ライフハック

京都嵐山でトロッコや竹林の小径を巡る定番の観光コースを紹介!

こんにちは!岡本です。

東海道新幹線のCMで「そうだ京都、行こう。」という有名なフレーズを聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?

春、夏、秋、冬の四季に合わせて秀逸なキャッチコピーで構成されたCMを見ると京都に行ってみたくなるんですよね。

そろそろ、春休みの予定を立てる時期に入ると思ったので、京都旅行、京都の中でも嵐山をご紹介したいと思います。

嵐山は数ある京都の観光地の中でも、特に人気の高いエリアです。渡月橋や天龍寺、トロッコ列車、迫力ある竹林など、見どころ満載のスポットですので、「京都に来たら、市内から少し足を伸ばしてでも訪れたい!」という人も多いようです。

桜や紅葉の時期はもちろん、一年を通して観光客の溢れる嵐山の魅力について、まとめてみました。

嵐山ってどんな観光地?

京都の中でも風光明媚な土地として有名な嵐山。 自然が豊かなイメージですが、どのようなところなのでしょうか。

嵐山といえば、まずは桂川にかかる「渡月橋」を思い浮かべるかもしれませんね。観光用ポスターやパンフレットに使用されることも多く、嵐山のシンボルのようになっている場所です。 特に、桜と紅葉の時期には多くの観光客でにぎわいます。

その渡月橋から北へまっすぐ進んだところには、世界遺産でもある臨済宗のお寺「天龍寺」があります。天龍寺の見どころは、なんといっても庭園の美しさでしょう。

中でも、紅葉の時期は格別。紅葉の時期も含めて何度か訪れたことがありますが、いつまででも眺めていたい素晴らしい景色で、時間の流れを忘れてしまうほどです。

他にも、嵐山の見どころはたくさんあります。 京都でも有数のパワースポットである「野宮神社」、桜や紅葉の季節には絶景が楽しめる「亀山公園」、願い事を一つ叶えてくれるという「鈴虫寺」、大人気マンガ「ちはやふる」にも登場した小倉百人一首の世界観を体感できる「時雨殿」etc …。

嵐山には、ここでは書ききれないほどの観光スポットが多く点在しているのです。 「京都旅行」ではなく、「嵐山・嵯峨を満喫する旅」をしてみるのも、いいかもしれませんね!

「竹林の小径」をゆっくり散歩しよう

その天龍寺の北側から大河内荘庭園へ 100m ほど続く「竹林の小径」も有名ですね。 最近では、外国人の間でも有名な観光スポットになっているのだとか。

笹の葉が揺れる音や香りが心地よく、空高く整然とそびえ立つ竹の間をゆっくりと歩いていると、神秘的な気持ちにもしてくれます。

特に、京都・嵐山花灯路の時期には、幻想的なライトアップが行われます。今年2018 年は12月7日(金)~16日(日)まで、点灯時間は午後 5 時~8 時半となっています。

普段の竹林ももちろんいいですが、この時期だけの特別な催し物ですし、一度は目にしてみたいですね。

ちなみに、嵐山花灯路のライトアップは、野宮神社から大河内山荘園にいたる竹林の小径だけでなく、渡月橋周辺でも行われていて、そちらも見逃せないスポットです。

トロッコ列車で自然を満喫

嵐山のもう一つの代名詞といえば、「嵯峨野トロッコ列車」。 嵯峨野トロッコ列車は、嵯峨野を起点にし、保津川渓谷に沿って亀岡まで至る、片道 7.3 ㎞、時間にして約 25 分の観光列車です。自転車より少し速いくらいの速度なので、周りの自然や渓谷美を眺めるにはちょうどいいです。

やはり紅葉の時期には特に人気がありますが、四季折々の自然を楽しむことができ、それぞれ違った景色が楽しますので、いつ訪れてもおすすめですよ。

冬には、石炭ストーブが設置されたストーブ列車も登場するのだとか。それもまた趣があっていいものです。

亀岡からは、保津川下りの舟に乗って、嵐山まで帰ってくるのが定番の遊び方になっているようで、こちらも楽しみですね。ちなみに、平安時代の貴族もここで舟遊びに興じたのだそうです!

温泉施設で癒されよう

自然を満喫して遊んだら、ゆっくり温泉に浸かるのはいかがでしょうか。嵐山 には、宿泊施設を備えた内湯のほか、日帰り温泉や足湯など気軽に立ち寄れる温泉施設がいくつもあるのです。

「嵐山温泉 和カフェひゅーめ」は、足湯利用料 200 円(カフェで注文すると 150 円)で、渡月橋を眺めながらゆっくりと足湯を楽しめるユニークなカフェ。

あちこち散策したいから、温泉に行く時間はなさそうだけど、少し疲れたので休みたい…という時にはぴったりですね。

また、なんと嵐電・嵐山駅の中にも、足湯があるのです。その名も「駅の足湯」。この駅には改札がないため、電車に乗らない人でもホームに入ることができ、行きかう電車を見ながら足湯を楽しめます。

こちらの足湯を利用したい場合は、駅のインフォメーションで足湯利用券(200 円)を購入しましょう。

一方、日帰り温泉もあります。 嵐山の温泉では初の外湯になる「京都 嵐山 湯浴み処 風風の湯(ふふのゆ)」は、疲労回復や健康増進、美肌に効果がある美人の湯として人気の日帰り温泉施設。

阪急嵐山駅のすぐそばにあり、中之島公園や渡月橋、天龍寺、法輪寺なども周辺 に位置しています。 観光帰りに疲れをいやすため立ち寄るには、便利な場所にありますね。

大人は(中学生以上)は平日 1,000 円、土日祝日は 1,200 円で利用できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 嵐山の見どころは本当に多いので、今回は特に有名なものだけ紹介してみまし た。

和菓子屋さんや地元の料理など、他にも楽しみ方は色々あります。人力車に乗って、おすすめを教えてもらうのもいいですね! ぜひ、嵐山を満喫する旅をしてみてください。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!

Photo by kazuend on Unsplash