ハリルホジッチ前日本代表監督の記者会見の放送局は?開始時間は?

こんにちは!岡本です。

今週、ハリルホジッチ前日本代表監督が来日し、今回の解任について会見を開くそうです。

いったい、何を話すのか?

内容によっては、サッカー協会が日本相撲協会や、レスリング協会並に揺れに揺れることになるのかもしれません。

今回は、ハリルホジッチ前日本代表監督の発言内容が注目される来日会見の内容、時期を予想します!

スポンサードリンク

◉ハリルの乱!大予想!

これまでの日本代表監督は、解任後、特に波風を立てずいなくなるのが普通でした。

そのため、解任後に会見を開くのは異常といえるでしょう。

普通に考えて、多少、日本サッカー協会がハリルホジッチに非礼があったと考える方が自然だと思います。

おそらく、4月16日から20日の間に来日して、会見はその翌週の4月23日から28日の期間に行われると予想します。

日本サッカー協会もハリルホジッチとの解任騒動は5月のゴールデンウィーク前にけりをつけて、早くワールドカップの準備に入りたいと考えているはずです。

①スポンサーがらみの監督交代だったと暴露

解任理由がコミュニケーション不足以外にもあって、それがハリルホジッチは納得いかないということが考えられます。

一番可能性があるのは、広告代理店絡みの解任だった場合。

ハリルホジッチが日本代表メンバーに選出しない予定の選手のスポンサー(某スポーツ会社など)がベルギー遠征後にハリルホジッチの選手選考等に我慢ができなくなって、サッカー協会に圧力をかけたということも考えられます。

②海外組らのクーデター

香川真司をはじめとする海外組がハリルホジッチを辞めさせるために日本サッカー協会に嘆願書のようなものを提出し、その意を組んでサッカー協会が解任に動いたといううわさもあります。

真意は定かではありませんが、まず、香川真司がワールドカップアジア最終予選中にハリルホジッチの縦に早く、直線的にゴールに迫っていく攻撃は組織的な守備ができないので、戦術の修正をしてほしいとハリルホジッチに申し出て口論になったそうです。

口論したのが本田じゃなかったのが意外です。ただ、その後、本田や長友、川島あたりが香川に同調して、サッカー協会にハリルホジッチ監督のサッカーについて意見し、協会も選手の意見に理解を示し、解任に繋がったという話ですが、どこまで本当なのか。

現実に香川はその後、日本代表によばれていないので、信憑性あるんですよね。

香川が意見して干されてしまっては、他の選手はその後ハリルホジッチに意見したくてもできなかっただろうし、ストレスは溜まっていく一方でしょうね。

監督を信頼できなくて、試合にも全力がだせないなんてことはサッカーではよくある話です。

しかし、その流れを知ったハリルは納得いかないでしょうね。選手にはめられた!というふうに思うでしょう。

3月、本田圭佑は約半年ぶりに代表復帰し、自らの立場が危うくなることを恐れずにチームに欠けているプレーに触れた。

ところが、本田が不在だったときには一度も言及してこなかったにもかかわらず、ここぞとばかりに同調し、主張し始めた選手たちもいた。それもまた、残念な光景だった。

参照:エルゴラッソ

③解任のタイミングに納得いかない

ハリルホジッチは日本サッカー協会の田嶋会長が解任を伝えた時、「何でこのタイミングなのか!?」と怒ったように聞いたそうです。確かにハリルホジッチが怒るのも分かります。

そもそも、ハリルホジッチを解任するタイミングは今まで3回くらいあったと思います。

一番目はワールドカップアジア最終予選が終わった時。最終予選はグループBで首位通過でしたけど、3位のオーストラリアまで勝ち点1差。

ぶっちぎりで予選通過したわけではありませんでした。この予選の内容ではワールドカップではベスト16は難しいと早々に判断できればよかったのに。

次のタイミングが昨年末の東アジア選手権で韓国に4−1で惨敗した時。

選手からは全然戦う気持ちを感じないお寒い試合内容で、あげく試合後の会見で「韓国のほうが力は上だということは分かっていた」という日本代表監督としては耳を疑う発言をしていました。

ここでこいつじゃダメだと西野技術委員長(当時)が判断できていればまだよかったんですよ。

そして、最後の解任タイミングが先のベルギー遠征が終わったタイミング。

このマリ、ウクライナの連戦では、ロシアワールドカップに臨むチームを作り込む作業を始めていないといけなかったのに、まだ新しい選手を呼んで実験をしていました。

試合内容も新戦力の中島翔哉が活躍したくらいでワールドカップに出ないウクライナの強さが逆に引き立つほど。

この低いレベルのゲームだったら解任やむなし!と思いましたが、サッカー協会はハリルホジッチ続投を伝えていました。

しかし、4月になってから、一転してハリルホジッチ解任へ動きました。ほんとに協会は何のためにあるのかと。誰が意思決定しているのか謎です。

ウクライナ戦後に解任を言い渡していればまだすんなり次の監督のチームづくりへ移行できたはずだし、ハリルホジッチへの礼を尽くせたと思います。

スポンサードリンク

◉ハリルに非はなかったか?

今回は日本サッカー協会にも落ち度があるからハリル氏が怒るのは当然だと思います。

解任理由がコミュニケーション不足って…ワールドカップまで残り2ヶ月というタイミングでの求心力低下は解任理由としてかなり弱い。

だって、ハリルホジッチのやるサッカーに納得いかない選手をワールドカップメンバーから外せばいいのだから。

ただ、ハリルホジッチに何の非がなかったというと、そうでもないんですよね。

デュエルと縦に早いサッカーは間違ってはいないと思っています。

ただ、そのサッカーが日本代表にマッチしていなかった、できる選手がいなかったこと。

あとは、ハリルの考えを選手に過不足なく伝える人がいなくなってしまったことがあげられます。

ハリルホジッチを連れてきた霜田正浩氏という方(現レノファ山口監督)がいたんですが、2年前、サッカー協会を辞めて、クラブの監督になってしまいました。

その後は、孤立無援になってしまったハリルホジッチ。

物言いがもともときついので、選手たちの中には嫌いな人もいたのではと思います。

◉放送局と開始時間は?

大注目の記者会見ですが、4月27日(金曜日)15時50分から17時50分までBSスカパーで放送するようです。

前日本代表監督ハリルホジッチ監督の記者会見をノーカット緊急生中継!!
会見終了後はハリルホジッチが日本サッカーに与えた影響を語り尽くす。

[MC]岩政大樹、西岡明彦

[ゲスト]小澤一郎 他

◉まとめ

今回の電撃解任劇の細かいバックグラウンドは分かりませんが、日本代表をワールドカップに導いてくれた監督に対してのリスペクトはあまり感じられません。

もう技術委員長、会長、副会長を一新しないといけないでしょう。

すぐには難しいだろうけれど、サッカー協会の新しい顔ぶれは、藤田、名波、宮本など昔、日本代表で活躍した若手の人達が早くサッカー協会の重役を担うようになってほしい。

学閥を中心とした組織では良くなりません。

昨今、日本相撲協会やレスリング協会発の不祥事の話題が尽きませんが、日本の組織社会の弊害がサッカー協会にも表れている気がします。

ハリルホジッチの来日会見は日本サッカー協会を刷新するいい機会になりそうです。

ここでハリルホジッチには、思ったこと全部言ってほしいです。それが、日本のためになると思います。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする