ひとつぱっとしない去年のダービー馬「マカヒキ」などなど、勝ちそうな馬がいっぱいいて、予想は非常に難しいと思いました。

あ、「ワンワンドオンリー」も忘れてはいけません。こちらもれっきとしたダービー馬ですから。勝ったら凄いことですが、掲示板の5着以内に入っただけでも感動してしまうでしょう。

岡本のザックリ予想ですが、ここ10年くらいの勝ち馬を見ると、2000メーター以下のG1レースで実績をあげた馬の方が、2000メーター以上の長距離実績をもった馬たちよりも勝っているイメージなので、「リアルスティール」なんかは1800メートルの海外G1レース勝ってますし、去年2着に来てますし、前哨戦の毎日王冠も勝っているので、軸としてはいいのではないかと思います。

例年になく、出走メンバーは豪華なので、馬券検討も熱くなります。月曜日時点の軸馬はリアルスティールです。ではまた!