スポーツ

伊藤達哉がチリ戦日本代表メンバーに選出!身長や移籍の噂は?

こんにちは!岡本です。

ドイツ、ブンデスリーガ、ハンブルガーSV所属の伊藤達哉が森保ジャパンに選ばれました!

伊藤達哉は柏レイソルユースから海外へ飛び出た若武者。まだ、20歳そこそこの東京五輪世代でキレのあるドリブルでチャンスを一人で作り出せる選手です。

Jリーグでプレーしていないので、知らない人が多いかもしれませんが、昨今、活躍が目立ってきて、海外では、香川2世と報道されたことも。

次のカタールワールドカップではエース級の選手に成長すると思われます。

そこで、今回は、今後活躍が期待される伊藤達哉選手についてまとめました!

伊藤達哉とは

彼のプレーの印象としては、運動量が豊富でスピード感あるキレのあるドリブルを武器にしたアタッカーと言う印象。

ドリブルでサイドをえぐって何度もチャンスを演出していたのは驚きました!

元浦和監督のブッフバルト氏もドイツスポーツ誌のインタビューで「達哉にはワールドカップメンバーに滑り込むチャンスがある。常に1対1の勝負に向かうスタイルは特別な武器になる」とコメントしています。

欠点としてはパスの精度と、シュートを打つ意識が少ないので、改善の余地あり。

あとは、スタミナの強化。

ブンデスリーガではまだ90分間のフル出場が少ないようなので、その辺りを強化していってほしいですね。

Jリーグからではなくユースから実力で海外ドイツのトップチーム入りを勝ち取った選手です。

能力的にも年齢を考えると日本人では高いレベルにいると思います。

同じ年代で海外で活躍する堂安律とは、ポジションも近く、将来的にライバルになっていきそうです。

伊藤達哉プロフィール

生年月日:1997年6月26日 (20歳)
出身地:台東区
身長/体重:166 cm / 59 kg

伊藤達哉は、東京都出身のプロサッカー選手。ハンブルガーSV所属。ポジションはフォワード。

マンチェスター・シティへ移籍のうわさ

噂の段階ですが、伊藤達哉がイングランド、プレミアリーグのマンチェスター・シティなどビッグクラブから注目されているという記事が出ています。

もちろん、マンチェスター・シティのチーム関係者がただ「いい選手だね」と言っただけなのに、報道する記者がビッグクラブ注目の若手と記事にしてしまっている可能性も高いです。

しかし、真意はともかく、こういった報道が出るのはそれだけ伊藤達哉がブンデスリーガでいいプレーをしている証拠。

マンチェスター・シティにはサネ、スターリングと伊藤と同年齢で既に活躍している選手がいますし、他にも同年代でビッグクラブで結果を出している選手がゴロゴロいます。

香川真司はブンデスリーガ前半戦MVPなど活躍し、超名門のマンチェスター・ユナイテッドに認められました。

伊藤も香川と同じくらいの活躍が出来ればいずれビッグクラブへ移籍ができるのではないでしょうか。

マンチェスター・シティなんて聞くと期待してしましますが、まずは、所属のハンブルガーSVでレギュラー争い勝ち、降格を防ぐところからです。着実に上り詰めていってほしいです。

まとめ

伊藤達哉はパスやシュートの精度、姿勢という点について課題がありますが、ハンブルガーSVの選手同士のコンビネーションが上がってくれば、自ずと改善していくと思います。

これから東京五輪世代を引っ張って行く一人ですし、A代表にも選ばれましたので活躍を期待していきたいです。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました!