エンタメ

チームナックスとは?チケットの取り方解説!大泉洋ら金スマに出演!

こんにちは!岡本です。

3月23日(金曜日)の中居正広のキンスマはスペシャル!

内容は、「大泉洋・TEAM NACSの真相」です!

大泉洋、安田顕を輩出した北海道では知らない人はいない演劇ユニット、チームナックス(TEAM NACS)とはどんなグループなんでしょうか?

グループの概要から、チケットの取り方をまとめました!

TEAM NACSとは?

TEAM NACSは、札幌市にある芸能事務所「CREATIVE OFFICE CUE」に所属する演劇ユニット。大手芸能事務所アミューズと業務提携を行い「北海道以外の全国区の仕事は、全てアミューズが手がける。」と言うシステムを執っている。

北海学園大学の演劇研究会出身の森崎博之、安田顕、大泉洋、戸次重幸、音尾琢真の5名によって結成。

全国公演やローカル番組をこなし、2000年代後半からは個人での全国区の活動も増えた。
「NACS」の由来は「North Actors Club Special」の頭文字からきている・・・という後付けの設定があるが、実際の「NACS」の由来は、その5人の中で最年長の森崎がとある芝居で「ノックス」という単語を力を込めて「ヌォァックス!!!!!」と発声したところ、それが「ナックス」に聞こえたことによるものである。

この「NACS」という名称は、北海学園大学演劇研究会の中でも独特のオーラを放っていた5人が他の所属メンバーからある程度切り離されたポジションに置かれ、他と区別するためという意味合いも込められていたそうです。

TEAM NACSはどういう流れで有名になったのか?

地元、北海道では20年くらい前は、お芝居を観られる環境が整っておらず、まずは北海道で有名な劇団になろうとしていたそうです。

北海道で1万人のお客さんを呼べる劇団になる。そうすればもしかしたら東京から呼んでもらえるかもしれないし、ということだったみたいです。

結果、その想定通り北海道で人気の劇団となり、東京の劇場からお声がかかって、2004年に北海道と東京で公演を行うこととなりました。

大泉洋が東京で売れたことで劇団も全国区に!

TEAM NACSが全国的に活動を行うようになったのは、大泉洋の役割が大きかったような気もします。

彼の代表作である『水曜どうでしょう』がヒットして各地で放送されるようになり、またレギュラー放送が終了したあと東京でも仕事をするようになりました。

この面白い人は何者なんだ?俳優なの?お芝居やるんだ。なんか北海道で人気劇団らしいじゃん。じゃあ観てみよう。そんな感じでお客さんが足を運び、公演の常連になり、クチコミでもファンが広がっていったようです。

TEAM NACSの本公演チケットを取るには?

今ではなかなか手に入らないTEAM NACSの本公演チケット。予約は必須で、予約をするにはファンクラブに入らないといけません。ファンクラブに入るには本公演の何月前ぐらいまでに入ればいいのでしょうか?

ファンクラブに入る、もしくは先行予約をするタイミングは、本公演が何月にやるのかによるようです。

TEAM NACSのファンに聞いたところ、今までだと、ファンクラブ先行予約は大体3~4ヶ月前のタイミングで始まります。

会報が3月、6月、9月、12月に届いて、その会報に先行予約のお知らせが入っているそうです。

本公演開催の告知が3ヶ月前ってことはないと思うので、告知されてから入会しても大丈夫なような気がします。

TEAM NACSの公演が見たい人はなるべく早くファンクラブに入会して、本公演の先行予約をするのがいいかと思います。

先行予約しても抽選申込みが数日間あるようで、締め切ってから数日後に当落発表期間が何日間かあります。

その当落発表期間中にチケット代金の支払いをしないと無効になるので、早めにチケット代金の支払いをしておきましょう。

TEAM NACSの主な活動履歴

テレビ番組

・水曜どうでしょう「四国R-14」

・ドラバラ鈴井の巣

・ハナタレナックス

・いばらのもり

・おにぎりあたためますか

舞台

・LETTER〜変わり続けるベクトルの障壁〜

・RECOVER〜描き続けるもう一つの結論〜

・FEVER〜眺め続けた展望の行方〜

・再演DOOR〜在り続けるためのプロセス〜

・ESCAPER〜探し続けていた場所〜

・FOUR〜求め続けた奴等の革命〜

・LOVER〜想い続けたキミへの贈り物〜

・WAR〜戦い続けた兵たちの誇り〜

・ミハル

・LOOSER〜失い続けてしまうアルバム〜

・COMPOSER〜響き続ける旋律の調べ〜

・HONOR〜守り続けた痛みと共に〜

・下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。

・WARRIOR~唄い続ける侍ロマン~

・蟹頭十郎太(HTB開局35周年記念 水曜どうでしょうpresents)

・音楽(TEAM★NACS)

・ナックス・ハリケーン

・捻挫した君

・Daydreamer

・おねがい!NACSSUMMER

・いつかNACS きっとNACS

映画

・river(OFFICE CUE代表取締役社長である鈴井貴之の第2回監督作品)

まとめ

今回の金スマスペシャルでは、TEAM NACSの光と影に迫るということで、解散の危機についても語られるようです。5人しか分からない苦労話がたくさん聞けそうで、ファンは要チェックの内容になっています。

TEAM NACSの2018年の東京公演『PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて』が3月から始まっています。

気になった方は、北海道を代表する演劇ユニット「TEAM NACS」の2年半ぶりの本公演に足を運んでみてはいかがでしょうか。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!