競馬

キタサンブラック有馬記念制覇で引退なるか!血統や近況まとめ

こんにちは。岡本です。

さあ、遂にやってきました。1年を締めくくる大レース、有馬記念が!

今年はクリスマスイブの有馬記念なんですねー。

有馬記念で万馬券を当てて自分への特大プレゼントとしたいところです。

注目馬は何と言っても今回がラストランとなる「キタサンブラック」です。

ここまで、重賞レースを9勝。G1は15年菊花賞、16年天皇賞・春、ジャパンカップ、17年大阪杯、天皇賞・春、天皇賞・秋の6勝。有馬記念を勝てばシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、ウオッカに並ぶ最多7勝となります。

獲得賞金は15億7,348万円です。18億3,518万円のテイエムオペラオーに次いで2位になります。

デビュー当初はそこまで注目されていなかった馬がここまでの名馬に上り詰めるとは、正直思っていませんでした。G1未勝利のブラックタイドからこんな大物が出てくるのも競馬のおもしろいところだと思います。

演歌歌手、北島三郎さんがオーナーで有名なキタサンブラックですが、G1レース勝利後にヒット曲「祭り」を歌われて話題になりました。

中央競馬のお祭りレースである有馬記念はまだ制覇しておらず、グランプリ制覇後の真の「祭り」が聞けるかどうかも興味を惹かれます。

有馬記念を勝って有終の美を飾れるのか!大注目のキタサンブラックを改めて紹介します。

キタサンブラックのプロフィール

キタサンブラック/鹿毛
父:ブラックタイド 母:シュガーハート 母父:サクラバクシンオー

●牡5●馬主 大野商事●調教師 清水久(栗東)●生産者 ヤナガワ牧場●戦績 19戦11勝●馬名の由来 冠名のキタサンに父馬の名からブラック

この馬に一番驚かされたのは血統です。父親こそディープインパクトの兄のブラックタイドで良血であることは間違いないんですが、母父に短距離のG1、スプリンターズステークスを2連覇した稀代の快速馬サクラバクシンオーが入っているのに、長距離G1の菊花賞を勝ってしまったことです。

血統に詳しい人ほど、菊花賞でキタサンブラックは買いにくかったはずです。母父にサクラバクシンオーだったら、大方の人が短距離に適性がある。長距離は厳しいと思うからです。

その後もキタサンブラックは最長距離G1の天皇賞・春を2連覇します。いやー、血統を読み解くのは難しいとつくづく思います。

では、次に有馬記念でキタサンブラックについてのコメントをまとめました。ヤフートピックス記事のコメントを引用しています。

キタサンブラック勝つだろう派

・キタサンブラックの有終の美が見られたら最高だけど、無事にゴール板を追加してもらえればそれで十分です。

一昨年3着昨年2着ときたら。。。

・キタサンブラックの子供が見たいので、とにかく無事でゴールしてほしい

馬券外になってない中山だし、軸にせざるを得ないです。

・これだけの成績を残せたのは実力はもちろんだがこの枠引きの良さもあると思う!ここまでほとんどのレースで良い枠で走ってこれた馬はいないよね。歴代の名馬の中でも随一の運の良さも持っている馬だね!

・2000年以降、クリスマスイヴの日に開催された有馬記念の優勝馬は、2000年がテイエムオペラオー、2006年がディープインパクトとG1を7勝した歴史的名馬が勝っている。今年はキタサンしか見当たらない。

この枠では馬券内は決まった感じ。今年の漢字も『北』だしね。選ばれた『北』のイメージは良い感じではなかったけど、『キタ』サンブラックで良い年末を過ごしたいですね。

キタサンブラック勝てないだろう派

・これはもうがちがちになるか大穴かどっちかですよ。騎手は相当なプレッシャーですね

・天皇賞のような出遅れがあったら一貫の終わりだが、さすがにそれはなさそうだし、連は外さなさそう。

有馬って1番枠それほど有利ではないよね。ここ10年で1勝2着2回3着1回。JCが案外だったし頭固定はできないかな?

去年の有馬も内引いて差されとる

JCの最後100m歩いてしまったのがどうしても気になる。シュヴァルが伸びたというよりキタサンが止まって差されとるから。坂の傾斜は中山の方がキツい。

・キタサンはもうこないはず。JC勝って有馬惨敗の予想だったけど、JC見て更に有馬は無いかなと。三走目はキタサンパフォーマンス落ちるし、宝塚や有馬は勝てないとみた。スワーヴは外にいったし、簡単な結果にはならないはず。

・キタサン頑張って勝って欲しいが、外国人騎手がそうやすやすと勝たせるとは思えないな。有馬記念こそ外国人騎手の天国だからね。

その他のコメント

・引退レースを勝利で飾るか、はたまたデムーロ兄が前人未到の記録を打ち立てるのか・・・。個人的にはトゥザヴィクトリーの一族が有馬記念でことごとく馬券に絡んで、
穴を提供しているのが気になる。トーセンビクトリーは押さえなきゃね。

・次世代の馬が有馬でキタサンを負かして我こそがキタサンの後継者!と名乗り出てもらわなきゃ、来年以降がつまらなくなるよ。

・引退レースになるだろうコパノリッキーの東京大賞典も楽しみですね。

・最近有馬記念荒れないからつまらんね

・キタサン引退なのは良いがなんかメンバー見てもなんか今回の有馬は微妙なんだよな〜笑

・個人的には2走前に中山で、ヒロシに乗り変わって好走したルージュバックが密かな狙い目だと思ってる。

まとめ

キタサンブラック勝利肯定派はやっぱり最後は勝ってほしいという願いのようなコメントが多く見受けられます。また相変わらずの枠引きの良さ、についてもたくさんのコメントがありました。僕もこれだけ毎回G1で内枠を引き続けるのはすごいなと思います。やはり、強運をもって生まれたとしか考えようがありません。

勝利否定派の方が論理的にコメントしている方が多かったです。理由としては、去年の有馬、今年のジャパンカップの負けをあげてます。また、デムーロを中心とする外国人騎手が大活躍している有馬なのでそう簡単に勝てないだろうという意見もありました。

その他のコメントはトーセンビクトリーやルージュバックなどの穴馬について、そして、キタサンブラックに代わる新たな競馬界をリードする主役の誕生を期待する声が多かった印象です。僕もその意見に大賛成で、スワーヴリチャードなんかは次代のエースとしてここで名乗り出てきてほしいと思っています。そのくらい期待させるほど、前走のアルゼンチン共和国杯の勝ち方は素晴らしかったです。

有終の美として、オーナーに「祭り」を歌わせる最高のお膳立てをするのか。はたまた、2018年以降の競馬界をリードする新しいスターが登場するのか。大注目の一戦です。僕の渾身予想は◉キタサンブラック、△サトノクラウン、△シャケトラ、△シュヴァルグラン、△スワーヴリチャードです。馬連を本線に勝負しようと思います。賭けるもよし、観るのもよし。最後にドカンと当てて今年の辛かったことはパーと忘れたいところです。ではまた!