東京優駿2018で3着に入る穴馬の血統は?過去10年のデータで予想!

こんにちは!岡本です。今日はいよいよ東京優駿!(日本ダービー)!

この世代の有力馬をデビューから追いかけていたので、感慨深いです。

今回は、出走各馬の「血統」と「騎手」から有力馬を検証していこうと思います!

スポンサードリンク

◉出馬表【第85回 東京優駿(G1)】

馬番 馬名 父名 母父名 騎手 評価 血統
1 ダノンプレミアム ディープインパクト インティカーブ 川田 A S
2 タイムフライヤー ハーツクライ ブライアンズタイム 内田 B B
3 テーオーエナジー カネヒキリ クラフティプロスペクター 藤岡康 C C
4 アドマイヤアルバ ハーツクライ バーンスタイン 丸山 C A
5 キタノコマンドール ディープインパクト キングカメハメハ デムーロ S S
6 ゴーフォザサミット ハーツクライ ストームキャット 蛯名 A A
7 コズミックフォース キングカメハメハ ネオユニヴァース 石橋 C C
8 ブラストワンピース ハービンジャー キングカメハメハ 池添 B B
9 オウケンムーン オウケンブルースリ エリシオ 北村宏 C B
10 ステイフーリッシュ ステイゴールド キングカメハメハ 横山典 B B
11 ジャンダルム キトゥンズジョイ サンデーサイレンス 武豊 A B
12 エポカドーロ オルフェーヴル フォーティナイナー 戸崎 A A
13 グレイル ハーツクライ ロックオブジブラルタル 岩田 A A
14 エタリオウ ステイゴールド カクタスリッジ ボウマン B B
15 ステルヴィオ ロードカナロア ファルブラヴ ルメール S B
16 ジェネラーレウーノ スクリーンヒーロー ロックオブジブラルタル 田辺 B B
17 ワグネリアン ディープインパクト キングカメハメハ 福永 B A
18 サンリヴァル ルーラーシップ アグネスタキオン 浜中 B B
スポンサードリンク

◉過去10年の3着以内馬・騎手

2017 1 レイデオロ 牡3 ルメール 57 キングカメハメハ 2人
2 スワーヴリチャード 牡3 四位洋文 57 ハーツクライ 3人
3 アドミラブル 牡3 デムーロ 57 ディープインパクト 1人
2016 1 マカヒキ 牡3 川田将雅 57 ディープインパクト 3人
2 サトノダイヤモンド 牡3 ルメール 57 ディープインパクト 2人
3 ディーマジェスティ 牡3 蛯名正義 57 ディープインパクト 1人
2015 1 ドゥラメンテ 牡3 デムーロ 57 キングカメハメハ 1人
2 サトノラーゼン 牡3 岩田康誠 57 ディープインパクト 5人
3 サトノクラウン 牡3 ルメール 57 Marju 3人
2014 1 ワンアンドオンリー 牡3 横山典弘 57 ハーツクライ 3人
2 イスラボニータ 牡3 蛯名正義 57 フジキセキ 1人
3 マイネルフロスト 牡3 松岡正海 57 ブラックタイド 12人
2013 1 キズナ 牡3 武豊 57 ディープインパクト 1人
2 エピファネイア 牡3 福永祐一 57 シンボリクリスエス 3人
3 アポロソニック 牡3 勝浦正樹 57 Big Brown 8人
2012 1 ディープブリランテ 牡3 岩田康誠 57 ディープインパクト 3人
2 フェノーメノ 牡3 蛯名正義 57 ステイゴールド 5人
3 トーセンホマレボシ 牡3 ウィリアムズ 57 ディープインパクト 7人
2011 1 オルフェーヴル 牡3 池添謙一 57 ステイゴールド 1人
2 ウインバリアシオン 牡3 安藤勝己 57 ハーツクライ 10人
3 ベルシャザール 牡3 後藤浩輝 57 キングカメハメハ 8人
2010 1 エイシンフラッシュ 牡3 内田博幸 57 King’s Best 7人
2 ローズキングダム 牡3 後藤浩輝 57 キングカメハメハ 5人
3 ヴィクトワールピサ 牡3 岩田康誠 57 ネオユニヴァース 1人
2009 1 ロジユニヴァース 牡3 横山典弘 57 ネオユニヴァース 2人
2 リーチザクラウン 牡3 武豊 57 スペシャルウィーク 5人
3 アントニオバローズ 牡3 角田晃一 57 マンハッタンカフェ 8人
2008 1 ディープスカイ 牡3 四位洋文 57 アグネスタキオン 1人
2 スマイルジャック 牡3 小牧太 57 タニノギムレット 12人
3 ブラックシェル 牡3 武豊 57 クロフネ 6人
スポンサードリンク

◉過去10年の3着以内馬の血統系統

開催 1着 2着 3着
母父 母父 母父
17 レイデオロ スワーヴリチャード アドミラブル
キングカメハメハ シンボリクリスエス ハーツクライ Unbridled’s Song ディープインパクト シンボリクリスエス
ミスプロ系 ロベルト系 サンデーサイレンス系 ミスプロ系 サンデーサイレンス系 ロベルト系
16 マカヒキ サトノダイヤモンド ディーマジェスティ
ディープインパクト フレンチデピュティ ディープインパクト Orpen ディープインパクト ブライアンズタイム
サンデーサイレンス系 ヴァイスリージェント系 サンデーサイレンス系 ダンチヒ系 サンデーサイレンス系 ロベルト系
15 ドゥラメンテ サトノラーゼン サトノクラウン
キングカメハメハ サンデーサイレンス ディープインパクト Intikhab Marju Rossini
ミスプロ系 サンデーサイレンス系 サンデーサイレンス系 ロベルト系 ノーザンダンサー系 ミスプロ系
14 ワンアンドオンリー イスラボニータ マイネルフロスト
ハーツクライ タイキシャトル フジキセキ Cozzene ブラックタイド グラスワンダー
サンデーサイレンス系 ヘイロー系 サンデーサイレンス系 グレイソヴリン系 サンデーサイレンス系 ロベルト系
13 キズナ エピファネイア アポロソニック
ディープインパクト Storm Cat シンボリクリスエス スペシャルウィーク Big Brown Pure Prize
サンデーサイレンス系 ストームバード系 ロベルト系 サンデーサイレンス系 ダンチヒ系 ストームバード系
12 ディープブリランテ フェノーメノ トーセンホマレボシ
ディープインパクト Loup Sauvage ステイゴールド Danehill ディープインパクト ノーザンテースト
サンデーサイレンス系 ネヴァーベンド系 サンデーサイレンス系 ダンチヒ系 サンデーサイレンス系 ノーザンテースト系
11 オルフェーヴル ウインバリアシオン ベルシャザール
ステイゴールド メジロマックイーン ハーツクライ Storm Bird キングカメハメハ サンデーサイレンス
サンデーサイレンス系 パーソロン系 サンデーサイレンス系 ストームバード系 ミスプロ系 サンデーサイレンス系
10 エイシンフラッシュ ローズキングダム ヴィクトワールピサ
King’s Best Platini キングカメハメハ サンデーサイレンス ネオユニヴァース Machiavellian
ミスプロ系 ハンプトン系 ミスプロ系 サンデーサイレンス系 サンデーサイレンス系 ミスプロ系
09 ロジユニヴァース リーチザクラウン アントニオバローズ
ネオユニヴァース Cape Cross スペシャルウィーク Seattle Slew マンハッタンカフェ Kingmambo
サンデーサイレンス系 ダンチヒ系 サンデーサイレンス系 ボールドルーラー系 サンデーサイレンス系 ミスプロ系
08 ディープスカイ スマイルジャック ブラックシェル
アグネスタキオン Chief’s Crown タニノギムレット サンデーサイレンス クロフネ ウイニングチケット
サンデーサイレンス系 ダンチヒ系 ロベルト系 サンデーサイレンス系 デピュティミニスター系 グレイソヴリン系

◉日本ダービー(2018)の最終予想!

◆ダービー好走血統に注目!

過去10年の3着以内馬の血統を見ると1番多いのはサンデーサイレンス系の馬です。これらはディープインパクトをはじめとするサンデーサイレンスの直子たちの産駒が日本ダービーで好成績を収めているからです。

2番目に多い血統がミスタープロスペクター系です。キングカメハメハ産駒の活躍が近年目覚ましいです。

そして、注目の血統がダンチヒ系とロベルト系の馬です。

ダンチヒもしくは、ロベルトの血を内包した馬は日本ダービーで好走する可能性が高く、この10年の間にダンチヒ系の馬は5頭、ロベルト系は7頭も3着以内に好走しています。

今回の出走馬でダンチヒ系の馬はブラストワンピース、グレイル、エタリオウの3頭。

ロベルト系の馬はダノンプレミアム、タイムフライヤー、ジャンダルム、ジェネラーレウーノの4頭。

特にグレイルとジェネラーレウーノはダンチヒとロベルト2つの血を併せ持っているので、ダービーで好走するために生まれたような馬です。両馬ともそこまで人気にならないと思うので、魅力的な穴馬だといえるでしょう。

◆近年好成績の外国人騎手は外せない!

ここ3年ほど日本ダービーで好成績な騎手はデムーロとルメールの両外国人ジョッキーです。毎年3着以内の成績はさすがの一言。今回、デムーロはキタノコマンドール、ルメールはステルヴィオに騎乗します。ステルヴィオがやや人気を落としいるようなので、こちらもオッズ的にお買い得と言えるでしょう。

両外国人ジョッキーに続くのが蛯名騎手。ここ6年で2着2回、3着1回の驚異的な成績です。長距離にめっぽう強い蛯名騎手。今回、青葉賞を勝ったゴーフォザサミットに騎乗します。悲願のダービー制覇なるか期待したいところです。

その他に気になるジョッキーはなんといっても日本ダービー6勝の武豊。今回は伏兵扱いのジャンダルムに騎乗ですが、ダービー最多勝騎手の乗る馬を軽視すると痛い目に合うかも。

あとは、大舞台にめっぽう強い池添と岩田。池添は別路線からきた有力馬のブラストワンピース、岩田は血統と切れる脚が魅力的なグレイルに騎乗します。

両者とも既にダービージョッキーで勝負どころは分かっているだろうし、それぞれ1着になってもおかしくない馬で参戦してくるので、虎視眈々とダービー2勝目を狙っていることでしょう。

◉まとめ

これまでの成績はさることながら、ダノンプレミアムの血統はダービーで好走するダンチヒの血を内包していることもあって1着は硬そうです。

対抗はキタノコマンドール。こちらは血統はさることながら、もうひとつの重要なファクターである騎手が日本のトップジョッキーであるミルコ・デムーロが騎乗するところに大きな魅力を感じます。

3番手にブラストワンピース。大一番に強い池添がなんとも心強い。まだまだ底を見せていない馬でオルフェーヴル以来のダービー制覇を成し遂げても不思議はない。

4番手にグレイル。皐月賞では、最速の上がりタイムを出しているのに人気薄です。お買い得といえるオッズは魅力。当初は武豊が騎乗していたこともあり、素質は間違いない。あとは内包しているダンチヒの血の力を開放するだけです。

おさえに蛯名騎乗の青葉賞馬ゴーフォザサミット、皐月賞馬エポカドーロ、スプリングステークス勝馬のステルヴィオ、東京スポーツ杯2歳ステークス勝馬のワグネリアンです。

重賞勝馬ではないけれど、エタリオウも僅差の2着続きで勝負根性に欠ける面があるけれど、ダンチヒの血を内包しています。

グレイル、エタリオウ、ステルヴィオの穴馬が集まった7枠は要注意です。

いや〜今年のダービーは混戦で予想が非常に難しい!その分、あたった時の嬉しさは倍増しそうです。少しでもこのブログを見ている人の予想の参考になれば幸いです。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!

【第85回東京優駿(GI)】
◎ダノンプレミアム
○キタノコマンドール
▲ブラストワンピース
☆グレイル
△ゴーフォザサミット
△エポカドーロ
△ステルヴィオ
△ワグネリアン

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする