鉄道

ロマンスカーの違いや予約方法解説!新型GSE登場でLSE引退か?

こんにちは!岡本です。

3月17日(土曜日)に新しいロマンスカー、GSE(70000形)が営業運転開始!

ロマンスカー運行開始60周年の節目の年である2017年に新車が登場する可能性があると見てましたが、1年遅れて新車投入となりました!

新車投入で注目を集めそうなロマンスカー。あらためて、ロマンスカーの魅力、それぞれの車両の特徴などを解説していきたいと思います!

ロマンスカーの魅力

ロマンスカーは何種類もあり、予約開始日と同時に最前列を予約すると最前列に座れます。運がいいと当日でも空席あります。一番前のパノラマ展望席は最高ですよ!

ロマンスカーでは弁当はもちろんコーヒー一杯でも座席まで持ってきてくれることに感激!ロマンスカー弁当がこれまた楽しいです。

ロマンスカーの特徴

VSEには展望席やサルーン席、シートサービスにミュージックホーンがあります。白色。

MSEは地下鉄直通の特急。青色。

EXEはほぼビジネス仕様。茶色。

LSEはレトロ。2編成とも塗装が昔の赤色になっています。

やはり、昔からの2階に運転室がある構造を考えれば、VSEがロマンスカーの代表格と言えそうです。LSEは30年近く経過していますので、近いうちに引退になってしまうことが予想されます。

ロマンスカーの名前の読み方は?

ロマンスカーは種類がたくさんあります。LSE、 HiSE、 RSE、 EXE、 VSE、 MSEという名称が付いていますが読み方がわからず、なかなか検索でも探せず困っています。普通に「エル・エス・イー」など英字を読むだけでいいのでしょうか。

基本的にはアルファベットをそのまま読み「ブイ・エス・イー」「エム・エス・イー」と読みます。例外的にHiSEは「ハイ・エス・イー」、EXE「エクセ」と読みます。

3000形「SE車」=Super Express 「エス・イー」
3100形「NSE車」=New Super Express 「エヌ・エス・イー」
7000形「LSE車」=Luxury Super Express 「エル・エスイー」
10000形「HiSE車」=”High decker”,”High grade”,”High level” “High performance” Super Express 「ハイ・エス・イー」
20000形「RSE車」=Resort Super Express 「アール・エス・イー」
30000形「EXE車」=Excellent Express 「エクセ」
50000形「VSE車」=Vault Super Express 「ヴイ・エス・イー」
60000形「MSE車」=Multi Super Express 「エム・エス・イー」

電車の種類の後の数字は何?

ロマンスカーに乗ろうと思い、ネットの予約から空席照会を見たところ、MSE4やEXE10や他にもEXE6などと表示されていますが、この電車の種類の後の数字というのは何を表しているのでしょうか?

後ろの数字は「何両編成で運行されるか」を表します。MSE4であればMSEの4両編成、EXE6であればEXEの6両編成です。

MSEは青色のロマンスカー、EXEは茶色のロマンスカーです。ただしEXEは現在「EXEα」としてリニューアル工事を終えた編成がありまして、リニューアル前の編成と混ざって運行されています。

この編成両数を示すのは、編成両数によって、ホーム上の停止位置が異なっているので、乗車位置が異なってくるためです。

ホームにある乗車位置目標にも、MSE4とかMSE6とか、MSE10とか、同じ車種でも編成の長さごとに乗車位置の表示がされています。

「えのしま号」と「ホームウェイ号」の違いは何?

「えのしま号」と「ホームウェイ号」の違いですが、停車駅はそこまで違わず、ホームウェイ号に新百合ヶ丘駅を通過する列車があるくらいです。

新宿駅を18時以後に発車する下り列車は「ホームウェイ号」

18時以後に発車する上り列車は「えのしま号」です。

新宿駅を18時以降に発車するホームウェイ号は当日の購入だと早々に売り切れてしまう、沿線帰宅客に人気の列車です。

観光目的で江ノ島へ行かれるのであれば、えのしま号に乗られた方が旅行気分も味わえてよいかと思います。

白いロマンスカーVSEで片瀬江ノ島に行けるのか?

白色のロマンスカーVSEは残念ながら通常の運用では片瀬江ノ島に行っていません。

小田急では毎年元日に「ニューイヤーエクスプレス号」と呼ばれる列車が運行されており、今年の元日は片瀬江ノ島行き「ニューイヤーエクスプレス」のうち下りの7号のみVSEで運行されました。

片瀬江ノ島まで運転される「えのしま号」は、通常EXEとMSEしか運用されません。

土曜休日は、今のダイヤだと、すべてEXEとMSEで、新宿12:50と17:50、片瀬江ノ島16:30と19:55がMSE4、新宿19:50のホームウェイ号がMSE6ですが、それ以外はEXEです。

平日は、新宿16:50がMSE10ですが、それ以外は原則EXEです。

極めて稀に新宿17:45、片瀬江ノ島8:42と19:13にMSE6やLSEが入ることがあります。

ロマンスカーの料金設定について

ロマンスカーの料金は、座席位置(前展望とか、一般席とか)で料金は違うのでしょうか?

ロマンスカーは現在5種類の車両が運行しており、車両によって個室があったり、展望席があったりと様々です。ただし、個室(サルーン席)を除いて料金は同じです。

サルーン席は4人掛けですので、4人分の料金となっています。1人~3人でも利用は可能です。

ベビーカーでの利用はできるか?

また、ベビーカーの人はどこの座席を取るとベビーカーを広げたまま人が通る通路を塞ぐことなく座れるのでしょうか?

ベビーカーでの利用は望ましくありませんが、車椅子対応の席がいくつかありますので「空いていれば」そちらを利用することになるかと思います。ただ、多少、冷ややかな目で見られるのは致し方ないかと。

車両限定であれば、VSEという車両の1号車5A~5D、10号車8A~8Dの8席がベビーカーの置ける座席として紹介されています。

予約方法について

私は予約可能となる、乗車日の1ヶ月前の午前10時頃に電話したところ、(後方)の1番前と(前方)の4列目が空いているとのことでした。

予約可能日の受付開始時間になったら電話をし、オペレーターに展望席がいいとか、窓側がいいなど要望を話せば、止まることなくスムーズに空座席確認まで行けると思います。

席取りはほんとタッチの差の早い者勝ちなので、がんばって下さい!

まとめ

ロマンスカーはいつのまにか、たくさんの種類が登場していて、更に新型が投入されるということで、それぞれの違いをまとめておく必要があると思いました。

伝統を守るLSEだったり、ビジネス向けのEXE、地下鉄直通で都内で利便性抜群のMSE、展望席のあるVSE、そして新型GSEと全て特色があるので全部乗ってみたくなります。

春の旅に江ノ島や小田原、箱根に行く計画を立ててみるのはいかがでしょうか。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!