スポーツ

東京オリンピックのマスコット決定!作者とグッズ販売店舗紹介!

こんにちは!岡本です。

いよいよ、2月28日(水曜日)に2020年に開催される東京オリンピックのマスコットが決定!全国の小学生の皆さんからの投票受付が2月22日に終了し、投票結果が待たれるところです。

全国の子供たちが選ぶマスコットは一体どうなるのか?楽しみです!

東京オリンピック2020マスコット概要

オリンピックらしさは「ア」、神社っぽいのが「イ」、愛嬌たっぷりが「ウ」、個人的にはシンプルなのが好きなので「ア」案がいいです。

ロゴマークをモチーフにしていてデザインもまとまっています。ツイッターを見ると「ア」案と「ウ」案で投票している学校、クラスが多いようです。

さて、子ども達の感性と投票結果は?

マスコット決定!作者は?

2月28日(水曜日)、最終候補3作品から、フリーのイラストレーターの谷口亮氏(43)がデザインした未来型ロボットの「ア」が最多得票で選ばれました。

投票総数は20万5755票。「ア」は10万9041票、「イ」は6万1423票、「ウ」は3万5291票を獲得した。

「ア」は伝統と近未来のイメージを融合させ、五輪のキャラクターは市松模様、パラリンピックは触角に桜のイメージもあしらって表現されています。

マスコットの名前は今年の夏に決まる予定です。いったいどんな名前になるんでしょうか。また、注目を集めそうです!

谷口亮氏の略歴

1974年生まれ。 福岡県福岡市出身・在住のイラストレーター・キャラクターデザイナーです。 1997年、カリフォルニア州 Cabrillo College を Art Major で卒業。 帰国後、1999年よりオリジナルキャラクターの制作を開始。 路上でキャラクターグッズを販売しながら人脈を培い今に至る。 キャラクターデザインを主にイラストレーターとして活動中だそうです。地元、福岡では「いかのおすし」キャラのデザイナーでもあるようです。

マスコットグッズはどこで買える?

東京オリンピック2020のグッズは既にいくつか販売されていますが、マスコットグッズはどこで購入できるのでしょうか。

マスコットグッズの販売については正式発表がまだありませんが、現在、ロゴに関連したグッズがオンラインショップや実際の店舗で取扱がありますので、マスコットグッズもこちらのお店で販売を開始することが考えられます。

オンラインショップ

マスコットの販売は決定していませんが、このオフィシャルショップで販売を始めると思いますので、気になる方はお問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

東京2020オフィシャルオンラインショップ

実際の店舗での購入

以下の場所で東京オリンピック2020のグッズを扱っています。マスコット販売については、上記同様、お問い合わせ願います。

①「アスリートジャパンスクエア」/ 岸記念体育会館 1 階
②「TOKYO 地域特産品売店」/ 東京都庁第一本庁舎 1 階
③「三省堂」/ 東京都庁第一本庁舎 1 階・2 階
④「博品館 TOYPARK」/ 東京都庁第一本庁舎北塔 45 階
⑤「クランクトランク」/ 東京都庁第一本庁舎南塔 45 階

まとめ

東京オリンピックのマスコットは、ぬいぐるみにしたら絶対「ウ」が一番可愛いと思います。でも、「ア」のデザインがシンプルで1番商品化しやすい・・・。

自分が小学生だったら「ウ」にしそうです。結構、マスコット選ぶのも大変だと思いました。全国の小学生のみなさん、お疲れ様でした。

ポケモンやローソンのPontaにしか見えない。妖怪ウォッチっぽい。など賛否ありますが、決まったら決まったで、どれもいいデザインだし、人気になりそうです。

マスコット決定に伴い、マスコットグッズの販売も開始すると思うので、欲しい方はまず、オフィシャルのオンラインショップで買うことを検討するのがいいかと思います。

東京都庁まで行ける方は販売店が都庁内にいくつかあるので、直接、足を運んでみるのはいかがでしょうか。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!