「ウマ娘」第1話の感想と今後の展開予想!サイレンススズカはどうなる?

こんにちは!岡本です。

スペシャルウィーク、サイレンススズカなど実在する競走馬を擬人化した女の子が走るアニメ「ウマ娘」がおもしろい!

先日、初回特番で第1話、第2話が放送されたんですけど、スペシャルウィークが自分で蹄鉄打ってて笑いました。

母キャンペーンガールと生き別れた生い立ちはいい感じの再現。ウマ耳に当てて電話するなど突っ込みどころ満載です(笑)

他にも外国産馬のエルコンドルパサーが外人だったり、ウオッカが日本ダービーを取りたいと言ったり、ダイワスカーレットが有馬記念を目標にするというセリフがあったりして現実に沿った内容が至るところで表現されていておもしろかったです。

今回は第3話のあらすじから、ウマ娘の今後の展開を予想していきます!

スポンサードリンク

◉第3話「初めての大一番」あらすじ

デビュー戦を終えたスペシャルウィークは良くも悪くもクラスメイトの注目の的に。

スピカの面々と棒立ちに終わってしまったウイニングライブの練習に励む。そんな中トレーナーから日本一のウマ娘になる為の提案が…

第3話「初めての大一番」では、同期のライバルの1頭、セイウンスカイと対決するみたいです。

予告でスペシャルウィークのゼッケンが13番でセイウンスカイのゼッケンが10番だったので話の内容としては、1998年の「弥生賞」になることは間違いないでしょう。

当時の弥生賞はセイウンスカイが逃げて先頭を走り、最後の直線でスペシャルウィークが差し切り勝ち。

スペシャルウィークが1着。セイウンスカイが2着。もう1頭のライバル、キングヘイローが3着になるはずですが、どこまでこのレースをアニメで再現するのか注目です。

◉今後の展開予想(スペシャルウィーク編)

実際のスペシャルウィークの競走成績をアニメでも忠実に再現していくのなら、今後、見所はこんなところです。

①皐月賞でセイウンスカイに負ける

②一生に一度の日本ダービーを5馬身差で勝つ

③京都新聞杯でキングヘイローとクビ差の熱い戦いを繰り広げる

④菊花賞でセイウンスカイに負ける

⑤ジャパンカップでエルコンドルパサーに負ける



⑥宝塚記念でグラスワンダーに惨敗


⑦復活の天皇賞(秋)

⑧モンジューを倒したジャパンカップ

⑨名勝負の有馬記念

こうやって書いてみるとスペシャルウィークって主人公感が凄い!

アニメの主人公でありがちな

ライバルに惨敗する→挫折→パワーワップして復活の勝利!

みたいな流れが競走成績の中にしっかりあるなーと思いました。

スペシャルウイークって主人公にぴったり。アニメのプロデューサーさんすごいな。

スペシャルウィークがドラマチックな競争成績になったのは歴戦のライバル達に恵まれていたことがあげられます。

1998年のクラシックレース(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)を走った同期のライバルはセイウンスカイ、キングヘイローいう強力なライバルがいて、三冠レース後はこれまた同世代のエルコンドルパサー、グラスワンダーという外国産の怪物たちと大レースでしのぎを削っていきました。

後にも先にも、同世代にこんなに才能にあふれた馬がそろう時代はなくて、競馬がすごくおもしろかったなーと覚えています。

ウマ娘では、日本ダービー制覇、復活の天皇賞(秋)、歴史に残る有馬記念の死闘をどのように描くのか楽しみです。

スポンサードリンク

◉今後の展開予想(サイレンススズカ編)

スペシャルウィークはヒーロー列伝的な話になりますが、ウマ娘ってこの先サイレンススズカをどのように描くのでしょうか?

史実の通りレース中に怪我して走れなくなるとか、シリアス展開になるのでしょうか?

僕は結構、その線でいきそうな気がしています。恐らくウマ娘のサイレンススズカも馬のサイレンススズカと同じような状況になるはずです。

サイレンススズカという馬は逃げ馬で、それはもう気性が荒くて元気な馬でした。スタート時にゲートをくぐって出ようとしたくらいです。

そんな元気な印象のサイレンススズカをウマ娘では、かなりおとなしめのかわいいヒロインにしているので、サイレンススズカが死亡まではいかなくても、天皇賞(秋)に相当するレースに出走するも、走れなくなる怪我をしてしまい、サイレンススズカを慕っていたスペシャルウィークがサイレンススズカの意志を継いでG1レースで激走するという展開になりそう。ドラマチックで盛り上がりそうです。

ただ、そうはいっても、せめてアニメの中だけでも、府中のゴールまで走りきった姿を見たいという思いもあります。

ちなみにウマ娘のサイレンススズカにも大逃げのスタイルはちゃんと設定として組み込まれています。

競走馬を擬人化することに賛否両論ありますが、サイレンススズカの事を大勢の人に知ってもらえたらいいかと思います。

スポンサードリンク

◉アニメ「ウマ娘」の課題

ウマ娘は、競馬のオールドファンからしたらニヤニヤが止まりませんでした。

ハルウララは負けても負けてもめげないギャグ要員かな?走るシーンではめっちゃドタドタ走っていた(笑)ウマ娘の性格設定も様々で興味深いです。

私は競馬好きでアニメも好きなので観ますが、競馬に興味ない人にどう競馬を魅力的に伝えるかが結構、重要だと思いました。

サイレンススズカがなんで大逃げをするのかとか、ハルウララが鈍足だったりするのは現実に沿っているからなんですが、競馬に興味ない人は意味不明かもしれません。

また、競走シ-ンは、普通の「短距離走」のノリで、あまりインパクトはなかったのが少し残念。

これからスペシャルウィークが成長するにつれてそのあたりは色々エフェクトが付くのかもしれませんが、ただの一生懸命がんばっているランニングだと盛り上がりに欠けて、あまり人気が出ないかもしれません。

◉まとめ

このアニメが人気になったら、新たな競馬ファンが生まれるだろうし、艦コレのようにカードを作ったり、ゲームを作ったりして競馬をコンテンツにして広範囲に広がる可能性があると思いました。

ぜひ、ウマ娘制作陣にはクオリティの高いアニメを作っていってほしいなと思います。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする