ライフハック

ネイルケアはガラス製爪やすりが便利!メンズにおすすめの一品紹介

こんにちは、岡本です!

突然ですが、みなさん、爪はケアしていますか?

女性の方だときれいに整えた上にカラーやパーツを施している方も多いですが、男性はもしかしたら切るのも面倒でついつい伸びっぱなしに、という方も多いんじゃないでしょうか。

でも「手にはよく表情が現れる」とも言われるように、よく動く手の先にある爪は、実はいちばん見られるパーツ。
ここが伸びていたり汚かったりすると、知らないうちに相手によくない印象を与えてしまうんです。

爪切りは不正解!

伸びてきたらきちんと爪切りで切ってるよ!という方、それ、不正解かもしれないってご存じでしたか?

爪を切るとき「パチン!」と音がするのは、実はものすごい衝撃が爪に加わっている証拠。

これが続くと、爪が割れたり、爪の表面が剥がれてしまう「二枚爪」と呼ばれる現象につながり、せっかく整えた爪がガタガタになってしまうんです。
さらに、そのガタガタになった爪を直そうとしてどんどん深爪になってしまうというイヤ〜なオプションも…

正解は爪やすり?でも正直面倒…

実は爪は「切る」ではなく「削る」のが正解。
爪やすりで少しずつ衝撃を与えないように削っていくのがいちばんいいケアの方法とされているんです。

でも、この方法のデメリットはずばり「遅い」ということ。

僕も爪やすりがいい、ということは知っていたんですが、時間がかかるのが嫌でほとんど実施していませんでした。たまにトライしても、うっかり長く伸びてしまった爪だと永遠かと思うくらい時間がかかってしまい、結局爪切りでパチン!とやってしまうんですよね…

速度はガラス製爪やすりで解決!?

ところが、これを解決してくれるツールが現れたんです。
その名も「ガラス製爪やすり」

Amazon|ブラジェク ガラス爪やすり 140mm 片面タイプ(プレーン)

現れたと言っても新商品ではなく、むしろかなりのロングセラー。
考えてみたらおばあちゃんちでもみたことあるぞこれ…。

ただ、そこそこのお値段がするのと、女性を意識したファンシーな見た目から食わず嫌いしていました。
しかし、このガラス製爪やすりだとびっくりするくらい爪が速く削れる!らしいんですよ。

早速、買ってみた

善は急げ、情報を得たその日に会社の近くの雑貨屋さんで購入したガラス製爪やすり(1300円+税)です。

いろいろなブランドがありますが、今回はガラス製爪やすりを初めて世に出したチェコのブラジェクというメーカーのものを選びました。

うん、おばあちゃんちで見かけたやつ、たしかにこれです。
お花などのファンシーな柄がそろっている中から、できるだけ渋めのぶどう柄をチョイス。

早速いい感じに伸びた爪を削ってみると、

ん…!?

削った感じが超気持ちいい!

これまでの金属製爪やすりが「ザリ…ザリ…」と少しひっかかる感じだとしたら「サクッサクッ」という感じでスムーズに削れていくんです。
気持ちよさを堪能しながら削っているうちに、あっという間に目指していた長さに落ち着きました。

金属ヤスリを使っていた時は、削った爪の部分がすこしガタガタしていてニットなどに引っかかるのが気になっていたんですが、ガラス製爪やすりだと削り面はツルッとしていて引っかかりがありません。

なにこれめちゃくちゃ快適じゃん。

小さなことからQOL向上

もし仮に、週に1度、5分の爪の手入れをするとして、1ヶ月で20分、1年では実に240分=4時間もの時間を費やしています。

小さいながら繰り返し積み上がるこの時間が快適かそうでないか、そういうことが生活の質(QOL:Quality of Life)にガッツリかかわってくると僕は思っています。
今回思い切ってガラス製の爪やすりに変えたことで、僕は1年に4時間の気持ちいい時間と、いつもきれいな手元を手に入れたことになります。

この生活のクオリティが1000円ちょっとで手に入るなら、めちゃくちゃいい買い物だと思います!
ガラス製爪やすりに投資して、小さなことからQOL向上しちゃいましょう!