サッカー

サッカー日本代表新主将は吉田麻也?歴代キャプテンの特徴を受け継ぐ有力候補?

こんにちは!OKAMOTOです。

3大会連続で日本代表の主将を務めていた長谷部誠が代表引退をするという報道が出ています。

浦和レッズの若手時代から彼を知っていましたが、まさか日本代表の主将を10年以上務める選手に出世するとは思っていませんでした。

いろいろ大変だったかと思いますが、お疲れさまでしたと言いたいです。

さて、長谷部がいなくなった日本代表で次に主将に指名されるのはいったい誰でしょう?予想してみました!

2022カタールワールドカップ日本代表主将予想

候補① 吉田 麻也

代表期間の長さ、歴代の日本代表主将はセンターバックの選手が多いことから最有力。4年後は33歳で、サッカー選手のキャリアも豊富になるはず。長谷部代表引退に泣く姿が印象的でした。

ロンドンオリンピックの時もキャプテンとしてしっかりチームをまとめていましたし適任だと思います。人当たり良くユーモアもありお茶目な方だと思いますし、コミュニケーション能力に長けていると思います。

候補② 長友 佑都

長友は4年後のカタール大会に出る意思があると表明していたと思います。サッカー選手としての経験は吉田以上なので、若手の台頭がなければ長友主将あるかも。

候補③ 柴崎 岳

遠藤保仁の後継者として、ロシアワールドカップで確固たる成績、結果を残した柴崎。カタールワールドカップまでのボランチのファーストチョイスは柴崎になるのは確定的です。おとなしめな性格がどう出るか分かりませんが、今後、多くの日本代表の試合に出ることが予想されるので主将を担当してもいいと思います。

候補④ 植田 直通

まだ若いけれど、センターバックの有力候補。昌子とともに成長が期待されます。

候補⑤ 昌子 源

吉田が怪我で出れなくなった場合のセンターバック第一候補が昌子。海外で経験を積んで副主将としての立場でカタールに臨んでほしい。

今までの日本代表歴代キャプテンはどんな人?

新主将も気になりますが、今までの日本代表の歴代のキャプテンはどんな人だったんでしょうか?

①長谷部誠
②宮本恒靖
③森岡隆三
④井原正己
⑤柱谷哲二

①長谷部 誠

浦和レッズ時代から見てますが、単純に年相応に落ち着いてきたなと感じます。元々資質があったから主将になれたんだろうけど、長谷部の場合は、地位が人を作った部分も大きいと思う。人格者。真面目で、性格の良さそうなところがにじみ出てる。周りも支えてあげないと、っていう雰囲気になる。

②宮本 恒靖

現ガンバ大阪U-23監督。ワールドカップ日韓大会の日本代表キャプテン。うまくチームをまとめ上げられたかと言われれば少し疑問です。ガンバ大阪ではよかった。日本代表で中田と他のメンバーとのギクシャクした関係が最後まで弊害として残っていました。

③森岡 隆三

現ガイナーレ鳥取監督。彼はワールドカップ日韓大会直前や本大会中怪我に苦しんでいたので、キャプテンとしての印象は一番薄い存在ですね。能力は申し分ないのですが。

④井原正己

現アビスパ福岡監督。アジアの壁と評された守備には定評がありました。ドーハの悲劇を経験し、その後、ファルカン・加茂・岡田と監督がコロコロ変わる中、派手さはないけれどもチームの精神的支柱として支えたことは評価できます。

⑤柱谷 哲二

1993年のアメリカワールドカップ予選を戦った日本代表キャプテン。彼の強烈なキャプテンシーがチームをまとめ上げ、オフトのやろうとするサッカーを体現し、日本サッカー史上初めて宿敵・韓国を破る快挙(ダイナスティカップとW杯アジア最終予選)、アジアカップ初制覇、W杯アジア1次予選を無敗で突破し、最終予選であと一歩の所まで行けたんだと思います。

まとめ

僕が歴代主将の中で好きだったのは柱谷さんです。闘将という言葉がぴったりの選手でした。

井原さんは冷静、宮本はかっこいい、森岡は強面だけど優しそう、長谷部はだれからも愛されるみたいに主将といってもいろんな個性がある人が任されていることが分かります。

おそらく、次の主将は吉田麻也。今までのキャプテンの中で一番海外経験が豊富な選手です。長谷部のように愛されキャラですし、宮本や森岡のような冷静さも持ち合わせています。これに柱谷さんのような闘将的なオーラが追加されれば怖いものはないでしょう。

ぜひ、吉田新キャプテンに今後の4年間、がんばってもらいたいです。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!