ニュース

米朝首脳会談の場所はどこになる?開催地予想!トランプは板門店とツイート?

こんにちは!岡本です。

早いもので今年の3分の1が終わってしまい、早くも今日から5月です。

年始から寒かったですけど、いい季節になってきましたね〜。

さて、今年の5月ですが、国内はもちろん、世界的に大きな変化、動きが出てきそうな感じです。思いつく限りでは、

①米朝首脳会談(5月中)

②岡本家ブルーレイレコーダー購入(予定)

③ポケモンGOでラティオスレイド開始(5月9日から)

④500TYPE EVA最後の運行(5月13日)

⑤岡本免許更新(ゴールド)

⑥映画「ピーターラビット」公開(5月18日から)

⑦Jリーグでガンバ大阪VS浦和レッズのナショナルダービー(5月19日)

⑧東京優駿【日本ダービー】(5月27日)

⑨サッカー日本代表VSガーナ代表(5月30日)

⑩ロシアワールドカップ日本代表メンバー発表(5月31日)

ちょいちょい個人的な日程入れていますが気にしないで下さい(笑)5月後半にかけてサッカーと競馬のビッグイベントが予定されています。

ロシアワールドカップの日本代表メンバー発表はかなりの注目を集めることと思います。いったい誰が選ばれるのか!?岡本トピックスでも改めて話題にしようと思います。

この中で世界的な注目を集めそうなのが、①の米朝首脳会談です。去年の暮れあたりに2018年の平昌五輪後は北朝鮮とアメリカは戦争状態になると多くのメディアでささやかれていたので、北朝鮮とアメリカが首脳会談を行うながれになるのは本当に予想外でした。

競馬に例えるなら有馬記念にダイユウサク、日本ダービーにエイシンフラッシュ、エリザベス女王杯にクイーンスプマンテが優勝したくらいに予想外です。

この中で一番ありえね〜と思ったのはエイシンフラッシュのダービー。あんなに、空気読めよ!って思ったダービー馬はいない。今日の話題はがっかり日本ダービーではなかった。すみません。。

今、特に注目されているのが米朝首脳会談をどこでやるか?ということです。開催地が決まっていないので話題になっています。

インドネシアのジョコ大統領は30日、6月初旬までに予定される米朝首脳会談について「インドネシアで開催する準備がある」と述べた。

米大統領は4月30日、6月初旬までに開く予定の米朝首脳会談の開催地について、韓国と北朝鮮の境界線にある板門店を検討していることを示唆する発言をツイッターに投稿した。

トランプ氏は米朝首脳会談に関して「多くの国が開催地として検討されている」と説明したうえで「南北境界線上にある板門店が第三国よりも代表的で重要性があり永続的な場所なのではないか?」との考えを紹介。「少し尋ねてみただけだ!」と締めくくった。

トランプ氏は4月27日の記者会見で候補地を「2カ所に絞った」と述べた。トランプ氏は28日には米朝首脳会談を「3~4週間以内」に開くと発言しており、開催地をめぐる米朝協議も最終局面を迎えつつある。

参照:日本経済新聞

このニュースでは、韓国と北朝鮮の境界線にある板門店が有力となっていますが、インドネシアのジョコ大統領は「インドネシアで開催する準備がある」と述べており、第3国での開催も十分ありえると思います。

歴史的な首脳会談の場所は、結果がどうであれ、開催されれば後の歴史の教科書に載るでしょうね。これほど、エポックメイキングな出来事ってそんなにないですもん。

ということで、歴史的な会談になるであろう米朝首脳会談の開催地を競馬新聞的に予想してみました。

米朝首脳会談開催予定地候補ダービー

本命◉:南北境界線上にある板門店

対抗◯:シンガポール

連下▲:モンゴル(ウランバートル?)

おさえ△:インドネシア

大穴☆:韓国(ソウル)、日本(東京)

けっこう、まっとうな予想であんまりおもしろみないですね(笑)でも、現状、このあたりで考えられているのではないかな〜と思います。

トランプ大統領は米朝首脳会談の場所についてシンガポールを含めた色々な国を検討しているようです。どういう基準で開催地を選んでいるんでしょうかね?

シンガポールやモンゴルが最終候補になっていたそうですが、昨日ツイッターで「平和の家での開催のほうが、第三国より象徴的で歴史に残る場所だろうか」とつぶやいています。

おそらく、板門店だろうけど、平壌でやったらおそらく史上初アメリカ大統領が北朝鮮に足を踏み入れたということで大きく報道されそうです。

まとめ

先週の南北首脳会談のあと、北朝鮮の核問題については、一気に平和的な解決へ期待が高まっていますが、北朝鮮は依然として核とミサイルを保有している現実は変わりないので冷静に見極めることが重要です。

また、米朝首脳会談に向けてアメリカ側がノーベル平和賞欲しさに北朝鮮の理不尽な要求を飲んで合意してしまうのではないかという不安要素もあります。

アメリカ国内で支持を集めたい思惑があるトランプ大統領。米朝首脳会談はパフォーマンスにしてほしくないと切に願います。

開催日程は3週間以内、5月20日前後には行われるのではないでしょうか。5月半ばには世界的に注目を集める米朝首脳会談が行われると予想します。要注目!

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!