鉄道

エヴァ新幹線が5月に引退!予約方法やツアー解説!夏からキティ?

こんにちは!岡本です。

大人気のエヴァ新幹線「500TYPE EVA」が今年の5月13日に営業終了となります。

あれ?5月13日以降、500系はどうなるの・・・廃車?と思っていたら、なんと、JR西日本とサンリオのコラボで「ハローキティ新幹線」が夏から運行されるようです。

500系にピンク!かわいい!

そこで、今回は営業終了が近づくにつれて、再度注目が集まりそうな「500TYPE EVA」の特徴、予約のとり方、おすすめ撮影ポイントなどを紹介していこうと思います!

500TYPE EVAの概要

「500TYPE EVA」は、JR西日本が500系に施した専用ラッピングトレインです。1995年に放送されたアニメ、エヴァンゲリオンで登場したエヴァンゲリオン初号機をラッピングしています。

外装は全8両がエヴァ仕様になっていますが、内装は1号車と2号車だけです。3~8号車は普通の500系の内装です。

なお1号車は展示・体験ルーム(コックピット体験は要予約)となっていますので、2号車(自由席)に乗車するのがよいでしょう。

発車時刻

博多発 午前6:40分(新大阪行き)

新大阪発 午前11:29分(博多行き)

両方こだまです。1日1往復。

500系はエヴァ新幹線だけしか残っていない?

500形は「500 TYPE EVA」を含め8両編成の64両が在籍しています。V2~9編成となっていて、「ヱヴァンゲリヲン」仕様の500系はV2編成です。また、V1編成は欠番です。

今、16両編成はありません。最後まで残ったW1編成もすでに廃車されています。

どんな仕掛けがある?

新幹線内部は実物大コクピットや、エヴァンゲリオンに登場するキャラクターと写真撮影できるパネル展示などがあります。

コクピット搭乗体験

ma2ma2さん(@ma2ma21223)がシェアした投稿

エヴァ500系新幹線のコックピット体験は新幹線に乗るだけでは体験出来ないのでしょうか?

コクピット体験をするには、JR西日本ウェストカード会員に登録して、特設サイトから応募して当選しないといけません。

また、旅行会社の「500TYPE EVA」旅行プラン申し込みでもコックピット体験できます。

実物大コックピット搭乗体験は2名で申し込み当選すれば申請者と同伴者1名の2名が参加可能です。

ただし、コックピット搭乗体験は身長150cm以上、体重30-120kgの方という条件がありますので、幼児の方の体験は不可能だとお考えください。

なお、コックピットのある1号車の展示・体験ルームへはコックピット搭乗体験予約がなくても入室できます。

エヴァンゲリオンが好きという観点なら、ツアーで乗るのがベストでしょう。ツアーなら確実に1号車のエヴァンゲリオン操縦席にも入れますし、グッズがもらえますよ。

http://www.500type-eva.jp/plan/

混雑状況は?

エヴァ新幹線に座るためには、どれくらい前に並ぶと良いでしょうか?通路に人が立つほど混雑するでしょうか?

激混みということはないと思います。以前、写真を撮りに行ったときもガラガラ空きでもないけど混雑ということはなかったです。休日でもそれほど混雑していないイメージです。

エヴァ新幹線は2、3、7、8号車が自由席です。2号車は自由席でも特別内装車だから流石に人は多いですが、長期休暇中でないなら他の車両は人はあまり多くいません。

むしろ、指定席のほうが混みます。エヴァだから混むというよりもこだま号限定の割引きっぷ利用者が多いためです。

ただ、エヴァ新幹線が終了する5月は混みそうです。

エヴァ新幹線を撮影するには

新大阪駅の20番のりばでお待ちください。博多からのEVA車両のこだま730号は新大阪駅20番のりばに11:14に到着します。この列車はそのまま20番のりばに停車して11:32発のこだま741号で博多へ向かいます。

なお、新大阪駅到着後約10分間は車内清掃のために車内に入ることは出来ませんが、ホーム上からの撮影は問題なく出来るでしょう。ただし、他にも撮影目的の人々もおられるでしょうから、場所取りなどでトラブルがないようにご注意ください。

大阪に近づくほど、建物が多くなるので、いい撮影スポット少なくなってしまいますが、兵庫県の明石以西なら、比較的建物も少なく、いい撮影スポットがあります。加古川に架かる橋とか、姫路の市川に架かる橋などがベストスポットです!

車両の先が尖っているのはなぜ?

エヴァとコラボでおなじみの500系の新幹線は、なぜ車両の先があんなにも尖っているのでしょうか?

車両がトンネルに進入する際に、トンネル内の空気が圧縮されて、反対側で大きな破裂音を生じさせていました。俗にトンネルドンと言います。

500系は登場当初は日本初の300km運転をしていたので、先端を尖らせて、空気を車体の後ろに流すようにして、この現象を起きにくくしました。

まとめ

「500 TYPE EVA」は好評につき2018年5月13日まで運転します。

その後は、JR西日本とサンリオのコラボで「ハローキティ新幹線」が2018年夏デビューする予定です。

ピンクとホワイトのカラーリングが結構いい感じ。リボンのデザインがキュートで女性の人気を集めそうです!

しかし、「インスタ映え」加熱でホームの安全が一層シビアになりそう。エヴァですらヤバいのに。

基本的にかっこいいイメージの500系がかわいくなるのは複雑な気持ちになる人もいるかもしれませんが、鉄道ファンとして、500系が生き延びるのはすごく嬉しいですよね。

まだ「500 TYPE EVA」に乗っていない人は、いつのまにかキティちゃんに変わってしまうのでお早めに!

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!