自然

水道管が破裂したら修理費はどのくらい?マイナス4度で凍結に注意!

こんにちは、岡本です。今日は東京でもマイナス4度まで気温が下がったということで、本当に異常な寒さですね。

マイナス4度になると、水道管が凍結してくるそうです。水道管が凍結して水道管が破裂したら水が使えなくなってしまいます。

そこで、水道管が破裂しないように何か対策できないかということですね。たまに水道の蛇口をひねるくらいでは凍結してしまうのでしょうか?

また、水道管が破裂したらどんな対応をしたらいいのか、修理費はどのくらいかかるのかまとめました。


水道管が凍結している場合の対応

水道管が破裂していなけれど、凍結している場合、蛇口などにタオルを巻きつけ、上からお湯をゆっくりかけると、水が出るようになります。

それでも水が出ないときはお近くの指定給水装置工事事業者へ工事をお申し込みください。

指定給水装置工事事業者がご不明なときは、お住まいの区を担当する配水管理課にお問い合わせください。

凍結修理などの費用は、自己負担となります。また、修理の作業時間や修理に使った材料などによって費用は異なります。トイレなんかは住んでいる住宅により配管の位置が異なるので、費用はまちまちとのことです。

水道管が破裂しないための対策

屋外の管は凍る可能性が高く破裂してしまうことが多いです。特に金属の管で、曲がりの部分・分岐部分等継手の箇所は破裂しやすいです。要注意です。

建物内に隠れている管は-3℃程度なら大丈夫です。露出している管でもウレタンなどでカバーされていれば-3℃なら何とか大丈夫です。心配なら時々水を出して動かせばOKです。

賃貸マンションならトイレに行った時に流す事で大丈夫です。普通は明け方が一番気温が下がりますので、寝る前のトイレで水を流せばいいと思います。

給湯器はリモコンの温度設定で下げていってLoの更に下があるならそれが凍結防止用の設定になります。給湯器の配管が露出している場合は、スイッチを切ってチョロチョロ出した方がいいかも知れません。


水道管が破裂してしまったときの修理代

上記の対策をしたけど、残念ながら水道管が破裂してしまったら修理費はどのくらいかかるのでしょうか?

どれくらい直さないといけないかによって材料がかわります。それと修理に掛かる手間と時間によります。部分修理で済むのであれば材料と工賃で1.5万円~3万円ぐらいになると思います。水道代については、出っぱなしの状態を放っておいた分だけ高くなります。

基本料金が無いのでお急ぎじゃなければ複数の見積を取ってみてください。人の弱味につけこむ悪徳業者も多いので注意してください。

給湯器の配管につながる水道管が破裂してしまった場合、もっと費用がかかります。壁の中や床を開けないといけない為、工事日数は4.5日掛かる可能性もあります。

給湯器込みの工事になるので、まずガス会社に連絡をしてください。状況を説明したら見積を出してくれるはずです。

私が聞いたケースでは、給湯器と工事代も含めて25万円ほどでした。支払いも分割が可能とのことです。まとまったお金が必要になるので、急な出費は痛いですが、水が使えないのは生活していくうえですごく困ることなので、早急に対応しておきたいですね。

まとめ

東京など首都圏では、北国と違って気温がマイナスになるなんてことはそんなにないので、どんなことが起きるかあまり想像つかなくて困りますよね。中でも、水道管が破裂するなんて普段、対応したことがないので、どうすればいいか困ってしまうかと思います。

水道管が破裂してしまったら、まず工事業者に複数見積もりを出すことをおすすめします。

業者も、ここぞとばかりにふっかけてくることが多いです。どのくらい工事費がかかるか事前に分かっていれば落ち着いて業者を選定できます。

1970年以来の氷点下の寒さということで、身体も家も大変かと思いますが、水道管が凍結しないように、また、破裂しないように早めの対策をとっておくことをおすすめします。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!