サッカー日本代表コロンビア戦スタメン予想!ファルカオとハメスに要注意!

スポンサードリンク

こんにちは!岡本です。

6月19日(火曜日)、21時(日本時間)に運命のコロンビア戦が始まります!

グループリーグ突破がかかる大一番!初戦にしてクライマックス。ここで負ければほぼ終わりの「本当に負けられない戦い」が始まります。

気になるのはスターティングメンバーです。いったい誰がスタメンに名を連ねるのでしょうか?

◉コロンビアとはどういうチーム?

西野監督「さあ、ワールドカップ初戦だ」

選手「・・・」

西野監督「いや、おれからは何もないぞ」

選手「・・・」

西野監督「森保!」

森保コーチ「はい」

森保コーチ「コロンビアとはどういうチームなのか説明します」

「システムは4−2−3−1」

「しかし、攻撃時は2−4−3−1にフォーメーションを変えてきて前がかりになった時の速攻が脅威です」

「ワントップのファルカオめがけてボールを集めてくるので、裏に抜けたファルカオへのロングボールは要注意です」

「守備については、ダビンソン・サンチェスとミナの両サイドバックを中心としたディフェンスは安定しており、そう簡単には崩せません」

「キープレーヤーは、ハメスロドリゲス」

「前回大会もやられていますが、ハメスが前を向いてボールを持った時は必ず決定機を作り出すことができるので、特にケアしてください」

「ハメスロドリゲス、ファルカオ、クアドラードなど攻撃陣の個の力でポゼッションとカウンターを臨機応変に使い分ける・・・それがコロンビアというチームです」

スポンサードリンク

◉コロンビア戦スタメン発表

ちーちゃん
前3枚は右から武藤、大迫、乾
ちーちゃん
トップ下に香川
ちーちゃん
ダブルボランチの右に長谷部、左に山口
ちーちゃん
4バックは右から酒井宏樹、吉田、昌子、長友
ちーちゃん
キーパーには東口!

フォーメーション:4−2−3−1

ーーーー大迫ーーーー
乾ーーー香川ーー武藤
ーー山口ー長谷部ーー
長友ー昌子ー吉田ー酒井
ーーーー東口ーーーー

◉コロンビア戦スタメン予想

スターティングメンバーはパラグアイ戦に勝てた縁起のいいメンバーが中心になると予想しました。

パラグアイ戦で先発だった柴崎に代えて、キャプテンの長谷部、植田に代えて吉田麻也、遠藤に代わって酒井宏樹、酒井高徳に代えて長友。岡崎に代えて大迫。

西野監督はトップ下は本田ではなく、香川に任せるでしょう。パラグアイ戦ではっきりしたと思います。香川はこの大一番で点をとってほしい。日本代表の10番はおれなんだ!ということを示す最高のステージです。やってくれるはず。

香川と連携がとれる乾はやはり貴重な戦力です。パラグアイ戦のMVPは乾で間違いなく、ロシア大会のキーマンになりそうな感じです。年齢的に見ても若手ではないし、大活躍を期待したいです!

懸案だったゴールキーパーも川島ではなく、東口に任せるはず。東口は日本代表の実績が乏しいけど、ガンバ大阪が誇る勇気とタフネスの男。神がかったセーブを連発してくれ。

Starting Member
GK 12 東口 順昭
DF 22 吉田 麻也
DF 3 昌子 源
DF 19 酒井 宏樹
DF 5 長友 佑都
MF 17 長谷部 誠
MF 16 山口 蛍
FW 13 武藤 嘉紀
MF 10 香川 真司
MF 14 乾 貴士
FW 9 大迫勇也
スポンサードリンク

◉まとめ

パラグアイ戦で4ゴール取れたのは収穫。本番に向けて良いテストマッチになったと思います。未勝利のままワールドカップに入るのと、勝っていてワールドカップに入るのでは全然違いますからね。

対ガーナ、対スイス、対パラグアイと観ましたが日本のチームがどういう風にグループリーグを戦うつもりなのかが分からないままなので、初戦のコロンビア戦のスタメンは、正直読めない。

これはこれで相手を錯乱させる意味でも良いと思う。

まずはコロンビア戦で何が起こるのか楽しみですね。

ロシアの奇跡を起こせ!ニッポン!

最後までブログを読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする