ガンプラ他

ゲーミングルームで快適巣ごもり?リーグオブレジェンドやってみたい!

こんにちは。オカモト (@luckyroom_502)です。

コロナウイルスの影響で以前より自宅にいる時間は増えた人が多いと思います。

何をしようか?

と迷う人も多いと思いますが、僕のおすすめは、ゲーム!

特に社会人の人は、子供の頃に比べてダラダラする時間があまり持てないので、気晴らしに最高です。

それで、ただ、PS4でFF7リメイクやるだけじゃなくて、部屋を徹底的にゲーム部屋にしてしまうなんていうはじけた人たちが日本にはいて、思わず、

おれもやりてー!

と思いました。

ということで、今回は、

「ゲーミングルーム」で快適、巣ごもり中、自室改造、5月、専用PC売上高2割増。(日本経済新聞)

という、個人的におもしろいと思った記事を紹介します。

ゲーミングルームで快適に巣ごもり?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で家で過ごす時間が増える中、自分の部屋をゲームスペースに改造した「ゲーミングルーム」をつくる人が増えている。快適な環境の中でなら、巣ごもりのストレスも軽減できそう。ゲーム対戦競技「eスポーツ」のプロ向けに住宅を1棟まるまるゲーム仕様にした「ゲーミングハウス」も増加するなか、新しい住まいとして認知度を高めそうだ。

 愛知県在住でオンラインゲームを楽しむ伊藤裕城さん(39)の自宅には、まるで飛行機の操縦室のような一室がある。大型のデスクチェアの前には3台のモニター、右にはハンドルやギア、アクセルも付いたレーシングシミュレーター。音響は臨場感が楽しめる5・1サラウンドだ。30万円かけてコツコツとゲーミングルームを作り上げた。

 「お金ではなく手間暇かけて自分の本当に気に入った空間を作り上げた」のが伊藤さんの自慢。パソコンは自分でゲーム仕様に組み立てた。ゲームデスクはニトリでL字型のテーブルを購入した。レーシングゲーム「グランツーリスモ」がお気に入りで、右側のモニターでゲーム、中央で攻略法、左で音楽を流しながらハンドルを握る。

 「ここに座ると、まるで別世界に旅してきたかのよう。すごく快適でストレス解消になる」。同好の士には「ふぃに」の愛称で知られ、情報交換したり、一緒にゲームを楽しんだり。コロナで外出できない時間が増えた分、ゲーミングルームで過ごす時間が増えたという。

要約すると・・・

・「ゲーミングルーム」をつくる人が増えている
・「eスポーツ」のプロ向けに住宅を1棟まるまるゲーム仕様にした「ゲーミングハウス」も増加
・コロナで外出できない時間が増えた分、ゲーミングルームで過ごす時間が増えた
・ゲーム関連機器も需要が伸びている
・ゲーミングルームに関連する言葉の検索数は4月、前年同月比56%増
・5月のゲーミングパソコンの売上高が前年同期比2割増
・ゲーミングハウスは、簡易的なものも含め首都圏だけで20カ所以上
・ゲーミングハウスを目標に環境整備を進めるゲーマーたちは今後も増えそう

この記事を読んだ感想

・eスポーツをやってみたくなった
・ゲーミングルームをまじめに作ろうとすると結構、お金がかかりそう
・オンラインゲーム「LoL(リーグ・オブ・レジェンド)」をやってみたい
・コロナでホテルなどの宿泊需要が減っているけれど、ゲーミングハウスのような
施設の需要はeスポーツが盛り上がるにつれて今後、増えていきそう
・ゲーミングパソコン関連の転売が増えそう

まとめ

コロナ後の世界では、こんな感じで住まいの機能が改めて見直されそうな気がします。外出しなくても十分にゲームを楽しめる、もしくは仕事ができる、スポーツができるなどなど。

個人的には家でサイクルトレーニングができるzwiftというシステムを導入して自宅で健康維持&ダイエットしようか考え中です。

ガンプラの塗装部屋もほしいなー。

でも、部屋の数には限界が。。(-_-)

先だつお金は必要ですが、なんとか形にしようと思います。

皆様も、部屋の改造いかがでしょうか?

では、また!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です