自然

蔵王山で火山性微動が発生!噴火したら影響を受けそうな市町村は?

こんにちは。岡本です。

数日前に草津白根山で噴火が起きたばかりですが、宮城県と山形県境にある、蔵王山で1月30日に火山性地震が2回、火山性微動が1回観測されています。

現在、噴火警戒レベルは1ですが、白根山のようにいきなり噴火する可能性があるので、気象庁の火山活動の情報にご注意ください。

蔵王山の噴火に伴う気になることをまとめてみました。

平成30年1月30日04時50分 仙台管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
蔵王山では、1月28日および30日に火山性微動が観測されました。山頂の南方向が隆起する地殻変動が継続しています。

<火山活動の状況>
蔵王山では、1月28日19時28分および30日00時44分に火山性微動を観測しました。蔵王山で火山性微動が観測されたのは、2017年4月3日以来です。坊平観測点に設置している傾斜計では山頂の南方向が隆起する変化がみられ、30日04時00分現在も継続中です。

蔵王山では火山活動に高まりがみられますので、今後の火山活動の推移に注意してください。

蔵王山の概要

蔵王連峰(ざおうれんぽう)は、東北地方の中央を南北に連なる奥羽山脈において、宮城県と山形県の両県南部の県境に位置する連峰です。主峰は山形県側に位置する熊野岳(1,841m)。

玄武岩、安山岩の成層火山群の活火山であり、常時観測対象の47火山に含まれています。火口湖の御釜や噴気口が見られ、火山の恩恵である温泉が両県の裾野に数多く存在し、スキー場も多く設置されています。両県における主要観光地の1つ。参照:wikipedia

蔵王山の火山活動はいつごろから?

蔵王山は玄武岩~安山岩の成層火山群で、約100~70万年前に玄武岩質マグマの活動が水中で起こっています。

30万年間ほどの休止期を挟んで、約40~10万年前には安山岩質の溶岩流が複数の噴出口から多数流出し、山体の上部を形成する熊野岳(くまのだけ)・刈田岳(かっただけ)などが形成され現在の山容の骨格が形成されました。

その後約3万年前に山頂部に直径2km程度のカルデラが形成されると同時に玄武岩質安山岩マグマの爆発的な活動が開始され、断続的に現在まで続いています。

有史以降も主に御釜を噴出口とする数多くの活動が記録されていますが、被害を伴った噴火は御釜の内外で発生しています。

噴火の特徴として、噴火に伴い泥流を発生することが多い。

参照:気象庁資料

蔵王山最近の噴火はいつ頃?

蔵王の最新の噴火は1918年(大正7年)に発生し、噴気が発生しました。その後、噴火には至っていませんが、1939年(昭和14年)頃に水温の上昇が見られました。現在も湖底に何箇所かの気孔が存在し、火山ガスの継続した噴出が続いています。

昨年も一時御釜の異常が言われましたが、江戸時代以降の噴火の状況を見ると数十年感覚で起きています。

蔵王山の現在の噴火警戒レベルは1です。活火山であることに留意することが必要なレベルです。マグマだまりは低く、火道を通って火山ガスが噴出しているという段階かと思われます。

蔵王の火山が大噴火したら、火山灰などの影響を受けそうな市町村はどこ?

火山噴火の規模や風向きにもよりますが、蔵王山周辺の山形市、川崎町、蔵王町、白石市、七ヶ宿町、上山市、場合によっては仙台市まで火山灰が降る可能性があります。

ただ、仙台市は離れているので、降ったとしてもたいした量にはならないでしょう。

農家の方は野菜などが汚れると、灰は雪と違って溶けず、水に流されてしまうので、ビニールで覆うなどして早めの対応をしておくといいでしょう。

まとめ

蔵王山は東日本大震災後、震源に近い東北の火山として噴火が騒がれたことがありましたが、その後変化はなく、安定した活動をしていると思われていました。

しかし、ここ数年の御岳山、白根山の影響を受けてか分かりませんが、今年になってから、火山性微動の兆候が出てくるようになりました。

今回、蔵王で噴火しなくても、他の火山が噴火の準備を始めてるかもしれません。自然現象は時間、時期が来れば繰り返し起こります、周辺にお住まいの方はくれぐれも火山活動に気をつけてください。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!