福岡

大濠花火大会の穴場スポットと場所取りについて!アクセス情報も!

大濠公園で開催される毎年恒例の西日本大濠花火大会の開催日が迫ってきました。観客数は45万人にも及ぶ花火大会ですが、ゆっくり座って見たい!という人のために、今回は穴場スポットや席取りを始める時間、持っていくと便利なものをご紹介します。

穴場スポットはどこ?

自分も大濠花火大会行きますが、あそこはレジャーシートで早めに行って場所取りをすることをオススメします。打ち上げられる場所と見えやすい角度も確認しておくべきです。

大濠公園内にあるスターバックスから見て右手側が打ち上げ場所になるので、その周辺で場所取りできるとベストです。遮るものがないのでおすすめです。

NHK口から美術館あたりなら、仕掛けやナイアガラもよく見えますよ。大濠公園の中にある子供の遊具がある公園付近なんかもいいかも。

大濠公園は打ち上げ場所でもあるので、臨場感抜群ですが、大濠公園に行かないと花火が見られないわけではありません。

打ち上げポイント直近につき、真上を見上げる角度になり、首が疲れる大濠公園内よりも、周辺施設(ビル屋上なら尚よし)からの見物が、落ち着いて見られるという意見もあります。

大濠公園から離れるけれど、西公園やヤフオク!ドームも穴場と言えば穴場。でも、ヤフオクドームだと花火が少し小さく見えるかな。

あと、舞鶴公園のお堀の辺りも穴場と言えます。他には、中央区今川のスポーツバー、バイエルン福岡からドイツ料理をつまみながら花火見物というのもできるみたいですね。

場所取りを始める時間は?

場所取りは、早い方でしたら2~3日前から席取りされてる方もいらっしゃいます。みなさん思い思いの場所にレジャーシートをガムテープなんかではっつけています。

さすがに2~3日前は難しいと思いますが、当日の10時くらいから場所取りできるとベストです。お昼からでは良い場所はないかもしれません。

それに、相当な人出ですから、場所取りした場所に無人になるなら、戻ってきた時に、見知らぬ誰かがいる可能性は高いでしょうね。

当日は、18時くらいからボチボチ人が増えてきます。適当な場所で立ち見でいいのであれば、夕方から行っても見れます。

持っていくと便利なものとしては、ビニール風呂敷。尻引きにもなるし雨の時、避難する為の傘代わりになります。

レジャーシートでも良いです。但し、大きくなるのでバックがパンパンになります。

前日から大濠公園では席取りなどで賑わいますので、そう簡単には良い場所では花火は見れません。確実に花火を良い場所で見たいなら有料席があります。

隣接の平和台陸上競技場が有料解放されるので、そこはどうでしょうか!?(有料席は仕掛け花火が見えないのでご注意!)
第56回西日本大濠花火大会 有料観覧席 /平和台

福岡タワーなどの選択肢もありますが、やっぱり室内では迫力に欠けますので、やっぱり外がオススメです。

詳しくは大濠公園花火大会の公式HPをご確認してください。

アクセス

アクセスについては、地下鉄だと、天神駅から大濠公園駅まで2駅で5分ほどの所要時間です。

花火大会当日は平日で退勤時間帯とも重なるので混雑しますが、当日は臨時列車も運行されて平常よりも多く電車がやって来ますので、待ち時間もそう苦にはならないと思います。

歩きだと天神駅から30分ほどかかりますし、夕方といっても暑いので、あまりおすすめはできません。

西鉄バス(190円/約10分)もありますが、地下鉄以上に混雑し、渋滞も予想されるので、電車で大濠公園に行くことをおすすめします。

電車で大濠公園駅に着いたら、会場へ向かう前に帰りのきっぷを先に購入しておいた方がいいです。

大濠公園駅の券売機は数が少ないので、事前にきっぷを買っておかないと帰りに混雑してしまってすごく時間がかかります。

車で来る場合は、都市高速は内回り西公園付近を先頭に19時頃から渋滞します。

外回りも百道から渋滞するようです。当日は周辺で交通規制が実施されるので、事前に花火大会ホームページなどで確認しておくことをおすすめします。

トラブルに巻き込まれないように!

渋滞の他に注意したいのが、キレやすい兄ちゃん、おっさんです。

混雑してるからと怒鳴りまくってるブルーカラー風の親父数名とか、ヤンキー風な10代、20代前半の男女がかなりいます。

当日は、人が多くて進めない、動きがとれない、暑くていらいらするということで、喧嘩勃発しやすい状況といえます。

毎年終わった後なにかしら喧嘩等問題が発生いたしますので、あまり夜遅くになり過ぎないよう気をつけて下さいね。

また、スリやら痴漢やらが発生するらしいので、ご用心の程。

まとめ

西日本大濠花火大会は福岡市民はもちろん、九州中から人が集まる大イベント!

NHK福岡が毎年生中継(TV放送)しますので、当日、見逃し等あった場合に念のため録画しておくといいかもしれません。

打ち上げ数も多く綺麗で圧倒されるので是非、いい場所をとってお楽しみください!

第56回西日本大濠花火大会