ガンダム

SDガンダムとんとん相撲が人気!イベント開催場所や今後の予定は?

こんにちは!岡本です。

SDガンダムとんとん相撲ってご存知ですか?

いま、SDガンダム界隈で人気の競技で、SDガンダムのプラモデルを使って、改造技術など競い合う“オリンピック”が開催されます。

初めて耳にする人も多いと思うので、イベント開催場所や競技内容など解説していこうと思います。

SDガンダムとんとんオリンピックとは?

SDガンダムとんとんオリンピック

記念すべき第1回目は6月2日(日)!

今回は、「1mとんとん走」で車輪やモーターなどをガンプラにつけて速さを競います。

主な開催場所は、ヨドバシカメラ新宿西口本店(東京・新宿)前の「ポケモン広場」。

参加者は自分のプラモデルを持ち寄り、改造のアイデアや操作などを競います。

東京五輪・パラリンピックのある20年にも実施を検討していて、将来的には、水中モーターなどを使って泳がせる「50センチメートル自由形」、パチンコ玉を射出してその飛距離を競う「鉄球投げ」などを展開するみたいです。

本当にオリンピックみたい(笑)

デザインや動きの美しさを競う「新体操」もあってこれは今までのガンプラコンテストに近い感じ。

SDガンダムとんとん相撲とは?

SDガンダムとんとん相撲は17年3月に初めて開催されました。

「プラモデルを作って飾るだけではもったいない」

としてヨドバシカメラの人が企画。

その裏にはガンダムプラモデルの新たな購買層を増やしたいという思いもあったとか。

参加者はサイズや重量を満たしたガンダムのプラモデルで、「土俵」と呼ぶ土台をたたいて倒れたりしないよう競います。

SDガンダムとんとん相撲はどこで楽しめる?

ヨドバシカメラ新宿西口本店では、定期的に開催しており、SDガンダム以外のプラモデルも出場できる「異種格闘技」、タッグバトルなどルールを変えたイベントも行っています。

大阪・梅田の店舗でも「大阪場所」など、開催店舗を増やしているようです。

SDガンダムとんとん相撲はどんな人が参加している?

気になったのはどんな人が楽しんでいるのかということ。

一番多いのは、子供時代にSDガンダムに慣れ親しんだ30~50歳代の男性なんだけど、女性の参加者もいるみたいです。

SDガンダムをかわいいと思って好きになる女性がいるみたい。

もちろん、小中学生の参加者も増えつつあって毎回、新宿西口本店では100人前後、梅田でも50~60人が参加する人気イベントになりつつある感です。

競技で使う土俵も発売しているので、自宅でも楽しめます。

SDガンダムは海外でも人気になっている

SDガンダムのプラモデルは根強い人気を誇っていて、最近は海外人気も加わって勢いづいています。

SDガンダムとんとん相撲の良いところはガンプラの作って眺める楽しさに、ガンダムを戦わせる「体験」を取り入れたことだと思います。

ヨドバシで定期的にイベントを行なっていたら自然と行こうかというふうに思う人はいると思うし、親子で楽しめるガンプラになっていきそうです。

ツイッターなど交流サイト(SNS)でも話題になっているので、今後もSDガンダムとんとん相撲を楽しむ人は増えていきそうです。

僕も自慢のSDガンダムクロスシルエットのフェネクスで参加してみようかな。

興味のある人はぜひ、ヨドバシ新宿西口店まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です