サッカー日本代表応援テーマソング7選!2010〜2014年の曲に再注目!

こんにちは!岡本です。

ロシアワールドカップ開幕迫る!

4年に1度の熱狂と興奮に包まれる約1ヶ月の戦いが始まります。

盛り上がり必至のワールドカップですが、その熱をさらに盛り上げるのが大会テーマソングなどの音楽。

そこで、今回はサッカーファンはもちろん、多くのスポーツファンのテンションが上がるJ–POPをご紹介します!

スポンサードリンク

◆VICTORY / EXILE

2010年に南アフリカ共和国で開催されたワールドカップで日本代表への熱い思いを込められて製作された応援ソング。スタジアム全体が一体になって盛り上がる名曲です。

◆NIPPON / 椎名林檎

ワールドカップイヤーの盛り上がりが最高潮へと向かっていく中、ナンバーワンサッカーアンセムと言えばこの曲!まさにこれから迎える「勝負も時」、勝ちに行かんとする強い意思を表した、高揚感溢れる1曲。

◆Hero / 安室奈美恵

明日への希望や勇気を与えてくれる応援歌!あらゆる感動的なシーンを演出し、多くの人々の記憶に残る名曲中の名曲。ブラジル五輪テーマソング。

スポンサードリンク

◆タマシイレボリューション/Superfly

2010年、サッカーテーマ曲として書き下ろされた名曲!選手を後押ししてくれるような力強い応援ソングは日本中に多くの人に元気を与えてくれました。「松井、仕掛ける。数的優位を作る。本田だあ!チャンスになったーー!日本先制てーーん。」日本代表の躍進がフラッシュバックする。

◆見たこともない景色/菅田将暉

大人気俳優、菅田将暉のソロデビューシングルは、サッカー応援ソングとしてテレビ、CMでおなじみの1曲!疾走感がすばらしい。がむしゃらに頑張る全ての人の背中を押す応援歌。

◆fantasista / Dragon Ash

タマシイレボリューションの次に人気なワールドカップ公式応援ソング。なぜか爽やかであっさりした曲が採用されやすい公式にあってかなり正統派寄りの熱い曲。

スポンサードリンク

◆勝利の笑みを 君と / ウカスカジー

ミスターチルドレンの桜井さんとGAKU-MCさんのユニット“ウカスカジー”が制作した、『勝利の笑みを 君と』は2014年にサッカー日本代表の応援ソングとして作られました。この楽しそうな感じがたまらなく良い!スポーツやってる人にはこれ以上ない程の心強い歌詞とメロディ。2014年のブラジルワールドカップはこの曲で快進撃を期待したが、残念な結果に終わった。2018年こそ。

◆まとめ

これまでに日本で使用されたサッカーにまつわる公式テーマソングやCMソング、地上波サッカー番組の使用曲は名曲が多いです。サッカーファンでなくても楽しめると思います。盛り上がること必至なので、ぜひこの機会に聞いてみてください。

ワールドカップ前にテンション上げていきましょう。勝利のために欠かせない音楽がここにはある!

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする