ライフハック

婚約破棄の慰謝料の相場や条件は?請求された場合の対応方法まとめ

こんにちは!岡本です。

バレンタインデーが近づいていますね。チョコレート用意しましたか?男性の方はもらえそうですか?ちょっと心がざわつきますね。

さて、先日、秋篠宮眞子様の結婚が延期になったというニュースがありました。お相手の小室圭さんにどうもよからぬ話題があるようで、このまま婚約破棄か!?という反応をされている方が多いように思います。

眞子さまのことを考えると心中察しますが、結婚というのは勢いも大事ですけど、スムーズに進まないケースは結婚してもうまくいかない場合が多いように思います。ここでじっくり考える時期を作られるのも悪くはないのではないでしょうか。

この話題で私が気になったのは「婚約破棄」というワード。婚約破棄をする人は大勢いるとは思いませんが、実際、婚約破棄をする立場になったらいろいろ焦ると思います。何を隠そう、この私も婚約破棄をしたことがあります。当時は、まさか自分が!と思いましたね。

婚約破棄を相手に伝えると、その後問題になるのが慰謝料です。慰謝料なんてどのくらい払えばいいか全然分からないので困りました。

ということで、今回のテーマは「婚約破棄の慰謝料」についてです。

婚約破棄に伴う慰謝料の相場は?

婚約破棄された女性の例です。

プロポーズされ、結納を済ませた彼がいました。
ですが、相手の都合で一方的に婚約破棄をされてしまいました。

婚約期間中に同棲していたのですが、どうも私と考え方や生活習慣が合わなかったらしく、突然の申し出でどうしたらいいのかわからなかったくらいです。

好きな相手だったのに、とても悲しい思いをしていますが、こういう時は慰謝料を請求出来るものなのでしょうか。その場合、相場はどれくらいになるのでしょうか。

友達に相談してみようと思ったんですが、婚約破棄されたなんて言えなくて、まだ誰にも話せていません。

慰謝料の請求は、お金に執着していると思われそう・・・とか一般には思われそうですが、自分自身のお相手への気持ちや未練を吹っ切るために私はありだと思います。

私自身は慰謝料を請求されて彼女は僕との結婚よりもお金が目的だったのか・・・と思ったりして落ち込んだりしましたけど、最終的にお金で彼女との関係が精算できるのならば、勉強代だと思っていさぎよく払ってしまおうと思いました。

婚約破棄は、「婚約」の定義が難しい面もあるそうですが、結納までしているなら両家の親まで認識されている法的に立派な「婚約」です。

このケースは同棲されていて、当然2人でかかっていた生活費もあるでしょうし、交際年月にもよりますが、慰謝料は最高で100万円くらいだと思われます。

ただ、婚約破棄の原因が、「先方の一方的理由」に本当に該当するのか、分からないのと、先方の支払い合意によるので、最終的にいくらの支払いになるのかは、何とも言えません。

自治体の無料法律相談などでも、割と簡単に妥当な金額を提示してもらえると思いますが、一番無難なのは弁護士に相談に行かれるのがいいと思います。

私は当時、幸運にも弁護士の知り合いの先生がいたので相談に行きました。慰謝料は最初、180万円くらいで請求がきました。相手も弁護士をたてていたので、弁護士からの請求です

私の弁護士が相手の弁護士とかけあってくれて最終的に婚約していた彼女に100万円の慰謝料を払いました。弁護士には謝礼として30万円くらい払ったように思います。

まとめ

「慰謝料請求するなんて信じられない」「怖い女」もしくは、「女々しい男」等と言われることもあると思いますが慰謝料請求して当たり前、と理解してくれる人もいます。

気持ちの整理がつくまでは、周りの人にあまり話さない方が良いかもしれません。心無い言葉で傷つくことはないです。

慰謝料請求は話し合いもすんなりいくような話ではないので長引きますし、結構体力使います。

婚約破棄の慰謝料に関しては婚約が成立していることが大前提になりますけど、大体相場は50~200万円でかなり幅があります。

婚約破棄した状況次第で金額は変わるので、弁護士のような代理人を入れると相手と金額が折り合った場合にお金はかかりますが、お相手との関係がスムーズに精算されるので、お願いしたほうがいいと思います。

この記事を読んでくれている方は今はお辛いでしょうが頑張ってください!

僕は婚約破棄した後は今後しばらく女性と交際することもないだろうし、結婚なんて数年先の話になるだろうと思っていました。

ところが人生分からないもので、婚約破棄した4ヶ月後くらいには同じ会社で働いていた女性と交際を始めていました。その1年半後には結婚したので、結果的に前の彼女と婚約破棄して慰謝料をすぐに支払って関係を精算したのがよかったと思います。

すぐに立ち直るのは難しいかもしれませんが、前向きに生きていたらきっといいことが起こると思います。彼女、彼を見返せるくらいステキな出会いがたくさんの人にありますように。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!