ライフハック

卒業式での告白を成功させるには写真が有効?LINE告白は有りか検証!

こんにちは!岡本です。

3月は卒業シーズンですねー。学生にとってはソワソワする季節かと思います。

なぜなら、卒業式といえば「告白」!好きだった娘にがんばって告白するぞと意気込む男子も多いと思います。

僕もかつてそんな思いを持って卒業式を迎えていたのを思い出します。以下のような思いを持って卒業式を迎える中学生、高校生は多いのではないでしょうか。

卒業式に告白ってアリですか?

同級生に告白しようと思います。卒業の機会を利用して告白するならいつのタイミングが良いと思いますか?

前日、当日、翌日、どれがいいでしょうか。当日の式後は友達と遊びに行く約束があるので、当日面と向かって告白するなら学校にいる間だけです。

卒業式シーズンを迎えて、告白をどうしようか悩んでいる中学生、高校生に「告白を成功させる方法」をアドバイスします!

ベストな告白の仕方は?

学生生活で最も告白するタイミングとして考えられている卒業式ですが、そもそも、卒業式に告白するのがべストなのでしょうか。また、どんな伝え方がいいのでしょうか。以下のような質問がよくあります。

①卒業式当日が告白に相応しいか

②告白は手紙でもいいか

③内容は「付き合ってほしい」とは書かず「もっと仲良くなりたい」でいいか

①結論として、卒業式が良いと思います。断られた場合、卒業式以降は会わなく、気まずくないからです。

②口頭で告白したほうがいいです。手紙だと返事が来ない可能性があります。

③既に、お互い面識があるなら、はっきり交際を主張した方が良いと思います。

どうしても卒業式に告白したい!二人きりになるには?

卒業式に告白って、なかなかロマンチックですよね。ただ友人とかと話をしていると、告白タイムに持っていけません。どうすればいいでしょうか。

おすすめは、卒業式に写真を撮ろうと言い2人きりになるんです。意識してくれていたらチャンスです。アタックしましょう。ストレートに好きって気持ちを伝えたらいいと思います。

告白の何日か前にLINEや実際に会って、「卒業式終わった後◯◯に来て。渡したい物があるから。」と言うのもいいと思います。

もしくは、卒業式の前日に「卒業式終わったら先生が二人で一緒に来いって言ってた」とか、ありそうな嘘をついて呼び出すのもいいですね。

気になってるお店があるんだけど1人だとなんか入りにくくて…一緒に行ってくれない?」(遊びを兼ねて)と誘ってみるのも無理がなくていいと思います。

「大事な話があるからあとで二人で話せない?」と提案するのも悪くないですが、「今ここで話せないの?」と不意打ちをくらう可能性があるので、あらかじめ心の準備をしておきましょう。

何回か遊んだことがあるのなら、2人でなくても何人かのグループで遊ぶのを計画するのもいいと思います。その帰りに、2人っきりになって告白しましょう。

2人きりで遊びに行っても問題は無い関係だったら、遊びに誘って直接告白すれば良いと思いますよ。

卒業式に告白できなかった場合

卒業式に好きな人に告白をすると決心していたけど出来なかったというのは、とても後悔が残ると思います。学校を卒業すると再び会う機会は無くなるので、自分の気持を伝えられないままだとすごく落ち込みますよね。

告白しなきゃ良かった、という後悔よりも、告白できなかった、という後悔の方が必ず後になってもっともっと後悔すると思います。

卒業式に告白できなかった人はまだ諦めないで!これから踏み出せば良いと思います!まだ思いを伝える方法はあるはずです。

卒業式後に会うのが難しければ、電話がいいと思います。いきなりかけるのは驚かせてしまうと思いますが、『言いたいことがあって』みたいな感じで話を始めれば相手も分かってくれると思います。

いっそのこと、LINEで想いを伝えようかと思ってもそれはおすすめできません。気持ちがあまりよく伝わらないし、気持ちを伝えた相手の顔や声も分からないからです。

また、LINEやメールの告白ならその分緊張しないし、振られた時のリスクは少ないと思いますが、LINEやメールならば相手も緊張しないし、あまり好意がなかった場合、振られる可能性が高くなります。

逆に電話や直接会って伝える告白の方が、受ける側としても好印象ですし、相手も本気で考えてくれると思います。

自分の口から伝えたいという想いがあるならLINE告白は最後の手段として残しておきましょう。

まとめ

二人きりはハードルが高いと思うかもしれませんが、自分の気持ちを伝えるという強い意志があればあまり気にならないでしょう。

告白が成功して多くの方に幸せが訪れますようお祈りします。

振られても春はすぐそこです。新しい出会いがきっと待っています。前向きに生きていればいいことが必ずあるはずです。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!