スポーツ

サッカー日本代表チリ戦スタメン予想!森保ジャパンの初陣を飾るのは誰?

こんにちは!岡本です。

森保ジャパン初陣のチリ戦(9月7日)に臨む日本代表メンバーが発表されました。

森保ジャパン初勝利が期待され、カタールワールドカップへの第一歩となる重要な親善試合です。

とにもかくにも「いい内容」の試合をしてほしい!

そこで、気になるのはだれがスターティングメンバーになるのか?ということだと思います。

西野ジャパンから約3歳若返った日本代表メンバー。その中から先発で起用されそうな注目の5人を紹介します!

堂安律

若手注目度ナンバーワンの堂安律をスタメンに入れてほしいです。オランダのリーグ戦でも10得点以上の活躍をしているから決定力はあると思います。早速、堂安を日本代表で試しても良いんじゃないでしょうか。

1998年のフランスワールドカップに当時18歳の小野伸二が日本代表に選ばれたように、若い堂安を先発起用して未来へ続くゲームにしてほしい。

ポジション: ミッドフィールダー

所属クラブ: FCフローニンゲン/オランダ

中島翔哉

アンダー23日本代表では10番を背負って攻撃をけん引した選手です。切れ味鋭いドリブルと中距離から思い切りよく振り抜くシュートが魅力。

相手にとっては飛び込めばかわされ、引けば打たれるという危険な存在。所属クラブでも得点という結果を残していて、存在感も日に日に高めています。

ハリルジャパンでは選出され、西野ジャパンでは惜しくも落選。その悔しさを今回のチリ戦にぶつけてほしい。

ポジション: ミッドフィールダー

所属クラブ: ポルティモネンセ/ポルトガル

南野拓実

チャンスメイクから得点まで攻撃に関わる仕事ならばなんでもござれの万能アタッカー。2013年にはベストヤングプレーヤー賞に選ばれ、2015年には若くして欧州行きを選択。

着実な進化を果たし、同年代の中では他を圧倒する経験値と個人能力を得るに至っています。秘めた才能が森保ジャパンで解放されれば、日本代表の中心選手になることでしょう。

ポジション: ミッドフィールダー

所属クラブ: FCレッドブル・ザルツブルク/オーストリア

伊藤純也

爆発的なスプリントを武器に大卒初年度からブレイク。より激しい競争を求めて一年での移籍を決断すると、この選択は吉と出て大活躍。

持ち前の速さをそのままに、戦術理解度とユーティリティ性を高めてプレイの幅を大きく広げ、相手に脅威を与える「柏のスピードスター」へと成長しました。

ポジション: ミッドフィールダー

所属クラブ: 柏レイソル/日本

小林悠

今回選出されたメンバーでは、ベテラン扱いになりそうな小林悠。Jリーグでの活躍が評価されての選出となりました。

ここぞという場面での勝負強さや一瞬にして裏へ抜け出す速さは一級品!

Jリーグで伸ばしてきた自身の長所が森保ジャパンでも活かせるはず。

激戦区ともいえるポジションでのスタメン争いですが、それを奪い取るだけのポテンシャルをこの男は持っています。

ポジション: フォワード

所属クラブ: 川崎フロンターレ/日本

まとめ

堂安を先発で使ってくれないかなあ。絶対、いいプレーをしてくれると思うんですよね。

その他、中島翔哉、南野拓実、伊東純也らロシアワールドカップで見たかった選手も選ばれたので、彼らの活躍にも期待したいと思います。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!