ライフハック

ソニーのECM-PC60(マイク)はmacで使用できない?

こんにちは!岡本です。

ゲーム実況や、SkypeをしたくてSONYのECM-PC60というマイクを購入しました。しかし、macのオーディオインターフェイスに差し込んで、システム環境設定で録音デバイスを見てみたんですが、マイクが表示されません。デバイスとしてマイクを認識していないようなのです。

macとの兼ね合いが悪いと考えているのですが、調べてもよくわかりません。このマイクはmacで使用不可能なのでしょうか?

ECM-PC60の特徴

Skypeなどのボイスチャットに対応しています。Skypeの他にもWindows Live Messenger、MSN Messenger、Yahoo! Messenger、Google Talkに対応しています。PCで高音質でボイスチャットが楽しめます。

また、コンパクトでスタイリッシュなデザインなのでデスクトップでPCと接続してすっきりと使えます。マイクスタンドは折りたためる構造になっているので、持ち運びにも便利です。

ECM-PC60がmacで認識されない原因

まず、macですが、マイク入力は「ヘッドセット/ヘッドホン端子×1」となっています。端子が一つしかないイヤホン/マイク兼用プラグなら4極ミニプラグです。

ECM-PC60は3極ミニプラグで、プラグインパワー方式です。PCのマイク端子は通常プラグインパワー方式なのでこの点は問題ないと思います。

このマイクはプラグインパワー方式といって、端子から電源を取ります。電源を使って動作をさせる必要があり、電源がとれないと全く動作しないのです。

macのオーディオは基本ライン端子のため、動作しません。そのまま差し込むとイヤホンとして扱われてしまうので、マイクの音は入りませんし、音も出なくなります。

つまり、問題なのは、PC側が4極ミニプラグなのに対して、マイクは3極ミニプラグだという点です。

このままでは、macにつなげても使えません。プラグの変換をする必要があります。

変換プラグ、変換ケーブルを使用すればマイクが使えるようになります。SANWA SUPPLYのMM-ADUSBというUSBオーディオが使えると思います。

それで、感度を高く出来ないのなら、ヘッドセットマイクの方が環境音を拾いにくくていいかもしれません。

パソコンのジャックが2つあるか1つなのか要確認!

パソコンの端子は機種によりいろいろな端子構成になっています。マイク購入の前に、パソコンの取扱説明書を読んできちんと「端子の仕様」を確認しましょう。

「マイク端子」と「ヘッドホンと端子」が2つ独立しているものは「3極端子」です。

「マイク端子」と「ヘッドホンと端子」が1つになっているコンボ端子の場合は「4極端子」です。

マイク音量が小さすぎて困る、ノイズがひどい

ゲーム実況や、SkypeなどでECM-PC60を使おうとすると、音を拾ってくれないことがあるようです。

比較的簡単に音量アップできる方法は、USBオーディオアダプターを使うことです。

オーディオインターフェースでは、【Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2 Creative USBオーディオインターフェース SB-XFI-GPR2】の評判がいいです。Skypeでストレスなく使えるようになるそうです。

また、ノイズがひどいということもあるようです。

ECM-PC60が不良品である可能性もありますが、パソコン内のノイズを避けるためUSB接続のマイクやオーディオインターフェースを使用し、パソコンに取り込むときにデジタル信号とすれば解決するでしょう。

USBオーディオの【PLANEX USB 2.0 → 3.5mmヘッドホン/マイク端子 USB オーディオ変換アダプタケーブルPL-US35AP 】がホワイトノイズも抑えられておすすめです。

まとめ

このECM-PC60というマイクは、「パソコン用マイク」であり、「プラグインパワー」の「3極プラグ」仕様であることを理解しておきましょう。

少し混乱するのは、スマホ用の「4極ミニプラグタイプ」になっているため、macのようなジャックが一つのパソコンにはプラグを変換するオーディオインターフェースが必要です。

ECM-PC60ゲーム実況には向きません。ゲーム実況をするならヘッドセットタイプのマイクの方が口元からの距離が一定になるので周辺ノイズもひろいません。

高音質という付加価値をマイクに求めないならば、最初から適合するUSB接続のマイクを買ったほうがいいかもしれません。

パソコンにもいろいろな種類があり、ECM-PC60のプラグを直接パソコンに差し込んで使える機種もあります。使えないものもあります。

Windowsパソコンでも、マイクとイヤホンが一緒になった「コンボ端子」採用が結構あるので、その場合はそのままでは使用できません。

また、最近はパソコンにマイクが内蔵されていることも多く、別途マイクは必要ない場合があります。

僕はこういうことを調べないで買ってしまいました。今後は気をつけようと思います。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!

補足:パソコンに付いているのは「ジャック」です。マイクの端子は「プラグ」です。