ライフハック

じぶん銀行ユーザー必見!スマホATM機能でカードを減らしてお財布スッキリ

こんにちは、岡本です!

最近、デザインに惹かれて薄めのお財布を衝動買してしまいました。
どこにでも身軽に出かけられるので買ってよかった〜と思っているのですが、困っているのがカード。

銀行のキャッシュカード、クレジットカード、会員カードなど、最低限しか持ち歩いていないのにまだ財布はカードでパンパンです。

少しでも財布を軽く薄くできる方法はないか、と探していたところ、見つけたのが「スマホATM」。今回はこれについて語っていきたいと思います!

スマホATM機能とは?

セブン銀行で2017年3月から始まった「スマホATM」。
簡単に言うと「カードを持ち歩かずにスマホ操作でATMが使える」機能です。
お財布パンパン問題に悩む僕、もしこれが本当ならカードが1枚減るぞ!
さっそくと言うにはちょっと遅めですが、試してみましたよ。

使うための準備

じぶん銀行でスマホATMを使うには、当然ですがじぶん銀行アプリが必要です。
Apple StoreやGoogle Playからダウンロードしておきましょう。

じぶん銀行
じぶん銀行
無料
posted with アプリーチ

実際に現金を引き出してみた

アプリでスマホATMをタップすると、キャッシュカード情報と最寄りのATM情報が出てきます。
近くにATMがあるかどうか分かるのは地味に便利ですよね。

スマホATMではあらかじめ引き出す金額を決めます。
その都度自由に金額を指定するスタイルのほかに、決まった額をワンタップで指定できるクイック出金があります。

今回は2,000円を指定してみました。

金額を指定すると、QRコード読み取り画面になります。

ATMにはこのようなQRコードが。
これを読み取ると、スマホには「企業コード」が表示されます。これを暗証番号と同じようにATMに入力。

あとは、カードで引き出すときと同じように暗証番号を入力すればOK!
無事、カードなしで2,000円を引き出すことができました!

かえって面倒?でも使い方次第では便利!

ネット上でこのサービスの評判を調べてみると「ステップが多くて面倒すぎる」「カードを持っていくほうが便利では?」という意見もちらほら……。

確かに、純粋に現金を引き出すためのステップ数だけ見れば手間がかかるのは事実。
ただ、僕の場合は目的別に口座を分けていて、じぶん銀行は特別な出費用の口座として使っているんですね。

ほとんど引き出すことはない口座のキャッシュカードをいつもいつも持ち歩くのはいかにも無駄です。

かと言って、今日は特別なお金を引き出すぞ〜というつもりでATMに行ったのに、うっかり自宅にカードを忘れた!なんてよくあるミスもできれば避けたい……。

僕みたいなめんどくさい(でも意外とよくいる)ユーザーにとっては、普段カードを持ち歩かなくてもいいこのサービスが実にうれしいんです。

また、QRコードでの認証と従来の暗証番号の少なくとも2ステップの認証を使うので、単純にセキュリティ面が強化されていると考えることもできますね。

少しでも財布を軽く薄くしたい僕としては、どの銀行のATMも早くぜんぶこのスタイルになってくれないかな〜と願ってやみません。