青山敏弘の代わりに日本代表に追加招集されるのは誰?ボランチ緊急事態!

こんにちは!岡本です。

中島翔哉、久保裕也、小林悠らはワールドカップの最終メンバーに入ると思っていました。

彼らは現状、ワールドカップメンバー落選とされていますが、ガーナ戦で負傷者が出た場合、もしかすると追加招集があるかもしれません。

ガーナ戦を前に早くも青山敏弘が負傷離脱してしまったので、ボランチのバックアッパーは必須。

ということで、今回はだれが青山の代わりにガーナ戦メンバーになるのか予想しました!

スポンサードリンク

◉青山負傷離脱でボランチの層が薄い緊急事態!

青山敏弘選手が5月20日のセレッソ大阪戦で右ひざを負傷し、ワールドカップ出場が絶望的になりました。

今日、サッカー日本代表から離脱したそうです。期待していただけにショックが大きいです。一番ショックなのは本人なんでしょうけど。本当に悔しいだろうな。

残されたボランチは好調とは言えない山口、長谷部。世界に通用するのか疑問の残る三竿、大島。そして半年近く試合に出ていない井手口。

現状、日本代表のウィークポイントであるボランチ。青山の代わりに選んでほしい選手は若手とベテランで2人います。

◆堂安 律

本職のボランチではないけど、若手だったら堂安律を入れてほしいです。堂安を日本代表で試しても良いんじゃないでしょうか。

オランダのリーグ戦でも10得点以上の活躍をしているから決定力はあると思います。

98年のフランスワールドカップに当時18歳の小野伸二が日本代表に選ばれたように、若い堂安を選出して未来へ続くW杯にしてほしい。

◆遠藤 保仁

ベテランならばガンバ大阪の遠藤保仁。遠藤は怪我知らず。どうですか?西野監督?

2002年のワールドカップでも中山や秋田、川口などレギュラーではないベテラン枠として選出されていた選手がいました。

往年の勢いはないけど、フリーキッカーとしてもまだまだ活躍の余地がある遠藤保仁がこのタイミングで日本代表電撃復帰!というのもおもしろそう。見てみたい。

スポンサードリンク

◉バックアッパー候補の選手たち

◆久保 裕也

ポジション: フォワード

所属クラブ: ゲント/ベルギー

生年月日: 1993年12月24日

サムライブルーでのデビュー戦から四日後に行われたアジア最終予選のサウジアラビア戦で、先発に抜擢された。

重圧がのしかかる大一番でも、裏へのフリーランや献身的な守備など、攻守の両面で存在感を発揮。

◆小林 悠

ポジション: フォワード

所属クラブ: 川崎フロンターレ/日本

生年月日: 1987年9月23日

所属クラブで結果を残すことの大切さ。この言葉を改めて教えてくれた選手。

ここぞという場面での勝負強さや一瞬にして裏へ抜け出す速さなど、Jリーグで伸ばしてきた自身の長所がワールドカップでも活かせるはずだ。

激戦区ともいえるポジションでのスタメン争いだが、それを奪い取るだけのポテンシャルをこの男は持っている。

◆金崎 夢生

ポジション: フォワード

所属クラブ: 鹿島アントラーズ/日本

生年月日: 1989年2月16日

ある時は最前線で体を張り、またある時は左右に流れてボールを受けるプレースタイルはまさにワントップに適任。

日本人離れしたしなやかな身のこなしで起点となり、味方の攻め上がりを促す。

周囲を生かすことに秀でているが、ゴールへの執着心も魅力。泥臭く、そして力強く前へ突き進み、強烈なシュートを突き刺す。

スポンサードリンク

◆清武 弘嗣

ポジション: ミッドフィールダー

所属クラブ: セレッソ大阪/日本

生年月日: 1989年11月12日

ド派手なフェイントや超絶技巧を見せつけるわけではないが、動きを注視すればポジショニングや放たれるボールの質が極めて高いことに気づかされる。

彼にパスが渡れば確実にチャンスに結びつくのも当然の帰結だ。個性豊かなアタッカー陣を巧みに操り、鮮やかに得点機会を演出。黙々と与えられたタスクをこなす仕事人である。

◆中島 翔哉

ポジション: ミッドフィールダー

所属クラブ: ポルティモネンセ/ポルトガル

生年月日: 1994年8月23日

アンダー23日本代表では10番を背負って攻撃をけん引した。切れ味鋭いドリブルと中距離から思い切りよく振り抜くシュートが魅力。

相手にとっては飛び込めばかわされ、引けば打たれるという危険な存在。所属クラブでも得点という結果を残していて、存在感も日に日に高めている。

◆南野 拓実

ポジション: ミッドフィールダー

所属クラブ: FCレッドブル・ザルツブルク/オーストリア

生年月日: 1995年1月16日

チャンスメイクから得点まで攻撃に関わる仕事ならばなんでもござれ。2013年にはベストヤングプレーヤー賞に選ばれ、2015年には若くして欧州行きを選択。

着実な進化を果たし、同年代の中では他を圧倒する経験値と個人能力を得るに至った。秘めた才能が完全に解き放たれたとき、世界中にこの男の名が知れ渡ることとなる。

◆伊藤 純也

ポジション: ミッドフィールダー

所属クラブ: 柏レイソル/日本

生年月日: 1993年3月9日

爆発的なスプリントを武器に大卒初年度からブレイク。より激しい競争を求めて一年での移籍を決断すると、この選択は吉と出た。

持ち前の速さをそのままに、戦術理解度とユーティリティ性を高めてプレイの幅を大きく広げ、相手に脅威を与える選手へと成長。

柏のスピードスターはワールドカップを目指して走り続ける。

◉まとめ

数日前はガーナ代表と戦う日本代表に選出されて時の人となった青山が負傷離脱。本当にワールドカップに出場することは大変なんだなと思い知らされます。

追加招集は今のところ未定のようですが、堂安を呼んでくれないかなあ。絶対、いいプレーをしてくれると思うんですよね。ベテランは遠藤がいいけど、無理なら中村憲剛なんてどうだろう。中村憲剛はいまだにプレーに切れがあるから凄いと思います。

ワールドカップが始まる前にまだまだいろいろありそうです。日本代表の動向、ニュースが入ったらまた記事にしていこうと思います。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする