福岡市内の移動は自転車が大活躍!糸島への春サイクリングのすすめ!

こんにちは!岡本です。

春になると、自転車で爽快な風を感じてみたくなりますよね?

フワーッと頰を撫でるように抜ける乾いた風。たまには自転車のペダルを思いっきり踏んでみませんか。
すごく気持ちいいですよ!

今回は、春の福岡をおもいっきり自転車で楽しむ方法をお伝えします!

スポンサードリンク

◉自転車が市街地への移動で大活躍!

福岡に移住して2年近く経ちました。食べ物が安く手に入り、おいしいものが多いです。特にお魚が新鮮でおいしいです。更に、魚のうまさ以上に嬉しい誤算が!

それは、福岡では自転車を生活の中心に据えることができること。自転車好きにはたまりません!

以前暮らしていた神戸は坂が多い街でした。そのため、自転車に乗る機会は減っていきました。

しかし、福岡移住を機に再び自転車に乗る生活をおくるようになりました。自転車が日常的に利用できるようになった理由は以下の4点です。

①地形が平坦
②天神・博多の中心地へのアクセスがいい
③天神・博多での保管場所が整備されている
④メンテナンスしてくれる自転車屋が多い

まず、福岡は海に面した平らな地形で自転車乗りに適した土地です。特に中心地へのアクセスが抜群!福岡の繁華街・天神近くまで歩行者の側道と自転車道が分かれていて非常に走りやすいです。

スポンサードリンク

◉日常的に自転車に乗る環境が揃っている

私の自宅は『西新』という福岡市営地下鉄天神駅から5駅の場所にあります。自転車で行くと約20分という速さ。信号待ちがなければ15分で行けます。

また、忘れてならないのは大事な自転車の保管場所です。福岡は天神地区を始め博多駅周辺に多くの市営駐輪場があり、100円で利用できます。

ロードバイクなどそれなりに高価な自転車は外出先のどこに駐輪するか問題ですが、福岡はそんな問題が発生しません。

そして、自転車のメンテナンス環境です。福岡は昔から自転車を利用する人が多いらしく、市内にたくさんの自転車専門店があります。

私は近所に親切な店員さんがいる自転車屋さんを発見し、自転車に継続的に乗れると思いました。自転車を日常的に利用する場合、行きつけの自転車屋さんがあるのは大事なポイントだと思います。

今まで東京や大阪にも住んでいましたが、手頃な家賃の街に住んで大都市の中心地へ自転車で20分から30分で行けるのは福岡がはじめてです。

最近は、慣れてきたこともあり、アクセスの良さに感動することは少なくなってきましたが福岡の大きな魅力の一つだと思います。

◉田舎もすぐそこ!

また、少しペダルを漕げば島へ行って海風を感じたり、いなかののんびりした雰囲気を体で感じることができます。大濠公園、志賀島、糸島など休日に日帰りで気軽に遊びに行けます。

これは他の都市では体験できることではなく、福岡オンリーの体験になると思います。

福岡は現在、人口急増に応えるべく道路などが整備されている段階です。今後、側道の整備がすすみサイクリストにとってより走りやすい街になる可能性があります。

自転車が好きな方は移住先の選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか。

Feel the Wind!

春の爽快な風が吹く福岡でサイクリングに出ましょう!

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする