ライフハック

阿里山森林鉄道の全線復旧はいつ?チケットのネット予約方法を解説!

こんにちは!岡本です。

台湾の阿里山森林鉄道が開通106周年!

阿里山森林鉄道は、日本が建てた鉄道で、日本とゆかりが深く歴史もある世界三大鉄道です。

もともと、阿里山森林鉄道は、戦時中に日本の木造建造物(神社の寝殿)や軍艦の甲板を作るために必要な台湾ヒノキを切出し、運搬するために建設されたものです。

スイスから輸入したシェー式蒸気機関車を導入するなど、当時の先進技術を投入して敷設されたものですが、残念ながら、今は、山岳観光鉄道としての使命しか残っていません。

観光鉄道として、いまもなお、人気を誇る阿里山森林鉄道ですが、阿里山森林鉄道が走る沿線の観光地は台北と比べるとあまり日本では知名度が高くありません。なぜなんでしょうか?

日本人の好きな台湾=台北

テレビ・雑誌で「台湾特集」などといっても、そのほぼすべてが台北。台湾の観光地紹介サイトを見ると、台北で食べ歩きなど食べ物メインがほとんどです。他にも素晴らしい場所があるのでちょっと残念に思います。

大人気の観光地、九份や淡水は台北から鉄道で一時間以内。東京からならせいぜい埼玉県の大宮に行く程度の距離なので、アクセスは抜群です。

対して、阿里山鉄道沿線の嘉義、阿里山などの観光地は台北から時間がかかるため、足が運ばないことが多いようです。

それと台湾は地方に行くとどうしても交通手段が限られてくるし、日本語が分かる人も減っていきます。

中国語がないと苦労する場面が増えていくので、観光するのに少し抵抗が出来てしまうのでしょう。

また、阿里山森林鉄道では、長期運休区間があったり、沿線に目立った観光資源がないため、TV番組としては他に組み合わせる題材が少ない点も問題でしょう。

というわけで、「アクセスの悪さ」と「旅としての難易度」「メディアの需要」が阿里山森林鉄道沿線の観光地がクローズアップされない原因と思われます。

阿里山森林鉄道の現状

阿里山森林鉄道の現状はどうなっているのでしょうか?

阿里山鉄道は台風の影響で奮起湖駅から神木駅間の線路が壊れ、2018年現在、嘉義駅⇔奮起湖駅間は営業していますが、奮起湖駅から阿里山駅まで鉄道で行くことができません。阿里山まで行きたいなら、奮起湖駅からバスで乗り継いで行くことになります。

嘉義駅-奮起湖駅-×(不通)-神木駅-阿里山駅-沼平駅-祝山駅

(運良く奮起湖駅前でタクシーが捕まればそれで阿里山まで行くことも可能)

チケット購入方法

台鉄の予約サイトでチケットを予約しておいた方が良いでしょうか?

台鉄の予約サイトでチケットを予約しておいた方が無難です。

阿里山は入場制限があるので、森林鉄道で行くなら一日1便1往復ですから、予約は必須です。予約のために前日に並ぶこともあるようです。自分で行うチケット購入方法は二つあります。

①電話予約→代金を銀行口座へ振込→嘉義駅チケット売場で受領

②嘉義駅チケット売場で購入(当日から三日後のチケットまで購入可)

①はふつうの人には困難

②は当日だと空席があるかどうかは出たとこ勝負。平日の方が購入できるでしょう。また前日の16:00まで窓口は開いているので、前日、嘉義泊にすれば買える確率は少し高まります。

他に往路または復路に阿里山森林鉄道に乗車する、嘉義発の1泊2日ツアーも催行されており、こちらはネット予約も可能だが、最小催行人数という壁があります。

沿線の森林を散策できるのか?

阿里山森林鉄道に乗車したら、鉄道沿線の森林は散策できるんでしょうか?

ごく一般的な散策コースとして、

◆夜明け前に祝山線で阿里山駅or沼平駅から祝山駅へ

◆展望台でご来光鑑賞

◆遊歩道を下ってホテルへ

というコースがあります。

その他には、阿里山駅~神木駅を片道乗車して片道散策。

なお、一部開通している本線(嘉義駅~奮起湖駅)を途中下車して森林散策というのは、運行本数の少なさからして、不可能とは言いませんが、かなり困難と思われます。

高雄から阿里山森林鉄道に乗る場合のアクセス

例えば、台湾、第二の都市、高雄から阿里山森林鉄道に乗ってみたいと思ったらどのようなアクセスになるのでしょうか。

高雄→嘉義→阿里山の経路になります。高雄から嘉義まで1時間以上かかるようです。嘉義は北回帰線のとおる街で、標識塔などもあります。もし興味があれば、訪問もアリです。

◆高雄~嘉義

・高鐵(台湾新幹線、左営駅-嘉義駅)

・台鐵(在来線)

◆嘉義~阿里山

・阿里山森林鐵路(※嘉義-奮起湖の部分運行)

・嘉義縣バス・阿里山A線(高鐵嘉義駅-石棹-阿里山)

・嘉義縣バス・阿里山B線(台鐵嘉義駅-石棹-阿里山)

・嘉義縣バス・阿里山B-1線(奮起湖-石棹、※1本/日のみ阿里山まで延長運行)

嘉義→阿里山へは6時から14時まで1時間に1本の間隔でバスがあります。9:30に嘉義駅へ到着して10:10のバスに乗ると13:00くらいに阿里山に到着すると思います。

新幹線とバスがセットになったチケットをセブンイレブンで買えるようですが、帰りのバスのチケットは当日にならないと発券されないようです。

なので、現地についたら帰りのバスのチケットは忘れずに先に買っておくことをおすすめします。

詳しくはバス会社「嘉義県公車」(05-2788177)まで。

まとめ

3月ということで、阿里山は花季に入ります。この時期は平日週末問わず、人がとても多いと思います。

阿里山は中国人だらけでうるさいかもしれませんが、法輪功の展示してる人々が居たりで面白いです。日本人植林育林関係の資料も豊富です。

嘉儀は民主化デモで犠牲になった方で有名な方がいます。亡くなった方の石碑や、公園で太極拳やってる人を夕食後に眺めるのは興味深いでしょう。

日本人にとって、あまりメジャーではない台湾の阿里山や嘉義。地味ながら見所があります。まだ、行ったことがなければ、阿里山山岳鉄道に乗って、訪問してみるのはいかがでしょうか?

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!