日本代表がロシアワールドカップでグループリーグ突破する可能性を予想!

こんにちは!岡本です。

ワールドカップを前に多くの人が気になるのは「日本代表はグループリーグを突破できるのか?」だと思います。

大会直前に監督が変わったこともあり、今回のワールドカップでは「3戦全敗だろう」「1点とれればいい」など悲観的な意見が多いですが、そこまで悲観するのもどうかなあと思います。

日本人ならわずかな希望を見出して、自国の代表チームを応援しようではないですか!

ということで、今回は日本代表がロシアワールドカップで戦うH組のグループリーグ展望を中心に語っていこうと思います。

スポンサードリンク

◉グループリーグ展望

初戦のコロンビアは、フランス代表に勝つほどの実力を誇っています。一番、勝てそうと多くの人が思っているセネガルも実力的には日本より上です。

唯一、「ひょっとしたら勝てるかも?」と思うのが、ポーランドです。

レバンドフスキは脅威ですが、彼をマークしきれば得点チャンスが生まれてくるはずです。

日本は南米のチームには弱いですが、欧州のチームに対しては、近年、連動性を使った攻撃や組織的な守備でこれまで強豪のフランスなどに勝つことが出来ています。相性が良い相手と言えるでしょう。

予選リーグでは1勝すればいいと思います。出来ればポーランドに1勝して、後の2試合は厳しいけどドローに持ち込んで、余力残して決勝トーナメントに進んでほしいところ。

1勝2分けだったら最高の結果ですが、1勝1敗1分でもグループリーグ突破が見えてくるでしょう。

◉H組スコア予想

【第1節】
日本は岡崎のゴールで先制するも、ファルカオ、ハメス・ロドリゲスの両エースにゴールを奪われ、コロンビアに1-2で敗戦。やはり、南米は相性が悪い。何とか2失点で済みました・・・。

もう1試合は、ポーランドがセネガルに2-0で勝利。

【第2節】
日本が前線からのプレスを効かせ、ボールポゼッションで優位に立つものの、サイドアタッカー、ケイタのカウンターから1点を失う。

後半40分まで、攻め続けるも得点は生まれず。グループリーグ敗退がちらついたところ、本田からのパスを受けた原口がペナルティーエリアに切り込み、相手DFクリバリに倒される。次の瞬間、主審はクリバリにレッドカードを掲示し、日本はPKを獲得!

ペナルティーアークには既にボールを持った本田圭佑。凄まじい緊張感の中、本田はゴールど真ん中にボールを蹴り込み、日本は土壇場で1点をとる。

試合はそのまま終了し、セネガルに1-1で引き分ける。

ここが踏ん張りどころです!!

もう1試合は、ポーランドが2-1でコロンビアに勝利。

スポンサードリンク

【第3節】
この時点で、
ポーランド : 勝点6 得失点差+3 得点4
コロンビア: 勝点3 得点差0 得点3
日本 : 勝点1 得失点差−1 得点2
セネガル : 勝点1 得失点差-1 得点1

日本に大敗しなければ1位でグループリーグ突破が決まるポーランドは、メンバーを大幅にローテーション。先発メンバーを見ると、レヴァンドフスキがいない!ラッキー!

メンバーを入れ替えてきたポーランドに対して長谷部、本田がゴリゴリ相手攻撃陣を潰し、サイドアタッカーの宇佐美が2点の大活躍!

2-1で勝利をおさめる。
あとは、セネガルとコロンビアの試合結果次第・・・

勝点1ながらもまだ決勝トーナメント進出の可能性があるセネガルが意地を見せ、0-0でコロンビアにドロー!

ポーランド:勝点6 得失点差+2 得点6
日本 : 勝点4 得失点差0 得点4
コロンビア:勝点4 得点差0 得点3
セネガル:勝点4 得失点差-1 得点3

日本は勝点、得失点差でコロンビアと並ぶものの、総得点でわずかに1点コロンビアを上回り、1勝1分1敗でグループリーグ突破し、決勝トーナメント進出!!

こんなにギリギリの戦いしたら、決勝トーナメントで戦う力が残っていなくてベスト16で終わりそうだけど、ありそうじゃないですか?

スポンサードリンク

◉グループリーグ突破のポイント

◆ワールドカップで覚醒するガンバ大阪出身の選手

2002年の日韓ワールドカップのときは、稲本潤一がブレイク。

2010年の南アフリカワールドカップのときは若き日の本田圭佑がブレイク。

ワールドカップ大会中に覚醒する、ドイツ代表でいうクローゼ選手みたいなワールドカップ男みたいな選手が日本代表に出てきてくれたらベスト16行けると思います。

ロシアワールドカップで期待するのは宇佐美と井手口。稲本も本田もガンバ大阪に縁があったので、同じくガンバ大阪出身の宇佐美と井手口がブレイクしてくれたらベスト16に進出する可能性が出てくると思います。

◆フリーキックでのゴール

あと、出てきてほしいのはフリーキックの名手。今の日本代表に決定力のあるセットプレー時のプレースキッカーがいないのはすごく残念なんです。ここ2年ほど、日本代表の試合でフリーキックでゴールが生まれていないとか。

南アフリカワールドカップのときは、遠藤保仁のフリーキックのゴールがあってデンマークに勝つことができました。

数少ないチャンスをゴールにつなげるには、フリーキックの精度を上げるのが大事。今回のワールドカップでは、本田が蹴りそうですけど、彼がフリーキックを譲ってしまうほどのフリーキッカーの出現が待たれます。

◉まとめ

初戦で勝ち点を取れるかどうかでグループリーグ突破の可能性が大きく変わってきます。

初戦のコロンビアは強敵ですが、初戦でコロンビアと当たるのは別の意味でラッキーだと思います。

どんな強豪国も初戦は大変だと聞きますし、前回大会で完勝している日本が相手ならば、絶対に油断があり、逆に付け入る隙はあると思います。

コロンビアは苦手な南米勢で強いですが、前回よりはFIFAランクは下だし、開催地は南米でないし、ハメス・ロドリゲスもファルカオも前回大会から4年分衰えているはずなので勝機は上がっているといえるでしょう。

厳しいとは思いますが、初戦に勝てればグループリーグ突破は固いでしょう。 引き分けで可能性は50%。

負ければ20%以下になる感じで、3連敗もありえます。初戦に負けてもテンション落とさず2戦目以降が本番と思って戦ってほしいです。

相手は強豪ばかりだけど、強豪国が順当に勝ち進まないのもワールドカップのおもしろいところ。日本代表の痛快なジャイアント・キリングに期待しましょう!

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする