その他

SpotifyでラジオNIKKEIのマーケットトレンドやiNEWSが配信!

こんにちは!岡本です。

ラジオNIKKEIは6月から、約30番組を音楽配信の世界的大手、スポティファイ(Spotify)でも配信するようです。

投資・ビジネス番組から、IT情報、語学、朗読、アイドル番組まで、放送中の様々な人気番組がスポティファイからもポッドキャスト形式で聴けるようになります。

僕もスポティファイを利用して音楽を聞いていますが、音楽以外にビジネス番組や語学まで聞けるようになるのは便利だと思いました。

スポティファイで配信する番組は、最新の投資情報をお届けする「マーケット・トレンド」、アイドルやイケメン俳優に日経新聞編集委員が経済をやさしく解説する「ラジオiNEWS」などです。

音楽のサブスクリプションサービスをどれにしようか迷っていて、投資に興味がある方や経済を勉強したいという人はスポティファイを検討してみてはいかがでしょうか?

Spotify(スポティファイ)とは?

スポティファイは2006年にスウェーデンで創業。

広告が入る無料サービスと、広告なしで聞きたい音楽を回数制限なしに検索して再生できる有料サービスがあります。

20・30代の支持が厚く、日本には2016年秋に上陸しました。

スポティファイは洋楽が他の音楽サブスクリプションサービスに比べて揃っているのが魅力です。

音楽を聞きながら歌詞を確認できるのも便利で洋楽の曲を歌えるようになりたい人におすすめです。

Spotify Premiumという有料サービスを3ヶ月、100円で利用できる体験期間もあるので、まだ利用したことがない人は手軽に始められると思います。

スポティファイ以外の注目音楽サブスクリプションサービス

ソニー・ミュージックエンタテインメントは、高音質の音楽定額制ストリーミング配信サービスを2019年初春に始めると発表しています。

「mora qualitas(モーラ クオリタス)」というサービスで月額1980円(税別)。

ハイレゾリューション(ハイレゾ)やCD音質の音源を専門とし、まずはパソコン向けに配信するみたいですが、次世代規格「5G」の実用化をめどにスマートフォンなどへの対応も予定しているそうです。

楽曲数などは未定。

ハイレゾ音源は1曲500~600円と高価なものが多いので、高音質の楽曲を何曲も聞きたい人にとっては便利な定額配信サービスになると思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です