ガンダム

ガンダムUC2のあらすじ予想!閃光のハサウェイ結末変更の場合は?

こんにちは。オカモトです。

ガンダムUCの続編として制作が決定しているガンダムUC2(仮題)。

早く見たい!

と思う人は多いはず。

僕もその一人です。

でも、公開は早くて2022年あたり。

まだ閃光のハサウェイやってないしね。。

ということで、ガンダムUC2(仮題)のあらすじやこんな展開あったらいいなというのを考えてみましたー。

第一回「マフティー・エリン暴動後」

宇宙世紀104年、マフティー・エリンによる連邦幹部の粛清活動は、リーダー、ハサウェイ・ノアの身柄確保によって沈静化の兆しを見せていた。

ハサウェイ・ノアの父であるブライト・ノアは連邦軍を退役し、サイド7最果てのコロニー、フォレストグリーンにて妻、ミライとカフェを開き、隠居生活を送っていた。

ハサウェイ・ノアについては、表向き、銃殺刑という連邦軍公式の発表であったが、銃殺刑直前にガンダムmark2に乗った何者かがハサウェイを救出し、実際は行方不明となっていた。

連邦軍が銃殺刑にて死亡と発表したのは、マフティー・エリンをはじめとした連邦軍反抗勢力の勢いを削ぐためであった。

マフティー・エリンの一連の活動を監視していたジンネマンはミネバ・ラオ・ザビの呼びかけに応じる。

ミネバ「ジンネマン、今日呼んだのはモナハン・ハバロが暗躍し、ユニコーンガンダム2号機を改修していることについてだ」

ジンネマン「承知しています。ラプラス事変以降、秘密裏に封印していたはずのものが、政治屋の手に渡ってしまった。由々しき事態ですな。」

ミネバ「ガランシェール2をサイド6に向けて出発し、急ぎ、モナハン、及びユニコーンガンダム2号機を確保してほしい」

ジンネマン「了解しました。あいつ(バナージ)はどうします?」

ミネバ「彼は今、月のアナハイム・エレクトロニクスでマフティーが乗っていたガンダムを調査している。」

ジンネマン「分かりました。では、まず、我々だけでということですな」

ミネバ「急ですまない、ただ、嫌な予感がする。頼んだ。」

次回「黒き獅子再び」へ続く。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です