2018年のゴールデンウィークおすすめスポット関東編!混雑予測も!

こんにちは!岡本です。

ゴールデンウィークが近づいてきましたが、もう予定は決まっていますか?

今年は9連休になる人もいるそうですね〜。うらやましい。9連休あったら余裕で海外旅行に行けそうです。たしか、台湾が人気だそうで。行きたいなあ。

僕は今年は家でだらだらブロク投稿となりそうです(笑)

外出を予定しているけど、どこに行こうかまだ未定の人もいるかもしれません。

忙しいあなたのためにおすすめスポットを調べておきましたので、御覧ください!

スポンサードリンク

◆ゴールデンウィーク混雑予測

ゴールデンウィークの混雑予測によると、混雑のピークは来月、5月3日(木曜日)になるそうです。新幹線は下りが5月3日、上りは5月6日がピーク。

空の便では出国ピークが4月28日、帰国ピークが5月7日。

全日空によると中国路線が前年比約130%となっているそうです。

高速道路は下りが5月4日、上りは5月3から5日の見込み。

◆ゴールデンウィークの天気予報

ゴールデンウィーク前半の高気圧は移動性のため徐々に抜けていくが動きが遅いため、次の低気圧が来るのがゴールデンウィーク後半になる予想が出ています。

1ヶ月予報によると、全国的に気温が高く平均降水量は平年並みとなっていて、5月は比較的天気が悪い傾向にあるとのこと。

ちなみに、ゴールデンウィークの時期は大潮の日が多くなるため、潮干狩をするのに好条件だそうです。

◆9連休の人は以外に少ない?

今年のゴールデンウィークは最大9連休も可能になっていて、大手旅行会社JTBによると、旅行者数は2440万人と過去最高となる見込み。

9連休も可能になっているが、中の2日間を休む人は23%に留まっているデータもあるようです。

サービス業の人は5月1日と5月2日は仕事でしょうし、なかなか9連休にするのは会社勤めしていると勇気がいると思います。

9連休とったとしても、その後、また日常生活に戻るのが大変なんですよね〜。

仕事がんばっている人ほど、9日間休みがあったら、途中で何をしていいかわからないっていう人が多そうです(笑)

スポンサードリンク

◉ゴールデンウィークおすすめスポット(関東編)

東京、千葉、茨城、栃木のゴールデンウィークに行けるおすすめスポットを紹介します!

◆アメリカキャンプ村

おでかけ情報サイト「ウォーカープラス」ではキャンプ場へのアクセス数が1位になっています。

今年注目のスポットは東京都、奥多摩町にある「アメリカキャンプ村」。ここでは、魚釣りやアスレチック、バーベキューなどが楽しめます。

手ぶらで来場してもキャンプが楽しめるというところがグランピングブームも手伝いランキングの上位にきているそうです。

岐阜県関市にある「板取キャンプ場」は予約数が去年の倍になっているそうです。暖かくなるのが早かったことが予約急増の理由のひとつらしいです。

アメリカキャンプ村
http://www.xn--ccksg2ovbo0c7dt270e.com/

◆スペースアスレチック トンデミ

雨でも楽しめる屋内型アスレチック施設もおすすめです。ゴールデンウィークに体を動かしてストレス発散しましょう!

千葉市内にある「スペースアスレチック トンデミ」では、約200坪に広がるトランポリンを始めロープを使ったアスレチックがあり、体を動かすことが出来ます。

落下してもケガをしないようハーネスやヘルメットを装着し、身長110センチ以上の子供はもちろん、大人も楽しめるため評判です。

2017年4月にオープンした「那須の森の空中アスレチックNOZARU」では高さ約11mから滑車をつかって約100mを滑走するというものもあるそうです。

◆国営ひたち海浜公園

茨城県、ひたちなか市にある「国営ひたち海浜公園」は現在、450万本もの「ネモフィラ」を見ようとする客で盛り上がっているようです。

ブルーの絶景スポットとして観光客に人気のネモフィラ畑。

例年、4月下旬からゴールデンウィークにかけて見頃を迎えるそうですが、今年は温暖な気候であったため、開花が10日ほど早まり、すでに七分咲きで見頃を迎えているようです。

(東日本では3月の平均気温が平年より2.5℃高く、1946年の統計開始以来過去最高になっている)

見頃が終わるのも早く、今月で終わってしまう可能性もあるため、観に行く予定の方はゴールデンウィーク前半に行くことをおすすめします!

また、園内ではチューリップも1週間ほど早く見頃を迎えているそうです。

公園の広報係の田代さんは「植物なので仕方ないところはあるが、ゴールデンウィークには新緑が美しくなる」とコメント。

◆あしかがフラワーパーク

栃木県、足利市にある「あしかがフラワーパーク」でもハナミズキや藤の花が早くも見頃となっているそうです。

毎年ゴールデンウィークの前後に開催されている「大藤まつり」はアメリカのテレビ局CNNの「世界の夢の旅行先10か所」に選出されているほどのイベントですが、名物の大藤が例年より10日早く開花してしまったため、まつりの開催を急遽4日ほど早めて開催するようです。

さらに群馬県、館林市のつつじが岡公園の「つつじまつり」も同じような状況になっているようです。

スポンサードリンク

◆マザー牧場

ひつじの大放牧が行われる千葉県のマザー牧場。この時期、牧場では衣替えをしたひつじ、そうでないひつじが入り混じっていて順番に毛刈りが行われています。

今年のマザー牧場はひつじの出産ラッシュ!3月末の時点で約60匹の赤ちゃんが生まれたそうで、現在、すくすくと成長しているそうです。

ひつじの赤ちゃんたちに負けない人気なのが「スコティッシュ・ハイランド・キャトル」。体重が800kgほどあり、角が大きいほどメスにモテるそうです。

ちなみに、千葉県民が選んだゴールデンウィークに行ける千葉のオススメスポットベスト5でマザー牧場は2位。気になるランキングは以下のとおりです。

◆ゴールデンウィークに行ける千葉のオススメスポット

5位は断崖絶壁の「地獄のぞき」などがある鋸山。

4位は広大な敷地に様々な施設がある東京ドイツ村。

3位はGW中にシャチのパフォーマンスが行われる鴨川シーワールド。

2位は羊の大放牧が行われるマザー牧場。

1位は東京ディズニーリゾート。

番外はららぽーとTOKYO-BAY。

◉まとめ

今年のゴールデンウィークは最大9連休で、キャンプ場など屋外で楽しめる施設や、アスレチックなど身体を動かす施設が人気のようです。

健康志向の高まりや「コト消費」がゴールデンウィークを楽しむキーワードと言えそうです。

また、例年、ゴールデンウィークに見頃を迎えるネモフィラ、藤の花などは既に見頃を迎えているので、早めに行くか、別の予定を立てたほうがいいかもしれません。

天気のくずれもそこまで心配しなくてよさそうなので、みなさん、楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする