エンタメ

高杉真宙(まひろ)がドラマ「巌窟王」で守尾信一朗役で出演!

今すぐ無料でモンテ・クリスト伯を見るならこちら!

こんにちは!岡本です。

4月19日スタート「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」に俳優の高杉真宙さんの出演が決定致しました!

高杉さんが演じられるのは、真面目で心優しく、復讐心に燃える柴門暖(ディーン・フジオカ )が唯一心を許す相手、守尾信一朗(もりお・しんいちろう)です。

守尾信一朗とは、どんな人物なのでしょうか?

ドラマ「モンテ・クリスト伯」あらすじ

「モンテ・クリスト伯」は復讐劇です。あらすじはこんな感じ。

物語の舞台は、2003年の小さな漁師町。柴門暖(さいもん・だん)は、愛する女性・目黒すみれとの結婚が決まり、幸せの絶頂にいた。そんな中、婚約者を奪おうとする恋敵の南条幸男、出世を妬む同僚・神楽清、ある事情を抱えた警察官・入間公平の保身によって、異国の地の監獄に送られてしまう。

無実の罪で15年間異国の地の牢獄に閉じ込められ、婚約者と自らの未来を奪われた主人公は、2018年、思わぬ幸運で獄中生活から逃れ、巨万の富を手に入れた別人となって舞い戻る。

”空白の15年”を経て柴門は自身の人生を狂わせた南条、神楽、入間にどのような制裁を下していくのか?目黒すみれとの再会は?復讐の先にはどんな結末が待っているのか。壮絶な物語が始まる。

守尾信一朗とは?

守尾信一朗は、ディーン・フジオカさんが演じる柴門暖の恩人の漁業会社社長・守尾英一朗の一人息子です。職員全員からかわいがられ、後に会社を継ぐこととなる真面目で心優しい、明るく素直な好青年です。

信一郎は、序盤のストーリー展開を動かすことになる「ある事故」を機に、若くして父の代理で急遽社長を務めることとなります。会社は経営難になってしまい、負債を抱えて大変な状況になりますが、なんとか会社を存続させるために奮闘します。

また、孤独に自らの復讐へと突き進む柴門が、同じく孤独の中で戦う信一朗が健気に生きていこうとする姿を遠くからそっと見守るという、柴門にとって弟、または息子のように守るべき対象と捉える重要な役どころでもあります。

この役どころが担うもう一つの重要な軸が「恋をしてはいけない相手との悲しい恋」。柴門の仇にあたる入間公平の娘と恋に落ちてしまうんです。柴門にとって、守尾信一朗は息子同然。そんな息子が復讐対象の娘と恋に落ちてしまうんですから、柴門は大いに悩むはず。このあたりの柴門の苦悩する描写がどのようになるのか、楽しみでもあります。

守尾信一朗の原作小説のモデルは?

原作小説がある、モンテ・クリスト伯。守尾信一朗も当然、モデルがいます。その人物は・・・「マクシミリヤン・モレル」です!マクシミリヤンはモンテ・クリスト伯の仇であるヴィルフォールの娘、ヴァランティーヌに恋してしまいます。このロミオとジュリエットのような悲恋は物語の中でも重要な部分でもあり、ストーリーを代表する「待て、しかして希望せよ!」というモンテ・クリスト伯の言葉につながっていきます。

まとめ

「鬼」のように復讐を繰り返す、モンテ・クリスト伯ですが、ストーリーの中で守尾信一朗は唯一、柴門が純粋に相手を思いやる心の交流をする人物。

柴門にとって、恩人の忘れ形見であり、大切な弟のような存在です。高杉さんとディーンさんは擬似的な兄弟関係のようになりますが、モンテ・クリスト伯のドロドロな復讐劇のストーリーの中でどんな人間ドラマを魅せてくれるのか注目です!

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!

今すぐ無料でモンテ・クリスト伯を見るならこちら!