ライフハック

母の日(5/13)プレゼントを平均予算から紹介!カーネーション購入は4割?

こんにちは!岡本です。

5月13日の「母の日」の贈り物はもう考えましたか?

ゴールデンウィークが終わって、すぐに母の日になるので、母の日に何かプレゼントを予定している子どもたちは大変ですよね。僕もうっかり忘れてしまうこともあります。

今回は、母の日にまつわるデータから、今年おすすめのプレゼントを紹介します!



プレゼントの平均予算

日本生命保険が行った調査によると、母親にプレゼントを贈ると回答した人は全体の約75%に上り、平均予算は約5500円だった。

母親側が希望するプレゼントの金額は約3200円と、贈る側の予算と2千円以上の開きがあった。

マクロミルの調査によると、贈り物に1万円以上かける人が全体の1割強いるようです。

プレゼントの内容

贈る予定のプレゼントは「花・カーネーション」が36・7%と最も多く、「食事・グルメ」「お菓子」が27・0%。「手紙・メール・絵」は0・8%とわずか。

一方、母親側が欲しいプレゼントは「花・カーネーション」が26・2%、「食事・グルメ」が26・1%、「手紙・メール・絵」が13・9%だった。

「カーネーションを購入しない」と答えた人が6割近くと定番以外への需要も多い。

「プレゼントを贈ってほしい」と答えた母親は16%で、「感謝の言葉を伝えてほしい」(31%)の方が多かった。

アマゾンが4月に実施したインターネット調査では、プレゼント以外に母親がほしいものとして27%が「料理の準備・片付け」と回答。「感謝の言葉」(39%)に次いで多かった。

調査結果を見ると、花や食事といった定番の贈り物が人気だが、母親側は手紙やメールが欲しいとの回答も多く、「金額よりも気持ちを感じられるものが喜ばれる」ということが言えそうです。

そうは言っても、何か感謝の気持ちを形にしたいという方のためにおすすめのプレゼントをご紹介します。

①ハーバリウムの制作キット

ホームセンターのカインズは今年初めて、透明な液体に植物を浮かべて観賞する「ハーバリウム」の制作キット(5980円)を加えた。手入れが不要な上、ドライフラワーにしても楽しめる。見るだけでなく手を動かすことで、記憶に残る贈り物として売り込む。

②アジサイの鉢植え

ホームセンターのDCMホールディングスは人気のアジサイの鉢植えや座椅子を用意。

③ドライヤーや美顔器

大丸松坂屋百貨店は数万円のドライヤーや美顔器もそろえ、美容商品でやや高めのプレゼント需要を取り込む。

④クリスピー・クリーム・ドーナツ

クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社は、母の日に向けて、ママドーナツが入ったセット『ママ ボックス』(6 個入り)を、クリスピー・クリーム・ドーナツ全店において、2017 年5 月7 日(月)~5 月13 日(日)の期間限定で販売。【販売価格】1,210円(税込)※2セット購入の場合は2,200円

⑤男性向け料理キット

アマゾンジャパンはカゴメと組み、「母の日」にちなんだ男性向けの料理キットの販売を始めた。

販売するのは「燻製シーフードトマトパエリアとお手軽スパニッシュオムレツ」(3564円)と「鶏肉のトマトパスタとラム肉を使ったチリコンカン」(3780円)の2種類。

監修は料理研究家の福本陽子氏。「料理初心者の男性でも簡単に作ることができる」「女性が喜ぶ」というテーマで、食材と調味料、レシピをセットにし、料理になれていない人でも手軽に作れるようになっているようです。

まとめ

母の日にちなんだデータとおすすめのプレゼントを紹介しましたが、プレゼントを考える際に参考にしていただけたら幸いです。

いいプレゼントを送れるにこしたことはないけど、プレゼントはものよりも気持ちが大事!一年に一回くらい母親に感謝の気持ちを伝えたいものですね。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!