サッカー

サッカーW杯2018日本代表セネガル戦採点!乾の評価は?ドロー考察!

こんにちは!岡本です。

日本代表VSセネガル戦は2度リードされる厳しい試合展開でしたが、粘り強く追いつき勝点1をゲット!勝てた試合でもあったけれど、大崩れしなかった日本代表を評価したいと思います。

グループリーグ突破は次戦、ポーランド戦にかかります。

内容のあるドローに終わったロシアワールドカップ2戦、セネガル戦の感想をイタリアの新聞、ガゼッタデッロスポルト風に採点してまとめました!

採点の評価基準

10点:最優秀 (eccellente)

9点:すばらしい (ottimo)

8点:かなり良い (distinto)

7点:良い (buono)

6点:及第点 (sufficiente)

5点:悪い (insufficiente)

4点:かなり悪い (grave insufficiente)

3点:過度に悪い (estremamente negativo)

ひとりの選手が「可もなく不可もないゲーム」をすれば、6。その中でどれだけのプラス要素、あるいはマイナス要素があるか、それによってその日のパジェッラ(通信簿)が決まっていく。

採点(日本代表 VS セネガル代表)

【西野ジャパン】

川島 失点は低い位置へパンチングしたためで、大きなミスであったことは間違いない 5

長友 前半の同点ゴールは長友が左サイドでボールをキープできたから。躍動感あるオーバーラップは質が高かった 6.5

昌子 最後尾から、前線へのスルーパスで攻撃の起点にもなっていた 6

吉田 猛烈なマネのスピードは脅威だったが、酒井らと連携して、しのぎきる 6

酒井 マネとの重要なマッチアップを任されたが、タスクを全うした 6

柴崎 後半、決定的な大迫へのパスなど、ほとんど攻撃の起点になっていた 6

長谷部 キャプテンとして奮闘。出血しながらも集中力を切らさずにいた 6

香川 悪い出来ではなかったけど、相手の脅威にはならなかった 5.5

乾 前半、数少ないチャンスをものにした。2点目もアシスト。最高の働き 7

原口 守備の貢献が光った。もう少し攻撃に絡みたかった 5.5

大迫 後半、柴崎からの決定的なセンタリングを合わせていれば 6

本田 途中交代から見事な同点ゴール。ゴン中山に匹敵するスーパーサブ 6.5

西野朗 2失点目のあとに素早く本田、岡崎を投入し、本田が結果を出す。ガンバ大阪黄金期のような勝負勘が冴え渡る 6.5

まとめ

ワールドカップは結果が全て。終始リードされる展開でしたが、2点も追いつけたのはチームのたくましさを感じました。

乾は初戦のコロンビア戦に質のいい動きをしていましたが、もっとできると思っていました。セネガル戦に決定的な働きをしてほしいと期待していたところに2点に絡む大活躍。この試合のマンオブザマッチにあげたいと思います。

セネガルのマネは決定的な仕事はできなかったと思います。それだけでも日本は勝ちに等しいのではと思う。

末恐ろしさを感じたのはニアン。2点目に絡んだ一瞬のスピードはさすがアフリカン。追いつけないですね。今後、セネガルの柱になってくる選手だと思いました。

2戦を終えて勝点4。勝てた試合でしたが、悪くない結果です。

ポーランド戦にグループリーグ突破がかかりますが、この勝点1は大きい。負けなかったのがすごく大きい。チームの成長を感じます。

日本代表がグループリーグ突破をかけて戦うポーランド戦は28日の23時キックオフ!必見です。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!