日本ダービー2018のワグネリアンの勝因は?血統予想の結果は?

こんにちは!岡本です。

昨日の日本ダービーは、福永祐一が悲願のダービーを制覇したドラマチックなレースでした。心からおめでとうと言いたいです。

ただ、馬券では本命をダノンプレミアムにしたため残念な結果に終わりました。

未来の万馬券をゲットするためには反省が大事!

ということで、今回はワグネリアンの勝因を中心に日本ダービー(2018)を振り返っていこうと思います。

スポンサードリンク

◆ダノンプレミアムを本命にした理由

ダノンプレミアムを本命にした理由は、ダービーで走る血統構成だったことと、これまでの実績、1枠というポジションの良さの3点が決め手でした。

しかし、ダノンプレミアムは最後の直線でワグネリアン含め、まわりのウマにフタをされてタイミングよく出てこれなかったこと、距離が合わなかったこと、そして、レース前にテンションが上っていたことが重なって6着に負けてしまいました。

もう少しスムーズにスパートするだろうと思ったんですけどね。やはり、前を走る人気馬は後ろからくる馬の目標にされるのが辛いところです。

1番人気のダノンプレミアムは休み明けと距離不安があったし、朝日杯を勝った馬はナリタブライアン以降、日本ダービーに勝てないジンクスがあったんですよね。それが破れなかった。

今までのレースぶりからこの馬の力を信じ過ぎたのがだめでしたね。ただ、ダノンプレミアムは2000メートルまでならこの世代屈指の強さを誇ると思います。

◆ワグネリアンを本命にできなかった理由

勝馬のワグネリアンを軸に出来なかったのは、血統的に祖母のブロードアピールがダートの短距離馬だったこと、皐月賞で馬場に恵まれなかったにせよ7着と負けすぎたこと、福永騎手が牡馬クラシックで信頼できないことの3点で勝てないだろうと考えました。

福永祐一は今まで数多くのクラッシックレースに乗ってきて、勝ったのは菊花賞のみ。断トツ人気のエピファネイアで勝ったことが1度あるだけでした。

昨今の外国人ジョッキーや地方競馬あがりの騎手と比べると勝負弱く勝ちきれないイメージで、牝馬クラシックならともかく、牡馬クラシック、しかも日本ダービーで本命にするのはなかなか勇気がいります。

その福永騎手で皐月賞は1番人気ながら7着。見せ場なく負けてしまったので、ダービーでは、本命にできませんでした。

仮に軸をワグネリアンに出来たとして、2着のエポカドーロはともかく、3着はコズミックフォース。これは買えないでしょ。16番人気ですもんねぇ。3連単(17-12-7 )2,856,300円には驚きました。

今回のダービーは難しかったというのが正直な感想です。

しかし、5番人気のワグネリアンを本命にあげて当てている人はいるんですよね。

どのような観点からワグネリアンを本命にできたのでしょうか?

スポンサードリンク

◆ワグネリアンは「調教」の出来がよかった?

「競馬予想TV!」のコアな予想家&トラックマンの市丸、井内、ヒロシの3名がワグネリアン本命だったみたいですね。

「競馬予想TV!」の調教捜査官・井内さんは、ワグネリアンをダービー本命にあげた理由は「調教の出来」。調教がすごく良かったので、本命にしたそうです。

そもそも、皐月賞時の調教は、思いのほか軽めでした。というか、全然やってなかったそうです。皐月賞時はCWでの調教で、さらにめちゃ軽めの調教。これは、テンションを抑えて落ち着かせるという理由です。その調教の結果、皐月賞では7着。いつもと違う調教パターンにして失敗してます。

今回は、坂路で4F目が最速になるペース配分での調教。前走時とは全然違う調教をしています。元の調教パターンに戻しています。その結果、日本ダービーでは見事優勝。坂路の調教をしたことがワグネリアンには向いていたということでしょう。

なので、前走時の調教とまるで違う調教をしていたら要警戒ということがわかります。

◆ワグネリアンの勝因

結果論ですが、東京スポーツ杯2歳ステークスを勝ったときの脚を考えると東京競馬場には確実にあっていました。

そして福永騎手が皐月賞では1番人気でしたが、今回は5番人気と人気がなかったので、プレッシャーを受けずに騎乗できたのが功を奏しました。

また、外枠に行ったせいで負けるのも十分考慮して、一か八かの早め先頭の割り切ったレースができました。

ダービーはここ10年くらい内枠が勝つイメージで、8枠のワグネリアンは不利だろうと思いましたが、8枠も勝ち馬いるんですよね。最近ならマカヒキやジャングルポケットが勝っています。

枠については、完璧な仕上げ、馬が強けりゃ枠順は関係ない!!ということを覚えておこうと思います。

また、前走の重馬場の皐月賞で大敗したので重馬場が苦手と思っていましたが、重馬場の野路菊ステークスを勝っています。

重馬場で負けたというより、中山コースが合わなかったのと、有力馬が後方で牽制しあった結果と考えるのが正解だと思われます。

ワグネリアンの勝因をまとめてみました。

・しっかり調教が出来、速い時計を出せた
・安定した馬体重
・左回りでの安定性(これで左回り3戦全勝)
・福永騎手の素晴らしい騎乗

スポンサードリンク

◆日本ダービー(2018)の反省

エポカドーロも皐月賞馬なのにあまり人気ない。こんな時ほど勝負になるレースは過去にたくさんありました。買えない馬券ではなかったかもしれません。

終わってみれば皐月賞の1番人気と皐月賞馬の決着。

ワグネリアンはG1で一番人気になった馬だから能力的に十分買えた。買わなければいけない馬でした。

あんまり難しく考える必要なかったんだろうけど、それを当てるのが難しい!

競馬は当たり外れも大事ですが、あーでもない、こーでもないと予想するのが楽しみですよね(笑)。

◆ダービー2着のエポカドーロは前途有望!

今回のダービーは、エポカドーロの強さが際立ちました。追いすがるワグネリアンがなかなか抜けませんでした。

残り100メートルくらいまではエポカドーロが先頭を走り続けていて、2冠馬に輝く瞬間は目の前までやってきていました。

結果は僅差の2着で惜しくも負けてしまいましたが、ダービー2着馬はその後出世する可能性が高いです。

エポカドーロは今までのダービー2着馬と比べてもかなり期待できそうです。先行力は相当なもの。

距離も壁がなく、自分でレースを作れるので相当な器ではないかと思います。

ワグネリアンは血統的に3000メートルの菊花賞は厳しそうで、出ない可能性が高いです。

ワグネリアンがいない菊花賞にエポカドーロが出たら余裕で勝ってしまうのではないでしょうか。

また、皐月賞を勝っているので、中山競馬馬で行われる有馬記念も陣営の狙いに入っているでしょう。今後のエポカドーロの活躍は見逃せません。

◆まとめ

今回のダービーは難易度の高いダービーでした。数頭を除いては、どの馬が勝っても不思議ではなかったですからね。

「競馬予想TV!」の調教捜査官・井内さんの調教評価は物凄く参考になりそうなので、今後チェックしてみようと思います。

さて、来週からはまた来年のダービー候補の若駒たちがデビューします。未来のダービー馬はどの馬なのか、見つけるのが楽しみですね。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする