競馬

弥生賞2018の勝馬予想!ダノンプレミアムが勝って皐月賞制覇か!

こんにちは!岡本です。

今週末の3月4日(日曜日)は皐月賞トライアルのG2、弥生賞!

昨年の朝日杯フューチュリティステークスを制して最優秀3歳牡馬に輝いた「ダノンプレミアム」、出世レースの東京スポーツ杯2歳ステークスを制した「ワグネリアン」、重賞は勝っていないが素晴らしいタイムで勝ち上がってきた「オブセッション」の3強がそろい踏み!しかも3頭とも無敗!

本番の皐月賞を前にどんな戦いが繰り広げられるのか。春競馬、最注目の1戦です!

勝馬予想

三強の不安要素

ダノンプレミアム、ワグネリアン、オブセッションと3頭の無敗馬が揃いましたが、3頭とも不安要素があります。

朝日杯圧勝のダノンプレミアムには折り合い難からくる距離の不安があり、外枠で壁が出来ずに最終コーナーで先頭に立って最後に交わされる危険があります。また、賞金的には足りているので、本当に試走レベルの仕上げかも

ワグネリアンは昨年秋以来の実戦で久々のレース。また、末脚にかける戦法なので、レースがスローペースでながれた場合、今の中山では届かない可能性が高いです。また、内枠でごちゃついた馬群を捌けずに、消化不良なレースで終わるかもしれません。

オブセッションはまだ強い相手と戦っておらず、どのくらい強いのか不明な点。走破タイムは特筆ものだが、走破タイムだけで能力は量れません。ただ、その分、弥生賞出走馬の中でも一番ポテンシャルがあるかもしれません。オブセッションが圧勝して皐月賞前に1強ムードになる展開もあるかも。舌を出しながら走るのは気になるが、まだ幼いのでしょう。

三強を買える材料

まず本当に強いかは別にして、オブセッションはG1、皐月賞に出走する十分な賞金を獲得していないため、3着、できれば2着以内での加算が皐月賞、もしくは日本ダービーまでの最低条件になります。そのため、弥生賞は本番前の試走ではなく、本気で仕上げてくるでしょうから外しにくい。

ダノンプレミアムは先行できて末脚もしっかりしているので馬券圏内は間違いなさそう。

ワグネリアンはここまで全部楽勝なので、ポカはまずないかな。少頭数でドスローにしたって差せると思います。唯一不利に成り得る可能性があるのは多頭数のG1福永くらい。弥生賞は普通に乗れば1着でしょう。どスローでもハイペースでも折り合いに不安がないところがいいですね。日本ダービーを見据えて、できればここで多頭数のレースを経験しておきたかったのが本音でしょう。

三強以外の馬

◆ジャンダルム
力があるのか微妙です。ホープフル組が強いのか疑問が残ります。ホープフルステークス勝馬のタイムフライヤーの評価があまり高くないので、そのレースの2着馬のこの馬もそんなに・・・かもしれません。

◆アウラン
まだ底を見せてないし、オルフェーヴルの血に期待。

◆へヴィータンク
なんと、弥生賞がデビュー戦。こんなケース初めてでびっくり。当然完全未知数。馬主さんも重賞勝ちなく、今年はまだ0勝。調教師の森先生は、相当自信があるのか?微々たる奨励金目当てか?既に結構話題になっています。

ここに出走するのは、もちろん権利取りのため。馬主さんの「どうしても弥生賞でデビューさせたい」という希望をかなえた、なんてことは無いと信じるしかない(笑)

ただ、こんなのが何十年か振りに来ることに夢があります。クロフネ産駒だから馬場が渋ったら期待も広がるし。

おすすめ馬券

馬連なら3倍程度と予想します。3連複なら、1,8倍〜3,5倍付けば良い方かと思います。G Iなら配当良いんですが、何しろ小頭数で3強ムードですからね。3連単でも10倍切るかと思います。今年初めての重賞の銀行レースになりそうです。

弥生賞ダノンプレミアム、ワグネリアン2頭軸にオブセッション、ジャンダルムへ流せば三連複、三連単がとれそうです。ただ、ダノンプレミアムとワグネリアンが頭の場合、払い戻し金額が少額になり、マルチやBOXで買った場合トリガミになると思います。3連単で1,000円付かないかもしれません。

勝負するなら3連単1点か、1着2着を2頭選び3着固定か、1着を固定2着3着を入れ替える感じの方が良いかなと思われます。

G1レベルの弥生賞は激混みか?

今回の弥生賞はG2レースですが、実質、G1レベルのレースになります。昨年末に行われたG1、ホープフルステークスに出走していた馬よりも強い3強と言われる馬が出走するからです。

そのため、レースが行われる中山競馬場はかなり混むと予想します。現地で観戦するなら、出来れば指定席を確保して落ち着いて観戦したいところです。

大体入場人員は3~4万人程度だと思います。スタンドやゴール前は盛況でしょうが、場所に拘らなければ座って観戦できるでしょう。

パドックはメインレース時には相応の混み具合になるかと思います。ゴール板付近、ウイナーズサークルなどは開門前から待ってた方が良いかもしれません。

思い出の弥生賞

◆2016年、マカヒキ
新馬→若駒S→弥生賞と父ディープインパクトと全く同じローテで勝ちました。しかも、朝日杯フューチュリティステークス王者のリオンディーズとその2着馬エアスピネルをまとめて差し切り。これは強い、ディープインパクトの再来だと思いました。

◆2005年、ディープインパクト
前走の若駒ステークスの勝ち方が凄すぎて、簡単に勝つだろうと思っていたら、着差はそんなになかったけど、簡単に勝ってしまった馬。その後の出世は周知のとおり。

◆2004年、コスモバルク
このレースを勝ち、地方競馬から、とうとうダービー馬が出るかと思っていたんですが、キングカメハメハと言う怪物がいたんですよね。残念!

◆2001年、アグネスタキオン
荒れ馬場をブッチギリで勝ったアグネスタキオン。これは3冠間違いないなと思いました。加速した後の速さは衝撃的!後に出てくるディープインパクト同等のポテンシャルを持った馬でした。ケガさえなければ3冠取れたでしょう。

まとめ

ダノンプレミアム
オブセッション
▲ワグネリアン

ダノンプレミアムは2000メートルまでなら、この世代はおろか、史上最強の馬になる可能性有り。なので、一番重い評価にしました。

オブセッションは次に出走を想定している皐月賞(G1)に出走するための賞金が足りないのでメイチの仕上げにしてくるので2着までは死守するでしょう。

ワグネリアンは2000メートルよりも2400メートルに重きを置いた血統構成なので、ここで負けてもそんなに影響はありません。ただ、主戦の福永騎手は日本ダービーまでにおろされないように本気で乗りに来るかもしれません。本気のユーイチを見てみたいです。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!

 

※ダノンプレミアムが2018年の日本ダービー馬か?

関連記事:ダノンプレミアムは三冠馬になれる?朝日杯を圧勝しダービー最有力!

※福永祐一がワグネリアンで遂にダービージョッキーに?

関連記事:ワグネリアンの血統は?2017年東京スポーツ杯2歳S勝馬に注目!

Photo by Simson Petrol on Unsplash