乾貴士をロシアワールドカップメンバーに選出?所属チーム紹介!

こんにちは!岡本です。

日本代表候補でスペインリーグのエイバルに所属する乾貴士が同リーグの「ベティス」に来季移籍すると発表がありました!

乾貴士が移籍する予定の「ベティス」とは、どんなチームなんでしょうか?まとめました!

スペイン・プロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長は、エイバルに所属する乾貴士が来季ベティスへ移籍することを事実上「発表」した。

エイバルの主力として活躍を続けてきた乾だが、今季末までとなっている契約は延長せず。夏の移籍市場でベティスへ移籍することが合意に達したと報じられていた。

テバス会長は、今年1月にサウジアラビアの選手たちがリーグ主導の「集団移籍」でスペイン1部や2部のクラブに加入したことについて語る中で、乾の去就にも触れている。スペイン『eldebatedehoy.es』に語った。

「エイバルやレバンテ、レガネスなどのようなクラブには、ある特定の国で注目を集めるような選手がいるようにすることが必要だ。エイバルには乾がいるが、来年はもちろんベティスでプレーすることになる」とテバス会長は話している。

参照:BIGLOBEニュース


スポンサードリンク

◉ベティスとは?

アンダルシアの名門で、1部にいないとリーガ自体に面白みを無くしてしまうような良いチームです。

アンダルシア独特の熱気と、そのサポーターに支えられながら、基本的にサイドの崩しが魅力のチームです。

以前、ホアキンという右サイドを駆け上がるアタッカーとデニウソンという左サイドのスペシャリストの両翼に加えて、マルコス・アスンソンが中央に鎮座し、ビクトル・フェルナンデスの指揮でゴリゴリのサイドアタックを中心とした攻撃的なサッカーを展開し、バルセロナやレアルマドリードを圧倒して勝ったこともあるようです。

スペインのアンダルシア州ではベティスはブルジョア階級(貴族階級)の人たちに人気があり、セビージャは労働者階級の人たちに人気があります。

◉ベティスとセビージャはもともと一緒だった?

ベティスはアンダルシアの同じチームの「セビージャ」とはライバル関係。ライバル関係だけど、ベティスの方が弱いんです。

もともと一緒だったこの2つのクラブ。そこには弱くてもしょうがないって歴史があります。

昔々「セビージャ」が創設されたんだけど、当時は階級意識が高くって、労働者出身の選手と契約しないって定めがあったらしいのですが、そういう考え方に批判的だった一部の役員によって出来たクラブが「ベティス」だったんです。

当然資金はない、選手層も薄くて弱かった。その後、これまた貧乏な学生が作ったクラブ、「バロンビエ」と一緒になって「ベティス・バロンビエ」になったんですが、貧乏同士なので財政は変わる事なく貧乏のまんま。昇格したり、落っこちたり(笑)

でも、わが町の愛するチームの為に、町中の人達が寄付したりして、週末のゲームを楽しみに労働者の皆さんが一週間を頑張るわけです。

スポンサードリンク

◉ベティスのサポーター「ベティコ」の熱さが半端ない!

ベティスのサポーターは「ベティコ」と呼ばれており、サポーターが熱くて有名です。それを示すエピソードがこちら。

・今は禁止されているが、昔のベティコは死んだら遺灰をスタジアムに蒔いていた。

・生前熱狂的なベティコだった人の子は、死んだ親の分のソシオの会費を払い続け、遺影を持ってスタジアムに駆け付ける

つまり、死後もベティコで有り続けたいということ。人生がベティスなんですね。

「昇格する時の喜びと降格する時の悲しみに人生のすべてがある!マドリーやバルセロナの人達が味わえない人生の味じゃ!」

とセリビアの真っ黒に日焼けしたお爺ちゃんがアンダルシアのドキュメントでの一場面で言っていました。

そんなクラブだから、 先祖代々、4代に渡ってベティコって家族も多いんです。すごく愛されていますね!

スペイン人がベティコをあらわす言葉があります。

「ベティス万歳!たとえ敗れようとも」

◉盛り上がる「アンダルシア・ダービー」

セリビアは気候はいいし、食べ物も美味しい。フラメンコに闘牛なんでもござれ!そんな町だから人々は明るく、仲もいい。

でもサッカーだけは今でも、同じアパートの隣同士であろうが幼馴染であろうが、「セビージャファン」と「ベティスファン」に別れ応援してるんです。

そんな経緯のある2つのクラブ、「アンダルシア・ダービー」(又はセビージャダービー)はそれはもう盛り上がります!

セビージャダービーはスペインで最も熱狂的なダービーと言われ、サポーター同士の乱闘や暴力事件、選手やスタッフへの危害なども起き、試合が中断してしまったこともあります。

ぜひ、注目してごらんになったらいいと思います。

◉まとめ

リーガのサポーターは形は違えどみんな愛があります。ビルバオのサポーターはリーガ1の誇りを持ってますし、ラージョのサポーターは試合をお祭りと思っているようです。

その中でも強烈なチーム愛を持つベティスのベティコ。乾が来季、ベティスで活躍してベティコを更に熱くすることを信じています。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする