拝島ライナーが3月より運行開始!停車駅やお披露目イベント紹介!

こんにちは!岡本です。

西武鉄道のダイヤ改正が3月10日に迫っています。先日、京王電鉄で「京王ライナー」の運行が始まり、通勤ライナーに注目が集まっていますが、西武鉄道でも乗客の着席機会の拡大を増やすために今回のダイヤ改正で西武新宿線の西武新宿駅から拝島駅間で有料座席指定列車「拝島ライナー」の運行を開始します。

新たに運行が始まる「拝島ライナー」の停車駅、乗り方についてまとめました!

スポンサードリンク

●西武鉄道2018年3月10日ダイヤ改正概要

着席機会の拡大!!

・新宿線関係では拝島ライナーを運行開始
・池袋線関係ではS-TRAINを平日に増発
・池袋線関係では特急電車を土休日に増発

利便性の向上!! ・平日夜間の西武有楽町線を増発
・池袋線特急電車から新宿線への接続を改善

※S-TRAINのほか、拝島ライナーや特急レッドアロー号でも、乗車後に
特急券・指定券をお持ちでないお客さまからは「車内発券料金」を頂戴します。

参照:西武鉄道ダイヤ改正特設サイト

●拝島ライナー概要

拝島ライナーの停車駅は高田馬場、小平から拝島までの各駅で、拝島線内は乗車券のみで乗れます。夕夜間の通勤(帰宅)時間帯に西武新宿~拝島駅間で「拝島ライナー」は下り 5 本運行します。主なポイントは以下のとおりです。小平で所沢方面に行きの列車に接続するのは便利だと思います。

✔18~22 時台に 1 時間間隔で運行し利用しやすい!!
✔西武新宿・高田馬場駅の出発時刻を揃えわかりやすい!!
✔小平で所沢方面行きに接続し、新宿線久米川方面への帰りも便利!!

拝島ライナーのここがスゴい! ・・・小平から拝島までの各停の区間は無料で乗れる

拝島ライナーのここがダメ! ・・・①拝島線ユーザーしか使わない ②JR中央線の国分寺から新宿までノンストップの通勤特快に比べれば見劣りする ③拝島快速が通過していた駅に止まる ④拝島まで行くならJR中央線の青梅特快で良い

●拝島ライナーは過去に運行していた拝島快速のように失敗する?

西武新宿線にはかつて、拝島快速という快速列車が走っていましたが、思ったほど利用客が伸びずわずか4年で運行を終了しています。今回の拝島ライナーは、拝島快速の失敗を反省した上でのものなのでしょうか。

かつての拝島快速は昼間閑散時の運行、今度の拝島ライナーは夕方から夜間にかけての乗客数の多い時間の運行です。そして拝島快速は単なる速達列車、拝島ライナーは「座席指定席による着席サービス列車」という違いもあります。

つまり、拝島快速と拝島ライナーはコンセプトがまるで違うのです。そのため、拝島ライナーは小平から先の通勤客の確実な需要が見込め、数年で運行が終了するということはないでしょう。

スポンサードリンク

●お披露目イベントについて

拝島ライナーお披露目イベントが3月4日(日曜日)に予定されています。

これは、3月10日(土曜日)から新宿線・拝島線において40000系車両および有料座席指定列車「拝島ライナー」が運行開始することを記念して開催するもので、玉川上水車両基地では 、新しく運行が開始される40000系車両の撮影会や内覧会を実施するほか、「拝島ライナーデビュー記念乗車券」の先行発売や拝島ライナー停車駅の昔の駅舎写真展などを実施するようです。鉄道ファンは見逃せない内容となっています。

開催日時:2018 年 3 月 4 日(日)

一般入場 10:30~15:00(雨天決行・荒天中止)
※「40000系車両新宿線・拝島線初運行臨時列車」にご乗車のお客さまは先行入場可能。

開催場所:玉川上水車両基地内(東京都東大和市桜が丘 3 丁目 44 番 6 号)
※拝島線・多摩モノレール玉川上水駅から徒歩約12分
※会場および会場付近には駐車場はありません。ご注意ください。

入 場 料:無料
※事前申込は必要ありません。

●まとめ

数百円の負担で着席できる。この需要が高まっているのは事実でしょう。この傾向はさらに進むと思います。

鉄道会社的にも電車を走らせるだけで運賃以外の収入を得られるし、お客も追加で数百円払えるだけで着席が保証されるウィンウィンの関係が生まれるのは時代のながれでもあるでしょう。

地方に暮らすと、東京の通勤時間の長さがよく分かります。今では1時間以上の通勤時間は考えられないですね。もし、自宅から勤め先が1時間以上かかるなら、その貴重な1時間をできるだけ有意義に過ごしたい。電車であれば着席して、ゆっくり本を読みたいです。

そんなニーズが昔よりも強くなっている気がします。速達性よりも着席に重点を置いた鉄道会社の政策は今後もしばらく続きそうです。

京王ライナーが随分と好意的に迎えられてる一方、Smoozという西武線のチケットレスサービスで確認すると拝島ライナーはまだ初列車も満席になっていないようです。

京王ライナー同様、まだ様子見という方が少なくない感じです。拝島線沿線に人口が多くない 、拝島が大きい町じゃないという懸念はありますが、拝島ライナーは、夕方の拝島行とか結構混んでいるので、西武拝島線利用者にとって有難い有料座席指定列車になると思います。

まずは認知度が上がるよう、西武鉄道にはがんばってもらいたいです。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする