皐月賞2018着順予想!オウケンムーンは3着以内?理由を解説!

こんにちは!岡本です。

皐月賞はダノンプレミアムが回避で大混戦ムード。

断然人気が予想されたダノンプレミアム回避で台頭してきた穴馬の1頭がオウケンムーン

近年、皐月賞で大活躍の共同通信杯の勝馬です。

この馬は人気薄の先行馬なので、ひょっとしたら馬券になる可能性が高いし、儲かるのでは?と予想します!

まずは、共同通信杯のレース回顧をしていきます!

スポンサードリンク

◉オウケンムーンが勝った共同通信杯プレビュー

コスモイグナーツが好スタートを切ってゆるみない流れになった共同通信杯。昨年のデイリー杯を制したグレイルが一番人気だったけど、直線で伸びずズルズル後退。

一方、スタートを決めてインコースを器用に立ち回ったオウケンムーンが長くいい脚を使って優勝!出世レース制し、クラシックに名乗りをあげた。

「インで我慢した。直線では、しぶとかった。馬がしっかり反応したという。この馬の強さは、自信が持てる。リズムよく今日は乗れた」と藤岡佑介騎手はコメント。

タイム1:47.4

残り3ハロン(600メートル)33.5

タイムまぁまぁ。上がり3ハロンのタイムは早い。

どちらかというと、切れや瞬発力タイプでもなく、長くいい脚を使うタイプ。ハイペースのレースになるときついけど、スローで流れるレースになったら強いでしょう。

勝ち馬オウケンムーンは位置取りも良かったです。その位置できちんと折り合えた事が大きなポイントです。騎手の言うことをちゃんと聞く馬だと思うので、距離が伸びても大丈夫でしょう。

しかし、オウケンブルースリ産駒で重賞を勝つ馬が出てくるとは、少しびっくりしました。父のオウケンブルースリの産駒は少ないし、血統的にも地味な血統なので、応援したくなります。

ディープ産駒で評判の高かったサトノソルタスの追撃を振り切るのですから、秘めている能力はかなりのものがあるかもしれませんね。

◉オウケンムーンが皐月賞で3着以内になる理由

サトノソルタス含めて、共同通信杯の上位2頭は皐月賞でも要注意です。

なぜなら、近年の共同通信杯の上位2頭は後の皐月賞、日本ダービーの成績も優秀なので、実績や人気で他馬に劣っていても抑える必要があります。

近年では、スワーヴリチャード、ディーマジェスティ、イスラボニータ、ゴールドシップが共同通信杯を勝って皐月賞も制覇しています。

2015年に共同通信杯を制したリアルスティールは皐月賞で2着だったので、共同通信杯の1着、2着馬は2014年から4年連続で皐月賞の連にも絡む傾向にあるんです。

共同通信杯は皐月賞の最有力ステップレースと言えるでしょう。

◉まとめ

2年前の皐月賞の勝ち馬、ディーマジェスティも共同通信杯を勝ちましたが、あまり人気にならなかったようにオウケンムーンもそれほど人気しないんじゃないでしょうか。

この馬のタイプとしてはメイショウサムソンやサニーブライアンみたいな感じですよね。

勝っても人気にはならないし、鞍上もどちらかと言えば地味なタイプだし。だからこそ本番でも買い!

皐月賞で好走する可能性大なだけに、積極的に狙いたい。

キャリア1戦&休み明けで2着のサトノソルタスも含めて今年の牡馬クラシックで台風の目的な存在になると思います。

オウケンムーンは新潟をレコード勝ちした時から比べるとだいぶ成長していたので、今後も要注目です!

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする