ライフハック

ナイトライドは都心でブーム?自転車の前後横にライトを複数装備しよう!

こんにちは!岡本です。

僕は昔から自転車が好きでロードバイクや折りたたみ自転車に乗っているんですが、たまに夜、ナイトライドしたいなーと思うことがあります。ただ、夜は一人で自転車に乗るのは危険で怖いんですよね。

なかなかナイトライドできんなーと思っていたら、テレビ東京のワールドビジネスサテライトでナイトライド特集をしてるじゃないですか!

自転車販売チェーン大手のあさひが、自転車で夜の街を走る「ナイトライド」イベントを開きました。

健康志向の高まりや働き方改革の流れを受け、都会のビジネスマンの間でもスポーツタイプの自転車は人気で、あさひにおけるスポーツ車の売り上げは、前年比15%増と好調です。

休日に郊外で楽しむイメージの強いサイクリングを、夜の都心部でも楽しめることをアピールして市場を広げたい考えです。

こうした中、自転車置き場も様変わりしています。三井不動産は3月末にオープンする東京ミッドタウン日比谷の地下1階に、高級自転車向けの駐輪施設をオープンします。

ヘルメットやシューズなどは個別のロッカーに保管でき、利用料は1ヵ月1万4,000円からです。

参照:http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_150871/

都会のビジネスマンに都内の移動のしやすさ、健康志向の高まりを受けて人気のサイクリング。

都心では、駐輪場の数が少ないという問題から、3月29日にオープンする東京ミッドタウン日比谷にロードバイク専用の駐輪施設ができるそうです。

そして、「あさひ」では、自転車の夜の楽しみ方を教えてくれるという内容でした。

自分もやりたいナイトライド。そこで、今回は、ナイトライドをどうすれば楽しめるか、ライトなどの装備や走り方についてまとめました!

ナイトライドのおもしろさ

郊外であれば、夜間の交通量もそれなりにあるけど、ちょっと離れた場所に行くと街灯も少なく、家の明かりも消え、車も走ってない、一人静かに過ごせる時間を楽しめます。

ふと止まって自分の自転車のライトを消せば満天の星空が頭上に広がり、生活音じゃない自然の音だけが耳に入ってきます。

また、都内であれば人混みでギュウギュウした窮屈な思いをせず、自分のスピードで思うままに街中を移動でき、夜のライトで照らされた美しい街並みを楽しむことができます。

ライトをたくさん付けよう

前灯も大事だけど、それ以上に後灯をガッツリつけることを重視する。夜道のしかも山道は後ろからの追突か一番怖い。

夜は横方向にいる人からも動きを視認してもらう必要がありますので、シートステイやシートポストに赤色灯などリアライトを付けたりして横からも確認できるライトを装備しましょう。

僕はシートステイに2個、シートポスト(またはサドルバッグ)に1個取り付けています。オーバーナイトのロングライドでは、さらにヘルメットに1個追加し、合計4個になることもあります。

ヘルメットに付けられるライトもあった方がいいです。自分の見る方向が明るいのは安心します。

全てはロングライド時の安全確保のための装備であり、明るすぎて困ることは何一つありません。

山が近いと猪が出てきてぶつかりかけたこともあるからガツガツ照らすのは大事。できたら、反射ベストも着用しましょう。

おすすめのライト

ライトは、「SMART RL-321」がおすすめ。安いし、点滅パターンが多いのがおすすめポイント。ライトは明るさに目がいきがちだけど、リアライトは点滅パターンがいくつかあるのがいいです。視認性の向上にとって非常に重要です。

街灯の無い場所をロードバイクで走るならCATEYE等のライトもおすすめです。安価なものはダイソーにあります。

明るいライトを持っている知人やナイトライドしている人を捕まえて明るさを感じてみるか、ショップ等でレンタルしている所もあるので、ショップに相談するのもいいまもしれません。

スピードは控えめに

ナイトライドでは昼間の走行よりも落ちてる物や穴に気をつける。落ちているペットボトルを踏んで落車したりします。穴もボコボコ空いているので、気をつけましょう。

速度は出しすぎない。スピードを出しすぎると野良猫やらが飛び出して来たらマジで危ないです。山道は動物に注意!私は鹿と猪に遭遇したことがあります。

ナイトライドの走り方

①できるだけ真っ暗なエリアを通らないようにスケジュールを組む

②ルート上にあるコンビニやファーストフード等のお店を把握しておく

③峠越えを行う時はいつもの8割位の力で登る

④疲れて無くても1時間毎に栄養補給

⑤危ない後続車が来たら「抜かれる直前に左へ避ける」

⑥眠気がさしたら無理せず休憩。

⑦防寒着を忘れずに。朝は寒いよ。

まとめ

ナイトライドは都内で静かな盛り上がりを魅せており、ブームになっているようです。

ナイトライドでは、見えないものが見える・・・らしいです。走ってたら人が立ってたのに、目の前あたりに来たら居なかったことは何度かあるというホラーなことが結構起きるようです。怖いですね。

そんなホラー現象もあるかもしれませんが、ナイトライドの前に、明るいライトを自転車の前後横に装備しておきましょう。備えあれば憂いなしって事です。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!