エンタメ

アメトークで渡部がちくわいんした料理は?レシピや笛のおじさん紹介!

【アメトーーク!ちくわ芸人!】

こんにちは!岡本です。

3月8日(木曜日)の注目テレビ番組は「アメトーーク!」です!

【内容】

「ちくわ大好き芸人」として、博多華丸、大久保佳代子、ケンドーコバヤシ、渡部建、長野博らが登場。「ちくわの評価が低すぎる!」と訴える華丸は、「みんな食いつく“ちくわ”情報」を解説。また、食シリーズ常連の長野は今回もオリジナルのちくわ料理を披露し、渡部と対決する。

▽食材のスーパーサブ「ちくわ」特集▽みんな食いつくちくわ情報▽テレビ初潜入ちくわが出来るまで▽超簡単クッキング▽ちくわ1グランプリ▽ドラマ「ちく王」

【ゲスト】

博多華丸&ケンドーコバヤシ&V6長野博&アンジャッシュ渡部&大久保佳代子&ロッチ中岡&ガンバレルーヤよしこ/相武紗季

(引用:テレビ朝日HP)

ちくわ(竹輪)とはどんな食材?

ちくわは、「魚の肉の練り物」です。タンパク質が豊富に含まれていて栄養価の高い食べ物。魚から余分な内臓・脂質・血液を取り除いてつくった新鮮なすり身を焼き上げたものです。

同じ練り物のソーセージに比べて「低カロリー」で「低脂質」。そのため、ダイエット向きの食材の一つです。ただ、塩分が多めに含まれていることには注意です。

家で魚を調理するのは、忙しい毎日だとなかなか大変です。魚を食べた方が体に良い・・・けど、めんどくさい。どうしよう?って思いますよね。

そんな時にちょうどいいのが「ちくわ」!

ちくわを食べると魚を食べたこととほぼ同じこと。ちくわの評価が低いというのも分かる気がします。では、そんな便利フード、ちくわの料理について紹介します!

様々なちくわ料理

ちくわを使った料理はどんなものがあるんでしょうか?

◆詰め物

塩揉みして補足切った胡瓜を穴に差し込んだり、チーズや納豆を詰め込んだりした詰め物は昔から人気がありますね♪

他にも、ちくわを開いて松かさ焼きのような切り込みを入れて、しそや、ノリや、チーズや、プレーンで、くるくる巻いて楊枝でとめます。お弁当にも夕食にも副菜に便利で好評です。

◆焼き物

立て切りして、おおむね3〜4個に短く切り分け、穴だった溝にチーズやトマトケチャップや豆板醤を加えて、軽く焼く。というのも好評です。

◆炒め物

ちくわを炒めて「ウナギのたれ」でからめるのもおいしいようです。もちろん、醤油炒めもおすすめです!

◆揚げ物

ちくわの穴にポテトサラダを詰め、カレーやバジルなどを入れた衣をつけて揚げる。

◆ちくわの磯辺チーズフライ

ちくわにチーズを積めて、青海苔の入ったパン粉で揚げて、磯部チーズフライ。大好きです。

◆竹輪の梅しそカツ

ちくわに切り込みを縦にいれ、叩いた梅と紫蘇を詰める。好みでチーズを詰める。バッター液を作り潜らせ、パン粉をつける。180度の油で揚げて出来上がり。

◆ちくわ玉子丼

ちくわを上下にきり、広げて、砂糖と醤油で蒲焼き風にし、玉ねぎ、たまごでとじて、玉子丼風にご飯にのせます。ネギを散らして出来上がり。

◆煮詰め

さつま揚げなど、練りもので、甘辛く煮詰めます。素朴な味でおいしい。数日間もちます。

他には、もやしとちくわの、ごまだれ和えなどもあります。アレンジ次第でいかようにも食べれる万能選手、ちくわ。あー、食べたくなってきました!

ちくわ笛の住宅さんとは?

岡山県に「ちくわ笛」で有名な住宅さんという方がいらっしゃいますが、どんな方なんでしょうか?

ちくわ笛の住宅正人さんは「ちくわ笛」の第一人者として活躍。地元、岡山では「ちくわ笛のおっちゃん」として有名です。

「桃太郎のからくり博物館」を運営する「株式会社 遊座立花屋」の社長であると共に山陽学園大学非常勤講師でもあります。芸人は本業ではないようです。

ちなみに、ちくわは竹やエンビ管などと違って非常に柔らかいので見た目より遥かに鳴らしにくく、たまにテレビで芸能人が、いとも簡単に吹いて見せてますが、実は、もの凄い練習をしているそうです。

映画「ジャッジ!」の試写会での公開舞台挨拶では、映画のキーアイテムである「ちくわ」にちなみ映画挿入歌のサカナクションの「アイデンティティ」を熱演し、会場を盛り上げました。ちくわが尺八以上の高音を出しています。すごいっ!

まとめ

ちくわ料理はいろいろありますが、そのままワサビ醤油につけて酒のつまみにするのもシンプルだけどすごくおいしいんですよね。次点で穴にチーズ入れた磯辺揚げかな。

ちくわは冷凍しておけば劣化も少なく保存出来ますからゆっくり食べられるのもいいですね。

アメトーーク!では、博多華丸師匠が激推しする「ちくわ」。食材のスーパーサブの地位から主役へと躍り出るのでしょうか!?ちくわ笛おじさんも登場するようなので楽しみですね!

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!